CEBU ESL(セブ ESL)伸び伸び子供と英語を学べる親子留学専門校

「CEBU ESL」は、2010年にセブ市郊外に創立された韓国資本による語学学校です。親子留学生を専門的に受け入れている特徴があります。

外部との余計な接触が無く、厳重なセキュリティで管理された安全な環境のため、治安の面で不安な親子連れの方々から非常に高い信頼度を集めている稀有な学校の1つです。

また、CEBU ESLでは、セブ現地のインターナショナルスクールへの入学試験サポートや、見学ツアーと言った独自の入学サポートを行っています。

仕事や移住の関係で、長期的にセブに滞在する家族にも頼られる存在の語学学校と言えるでしょう。

穏やかで子供に優しい環境「ヴィレッジ型キャンパス」

CEBU ESLでは、親子留学生の方々が、安心して子供と英語を学べる環境作りを実現することを念頭に学校運営を行っています。

その理念から、「ヴィレッジ型キャンパス」を導入し、校内のキャンパスはあえて外壁を隔てて外の環境から仕切り、確立した安全な空間を保つように努めています。

また、安全を重視するあまり、閉塞的な空間で子供たちが窮屈にならないように、様々な設備や工夫が施されています。

キャンパス内には、草木や花がたくさん植えられており、自然が豊富な環境になっています。また、子供がキャンパス内を自由に伸び伸びと走りまわれるように、危険な障害物などを置かないように徹底しています。

学校の教室や、居住宿舎、オフィスなどの外観は、色とりどりのカラフルな色彩に彩られています。まるで絵本から出てきたような楽しい空間で子供が自主的に勉強に取り組めるよう様々な工夫が施されています。

キャンパス内には子供向けに水深を浅くした屋外プールが備え付けられており、プールの水は、毎日スタッフが清掃し水を入れ替え、消毒を徹底しています。これなら衛生面で気になる親御さんにも、安心して子供を遊ばせることが出来ますね。

小さいお子さんだけではなく、高学年のお子さんも楽しめるようなバスケットコートやテニスコート、卓球台といった施設も完備されています。休み時間や放課後には、友達になった生徒や親子連れで楽しむ光景が見られるようです。

そのほかにも、小さなお子さんがいる親御さんに向けてナーサリー(託児所)や、キッズルームも完備しています。ここでは、専任のスタッフが目を離さず世話してくれるため、親御さんも安心できますね。

「現地校入学」へ特化した手厚いサポート体制

CEBU ESLが、親御さんから高い支持を獲得する理由の1つに、現地インターナショナルスクールへの手厚い入学サポートが挙げられます。

CEBU ESLでは、数々の生徒を現地インターナショナルへ入学させてきた実績があります。そのため、試験対策のノウハウや、現地学校の特色などを非常に詳しく熟知しており、スクールへの合格を目標に積極的なサポートが期待できます。

特に、スクールの入学試験対策に力を入れて実施しており、志望する学校の難易度に合わせて、出題傾向や過去問題を行い試験までの期間で合格につなげる英語力の底上げを行います。

また、スクールに送る書類申請の段階から、試験当日の送迎などのサポートを引き受けてくれます。さらには、合格後の学校との諸連絡や、入学事務手続きに至るまで親身なサポートを行ってくれます。

慣れない海外での受験や、就学手続きは非常に手間がかかり、親御さんだけではなくお子さんにもストレスや不安が付きまといます。しかし、CEBU ESLならそういった面倒な手続きは一任して行ってくれます。そのため、お子さんは集中して勉強に取り組めるのです。

また、希望する方には、実際にスクールへの「見学ツアー」と称したスクール訪問を行っています。

見学ツアーは、幼稚園から高校まで対応が可能です。また、セブ市内のスクールであれば希望する学校への見学手配も行ってくれます。

個人では実際に現地のスクールを見学する機会は行いにくいですが、親子留学に特化したCEBU ESLならではの粋なサポートと言えます。直接の学校の雰囲気や授業風景を見れるのは親御さんにとっても安心できるでしょう。

なお、見学ツアーはCEBU ESLの生徒以外の一般の方でも申し込みが出来ます。見学ツアーのみ希望したいという方は、CEBU ESLに直接問い合わせて確認してみることをおすすめします。

子供が喜ぶ!充実した金曜日の放課後アクティビティ

CEBU ESLでは、毎週金曜日の放課後に子供が喜ぶ「アクティビティ」を設けています。

アクティビティでは、みんなでフィリピン伝統のお菓子を手作りしたりする「クッキングクラス」や、工作やお絵描きを中心とした「アートクラス」、不用品を持ち寄って行う「ガレージセール」や、「ボードゲームクラス」など、その他にも創意工夫を凝らした様々なイベントが用意されています。

また、「遊び」に関してのアクティビティだけではなく、「学ぶ」という点においても様々なアクティビティを設けています。

例えば、学年ごとに分かれて行う「スペリングテスト」や「プログレステスト」、高学年のお子さんを中心とした「スピーチコンテスト」と言った、楽しみながら英語力を向上させるアクティビティも用意されています。

また、金曜日だけではなく、週末にはみんなで山にドライブに出かける場合、セブならではの「アイランドホッピング」や、水上アクティビティを行うなどと言った、常に子供と親御さんが共に楽しめ、他の生徒と交流できる場を設けています。

なお、時期次第では、クリスマスパーティーや、ハロウィン、バレンタインデーなど時節毎にイベントも行っています。行事に合わせて留学してみるのも、CEBU ESLでの滞在を楽しめるポイントと言えますね。

プライバシーが確立された独立型一戸建て宿舎

CEBU ESLに入学する親子留学生の方々は、キャンパス敷地内に複数併設された、独立型の一戸建て宿舎にて滞在することとなります。

宿舎は、学校のメインオフィスを中心に点々と配置されており、生徒1組にそれぞれ一棟の宿舎が与えられます。

与えられた宿舎は、自分たち以外は居住しないため、完全なプライベート空間となり、家族だけのプライバシーが確保されます。

宿舎の種類は2人部屋、ファミリー用(3人用)と設けられており、留学する人数によって選択できます。なお、勉強だけの通学を希望する生徒にも柔軟に対応しているため、生活環境に合わせて事前に相談してみましょう。

どのタイプの宿舎の部屋にも、ベッドやクローゼット、また勉強机や椅子と言った家具や、トイレ、温水シャワー、エアコンなどの設備も完備されています。

また、部屋の種類によっては、料理が行えるようなキッチンやコンロが備え付けられており、小さなお子さんを持つ親御さんにとっては、簡単な自炊も行えるため有難いですね。

なお、施設内の宿舎には学校オーナーや先生といった職員も住み込みで滞在しています。停電などのトラブルがあった際にもすぐに対応してくれるため安心できるでしょう。

CEBU ESLの周辺環境

CEBU ESLは、セブ市でも富裕層が集まることで知られている「バニラッド」に位置しています。セブ島の玄関口である「マクタン国際空港」からは車で40分ほどの距離です。

バニラッドは、セブ市内の中心部から、さほど離れていないにもかかわらず、閑静で落ち着いた雰囲気のエリアとして現地の富裕層はもちろんのこと、リタイアした欧米人などの移住先としても高い人気があります。

学校周辺には、スーパーマーケットやコンビニ、カラオケ、マッサージ店やスパがあります。また、徒歩圏内には中型規模の「BTCモール」もあるため、外食や日用品の購入も心配いりませんね。

さらには、タクシーで10分の距離に留学生からも人気の高い大型商品の「アヤラモール」が位置しているため、アクセスが良く非常に利便性に優れた環境ということが言えるでしょう。

また、学校が位置しているバニラッドの治安ですが、非常に安定しており問題はないエリアであると言えます。また、CEBU ESLの入り口には外部からの侵入を防ぐため、大きな自動ゲートと外壁でキャンパスごと囲われています。

さらに、万が一を想定して施設内は24時間体制で専任のガードマンが警備しています。学校への入出管理はスタッフ・職員を含めて徹底して行っているため、不審な人物が入り込む恐れも無いでしょう。安心してお子さんと留学が出来る環境が整っていると言えますね。

CEBU ESLの概要

正式名称  Interactive CEBU ESL (通称:CEBU ESL , セブ イーエスエル)
所在地域 セブ島・フィリピン
住所 Maria Luisa Road, Banilad Cebu City, Cebu, Philippines
創立 2010年
学校規模 最大80人
認可 SSP認定学校 TESDA登録学校
資本 韓国
門限 日~木:22時 金土祝前:24時
学習ペース ノンスパルタ
コマ時間 70分 ※金曜授業・夜間授業のみ50分
コース 親子コース、ショートコース、ジュニアコース、幼稚園部
部屋タイプ 内部寮(2~1人部屋、ファミリールーム)
部屋設備 ベッド、机、椅子、電気スタンド、クローゼット、ハンガー、トイレ、シャワー、冷蔵庫、Wi-Fi、

(キッチン・食器・コンロ)※2人部屋・ファミリールームのみ備え付け

校舎設備 教室、自習室、食堂、多目的ルーム、キッズルーム、ナーサリー、プール、バスケットコート、卓球台、ウォーターサーバー、Wi-Fi
食事 3食提供 ※土日祝含む 韓国料理中心
掃除・洗濯 掃除:6回 洗濯:週6回
日本人

スタッフ

1名 ※唯一の日本人スタッフの方が退職された可能性が高い 要確認
日本人比率 5~10% ※時期によっては0%