【フィリピン・ドゥマゲッティ留学】美しく穏やかな環境が自慢の南国の街

フィリピン・セブ島留学

「ドゥマゲッティ」はセブ島よりさらに南下した「ネグロス島」というに島に位置する地方都市です。

ドゥマゲッティという地名は、日本人には耳にする機会も少なく、馴染みの薄い都市かも知れません。しかし、ここ近年でのフィリピン留学の知名度が増した影響からか、徐々に留学生に知られつつあるまさに穴場の都市と言えます。

また、フィリピンでも1,2を争うほどの、海の綺麗さから、ダイビングスポットが多く点在しており、周辺の島々は世界中のダイバーのメッカとしても知られています。

そのうえ、ドゥマゲッティは治安が非常に良く、穏やかな都市として欧米圏などでは密かな人気です。そのためリタイアした外国人の移住先として、アジアでも注目されている有数のエリアです。

そこで、ドゥマゲッティという土地の魅力や特徴、また、実際に留学するにあたってのポイント、日本からドゥマゲッティまでのアクセス方法などをご紹介します。

フィリピン留学を検討しているが、定番のセブ島やマニラ以外の都市部ではない、穏やかな場所を探している方には必見の留学地ではないでしょうか。ぜひ参考にしてみてください。

学園都市」の異名を持つ学校教育関係者の多い都市

ドゥマゲッティは、「学園都市」の異名を持つ地として知られています。

その理由として、ドゥマゲッティは大きな面積を誇るエリアでないにも関わらず、フィリピンでも有数の大きな大学が複数点在していることが所以となっています。

ドゥマゲッティを代表する大学に「シリマン大学」というフィリピンでは珍しい唯一の神学系の大学がありますが、ここはフィリピンのみならず世界中から生徒が集まる名門校として、フィリピン国内でも有名です。

セブやマニラのような都心部でないにも関わらず、こうした有名な大学が多いということは、ドマゲッティの治安がいかに良く、学生が勉学に取り組み易い土地かを証明している証拠と言えるでしょう。

また、ドゥマゲッティには人口10万人程の人々が暮らしていますが、人口の30%以上が大学の職員や生徒、語学学校の教員や、教育関係者という稀な環境です。

そのため、学業や教育に関しての理解度や、取り組みが非常に盛んで、学生に優しい都市であると言えるため、勉学に励みやすい環境が町全体で整っています。

たとえば、市内のカフェでは学生が長時間勉強していても居心地が悪くならない環境づくりや、店によっては学生と聞くとサービスをしてくれる所あります。こうした、他の地域ではない特色を経験できる点もドゥマゲッティ留学の魅力と先と言えます。

フィリピン留学でドゥマゲッティをおすすめする訳

穏やかで、美しい海を有する街として、近年各国から注目されているドゥマゲッティですが、その土地の持つ個性や特徴を活かし、留学生におすすめの学習環境を整えていることでも評判です。

以下はドゥマゲッティを象徴する3つの特色についてまとめたものです。参考にしましょう。

フィリピン屈指の治安の良さとクリーンな街並み

ドゥマゲッティは、フィリピン国内でも屈指の治安の良さで、国内はもとより世界的にも知られている土地です。

学園都市として名高いドゥマゲッティでは、教育関連や学校関係者が多いため、教養があり、裕福な住民が多いです。また、フィリピン留学で注意すべきストリートチルドレンや物乞いなどは、ほぼいないため安心できます。

その評価は、2015年にアメリカの経済紙「フォーブス」で、世界のおすすめ移住先の第5位に選ばれています。そのことからも、治安の良さが裏付けされており、引退後に穏やかな生活を求めて移り住む欧米人からの評価も非常に高いです。

また、ドゥマゲッティでは街全体のクリーンな美観にも高い評価があります。

ドゥマゲッティでは、街ぐるみで景観を大事にしています。たとえば、意図的に街中でゴミをポイ捨てすると厳重に注意される上に、罰金まで払わなければなりません。こういった環境美化に関する厳しい取り決めは、フィリピン国内では異例とも言え、ドゥマゲッティが唯一です。

そのため、ドゥマゲッティの街中にはごみが落ちておらず、常に厳しい保護のもと清潔感に満ちています。フィリピン留学に衛生面で心配な方にとっても安心して滞在できる都市と言えますね。

ネイティブスピーカーが多くいる環境

近年ドゥマゲッティでは、欧米や西洋諸国などからの移住者や観光客が非常に多いです。そのため、街のいたるところでネイティブスピーカーの話す英語に触れる機会が多くあります。

街中のカフェや、レストランといった所でも英語に触れる機会が多くあるため、フィリピン留学後に2カ国留学を検討している方にとっても、耳を鳴らすことが出来るため適した環境です。

また、ドゥマゲッティの地域性から、学校や教育関係に携わっている外国人移住者も多いため、どの語学学校にも必然的にネイティブスピーカーが数名在籍しています。生徒は学校でも授業を通じて本場の英語に触れる機会が多く、生きた英語が学べることが期待できます。

そのうえ、ドゥマゲッティではフィリピンの他の地域よりも、比較的西洋などの外国人留学生が多く在籍する傾向にあり、そういった学生たちとの異文化交流も盛んに行えます。

セブやマニラなどの都市部に比べて物価が安い

ドゥマゲッティは、セブ島やマニラなどの都市部に比べて物価が安いです。

ドゥマゲッティは、地方都市になるため、当然現地で働いている人々の給与も、セブなどより高くありません。そのため、ドゥマゲッティの物価もそれに応じた設定がされているため日本人からすれば安く感じます。

フィリピン留学では基本的には語学学校での食事付きの寮生活になるため、光熱費や大きな食費などはかからず、物価はあまり関係ないように思う方もいますが、物価が安く設けられているということは、語学学校などの授業料もそれに比例して安く受講が可能です。

フィリピン留学自体が格安にもかかわらず、さらにその中でも安く勉強できるのは大きな魅力と言えるでしょう。

なお、ドゥマゲッティで物価が安く設定されているものはフィリピン国内で生産された物のみです。外国からの輸入品などは関税が多くかかっているため、高く設定されており、特に日本食やスタバのコーヒーなどは日本よりも高めです。すべての物が安いわけではありませんので注意して見極めましょう。

「親子留学先」としての支持が高い安心な環境

ドゥマゲッティは、近年増えつつある「親子留学」の地としても、治安の良さから高い支持を集めている土地です。

ある、世界的に有名な調査会社が行った調査によると、ドゥマゲッティはアジアの地域でも抜群に住んでいる人からの支持が高い幸福度が高い地域として認定されました。

これは、各国の地域ごとの住環境をもとにして「安全指数」と呼ばれる度合いを総合的に調査・研究した結果によるもので、なんと日本のどの地域よりも「安全指数」が高いという調査データが証明されたのです。

これは、犯罪や格差もなく、その地域に住む人々が皆安心して生活している証明になります。また、フィリピン国内では唯一の評価を獲得した都市とも言えます。

そのためか、ドゥマゲッティを親子留学の地として選ぶ人が増えているようです。中には自身でドゥマゲッティに留学し、その土地の魅力に惹かれて現地で親子留学を専門で扱うエージェントを立ち上げた日本の方もいるくらいです。

お子さんを持つ親からすれば、安心で安全な環境での子供との留学は必須の条件でしょう。親子留学に挑戦したいけれど、留学にハードルを感じている親御さんにとって安心して滞在できる土地であるため、親子留学に興味のある方は、一度候補地として検討してみることをおすすめします。

学校から少し足を伸ばせば行ける周辺の美しい島々

ドゥマゲッティ周辺の島々は、世界中のダイバーたちの憧れの海としても有名です。近年では、世界各国よりダイバーや旅行客が注目するアジアの秘境と呼ばれており、高い評判を集めています。

また、いずれの島々もドゥマゲッティ市内から日帰りで充分立ち寄れる距離にあります。少し足を伸ばすだけで、日本にはないような美しい海を体験できるため、留学の際には学校の週末など利用して気軽に立ち寄ってみるのも良いでしょう。

以下は、ドゥマゲッティ周辺の、おすすめの「離島」をまとめたものです。観光の際には是非訪れてみましょう。

【ドゥマゲッティ周辺のおすすめの離島】

  • シキホール島
  • アポ島
  • オスロブ島
  • スミロン島

シキホール島

「シキホール島」は、かつて黒魔術が伝わるという言い伝えから、神秘の島として知られていました。他の島では味わえないような独特の雰囲気の残る島として、欧米人を中心に今でも高い人気があります。

また、透明度の高いビーチでのシュノーケリングやダイビングと言ったマリンアクティビティや、手つかずの島が作り出した自然の洞窟など貴重な体験ができる点が大きな島の魅力です。

シキホール島へのアクセスは、「ドゥマゲッティ港」からフェリーを利用します。所要時間は約60分から90分程で行くことができますが、潮の流れやフェリー会社によって変動があります。

また、シキホール島行きのチケットはドゥマゲッティ港からも購入できますが、当日ですと人気のためか完売している恐れがあります。どうしても行きたい方は、ドゥマゲッティ市内の旅行代理店でも購入することが出来ます。

アポ島

「アポ島」は、ダイバーの間では有名な島で、ダイビングのメッカとして人気があります。

アポ島の海は、ダイビングの聖地にふさわしく、驚異的な透明度を誇っています。また、この辺りはサンゴ礁が非常に繁殖しているため、美しい南国の魚や、カラフルなサンゴを見ることができます。海が好きな方には最高の環境と言えるでしょう。

アポ島へは、ドゥマゲッティ市内の旅行代理店でパッケージツアーが設けられています。ダイビング未経験者の方でも、インストラクターがついて教えてくれるため安心して海を楽しむことが出来ますね。

なお、ドゥマゲッティ市内より車を利用して南下すれば、定期船なども運航しているため、自身で自由に楽しみたい方にはおすすめと言えます。

オスロブ島

「オスロブ島」では、「ジンベイザメツアー」というアクティビティが有名です。

このツアーでは、世界最大の魚であるジンベイザメと一緒に泳ぐことが出来、運が良ければ触ったり、尾びれをつかんで泳いだりなどが可能です。ちなみにジンベイザメは海の中のプランクトンを主食とするおとなしいサメのため、人を襲うことはありません。

近年オスロブ島は、日本でも近年密かな人気が高まっています。せっかくドゥマゲッティに来たのであれば訪れてみるのも良いかもしれませんね。

オスロブ島へのアクセスは、まずドゥマゲッティの「シブラン港」へと向かい、そこから船を利用して「リロアン港」というセブ寄りの港へ向かいます。所要時間は30分程度です。

その後リロアン港からトライシクルやバンなどを利用しすると、約20分でオスロブ島に到着します。

なお、こちらのオスロブ島もドゥマゲッティ市内の旅行代理店よりツアーが出ています。オスロブ島へは、アクセス面で少々手間のため、費用に余裕のある方はツアーの方が便利なためおすすめです。

スミロン島

「スミロン島」は、離島の中でも最南端に位置する島です。そのため海の透明度が非常に高く他の島々と比べても際立っていると言えます。

その透明度から、サンゴ礁が盛んに生育しており、サンゴに群がる魚や、ウミガメなども多く生息しており、直接触れ合えるため非常に人気が高い島です。

とにかく日本にでは味わえないような、綺麗な海が見たいという方は是非スミロン島に行くことをおすすめします。

ちなみにスミロン島は上記で紹介したオスロブ島から近く、ボートで約15分の場所に位置しています。

スミロン島へのアクセスは、オスロブ島から行くのが最も利便性が高いです。ジンベイザメツアーのポイントから1日数便のボートが出ているため、オスロブを回ってからスミロン島に行く利用者も多いようです。オスロブ島に立ち寄った際には、ついでに足を伸ばしてみるのもいいかもしれませんね。

ドゥマゲッティ留学の際の注意点

ドゥマゲッティ留学は、近年日本での知名度も上がってきており、ますます発展していく地域です。しかし、まだまだ語学留学の地としては充分に整っていない部分もあるため、留学生の方は意識しておくべきいくつかの注意点も存在します。

【ドゥマゲッティ留学の際の注意点】

  • 語学学校の数が少ない
  • 日本大使館がない
  • タクシーがない

ドゥマゲッティでは、セブやマニラなどに比べて語学学校の数がまだまだ少ないです。現在ドゥマゲッティに点在する語学学校はわずか6校程と、決して多いとは言えません。

そのため学校選びの際に自分の希望する条件と合わない場合も懸念されます。指導内容や設備面など、ドゥマゲッティに自分の求める学校が無く、多くの選択肢の中から探したい方には、セブやマニラのような大きな都市部の学校を検討することをおすすめします。

ドゥマゲッティには日本大使館がありません。一番多いケースが、パスポート紛失したなど、なにか緊急の際で日本大使館に出向かなければならなくなった場合です。

その際には、マニラにある日本大使館が最も近いため、出向かなければなりません。気を付けて生活をしていれば大使館にお世話になることはないですが、覚えておきましょう。

また、ドゥマゲッティでは市内にタクシーが走っていません。主にドゥマゲッティ市内での移動手段は「トライシクル」という3人乗りのバイクが主流となります。トライシクルは窓や屋根がないため、女性の方は苦手な方が多いかもしれませんが、ドゥマゲッティならではの特色を味わうにはいい機会でしょう。

なお、空港から市内への行き来の際にもこのトライシクルがメインとなるため覚えておきましょう。

日本からドゥマゲッティまでのアクセス

日本からドゥマゲッティへ向かう際には、残念ながらまだ直通便がありません。

そのため、ドゥマゲッティへ向かう際には主に、マニラかセブ島まで向かい、その後フィリピン国内線を利用してドゥマゲッティまで向かう必要があります。

【マニラから向かう場合】
マニラからドゥマゲッティまでは、国内線で約1時間弱かかります。「マニラ・ニノイ・アキノ国際空港」から「ドゥマゲッティ空港」をつなぐ便は1日に複数便運航しているため、乗り損なう心配はありません。

【セブから向かう場合】
セブからドゥマゲッティまでは国内線とフェリー、またはバスで向かう3通りの方法が存在します。

◆国際線を利用する場合
留学費用に余裕のある方は、国内線での移動をおすすめします。国内線を利用する場合は「マクタン・セブ国際空港」から、ドゥマゲッティ空港まで直通便が1日2便ほど運航しています。所要時間は約30分のため疲労する心配もなくあっという間でしょう。

◆フェリーを利用する場合
フェリーを利用する場合ですが、「セブ港」にある「ピア2」という船着き場でドゥマゲッティ行きのチケットが購入できます。ドゥマゲッティまでの所要時間は約4時間かかります。

◆バスを利用する場合
ドゥマゲッティまでの最も安い移動手段がバスです。セブの「サウスバスターミナル」からドゥマゲッティまでの所要時間は約5~6時間です。1日に複数便が運航しています。

なお、バスでの移動では、ドゥマゲッティまでの直通便と、「リロアン」、「バド」という地方都市を経由する3パターンがあります。

経由した場合でもドゥマゲッティまではそう遠くはありませんが、また乗り継ぎなどが必要となるため、少し手間です。なるべく直通便に乗れるように、バスターミナルなどで聞いた上で乗ることをおすすめします。