【English Fella 2】セブ随一の面積を誇るセブ留学のパイオニア校

フィリピン語学学校

English Fella2は、2008年にフィリピンで初めて、校舎として独自の建物を建設し、現在のフィリピン・セブ留学の1つのスタイルを確立した、いわばパイオニア的存在のスパルタ式語学学校です。

広大なキャンパスの敷地面積はセブ島の語学学校では随一を誇ります。また同じ敷地内にはノンスパルタ校である姉妹校の「English Fella」が併設しており、生徒は自身の学習スタイルに沿って2校からキャンパスを選択することが可能です。

また、English Fella2はスパルタ式の名門校であるにもかかわらず、近年では日本人に向けて新たに考案された「Jスパルタコース」という、スパルタ式とセミスパルタ式を掛け合わせたような独自のコースが注目を集めており、再びセブでも人気の語学学校の1つとして挙げられています。

なお、English Fella2は人気校のため、留学を検討されている方は、3か月以上前からの申し込みをおすすめします。

nglish Fella2の概要

正式名称 English Fella2 language school
地域 セブ/フィリピン
住所 Tigbao, Talamban, Cebu City, Philippines
創立 2008年
学校規模 220人程度
認可 SSP認定学校 TESDA登録学校
資本 韓国
プログラム PIC4,PIC5, TOEIC, TOEFL, IELTS, Business,
門限 ・J-スパルタ規則:平日は水/金17:00~22:00のみ外出可能、土5:00~26:00・日5:00~22:00

・スパルタ規則:平日は17:00~22:00(外出クーポン2週間に1度使用可能)、土11:00~翌2:00・日6:00~18:40

寮タイプ 内部寮:1人部屋、2人部屋、3人部屋
寮内設備 ホットシャワー、トイレ、ベッド、デスク、エアコン、クローゼット、冷蔵庫、給水機・ランドリールーム(共用)、Wi-Fi,
学校設備 食堂、スポーツジム、プール、売店、学生休憩所、自習室、体育館、カフェ、個人ロッカー、Wi-Fi
日本人スタッフ 日本人職員2名,学生スタッフ1名駐在 ※時期により変動あり
国籍比率 日本25%,韓国25%,台湾25% その他15% ※時期により変動あり

広大な敷地面積を誇る高級ヴィラのようなキャンパス

English Fella2は、セブに点在する語学学校の中でも一番の敷地面積を有する大型校です。

敷地面積は約5000坪相当あり、また長期留学生の方でも退屈しないように学校内は一つの高級ヴィラのような構造を意識して造られております。

学校キャンパス内の雰囲気作りにも余念がなくこだわっており、ヤシの木が植えられ、バンガローのような共有施設があったりなど、セブの南国感をイメージした雰囲気で、生徒はリラックスして滞在することができます。

また、English Fella2はスパルタ校のため、平日は学校外に出られない生徒もいることから、カフェや売店はもちろんのこと、プールやジムやシネマルーム、また語学学校では珍しい体育館やバスケットコートなども併設されており、キャンパス内だけでも充分に勉強の疲れを癒せるような様々な設備が設けられています。

English Fella2では独自の「J-スパルタ」制度が存在する

English Fella2では、他校にはない「J-スパルタ」という制度が存在しており、生徒は通常のスパルタ制度と、J-スパルタ制度から自身に合った方を選択することができます。

J-スパルタ制度とは、English Fella2が日本人向け留学生のために作った、独自のスパルタ制度のことです。

大きな特徴としては、スパルタ制度ほどの厳格な外出禁止規則がなく、週に半分の外出を許可されており、自習が強制されている曜日も週に数回のみと、通常のスパルタと比べかなり自由度が高いと言えます。

もともとEnglish Fella2は、韓国資本の学校のため、韓国からの留学生が圧倒的に多くスパルタ式のみでしたが、近年の日本人留学生の増加と、学習モチベーションの違いを考慮したうえで、カリキュラムをリタイアせずに最後までやり遂げられるように新たに考案されたコースとも言えます。

なお、現在では日本人留学生の約80%がJ-スパルタ制度を選択しており、English Fella2の新たな制度として、スタンダードに定着しつつあります。以下はJ-スパルタ制度の規則をまとめたものです。

【 J-スパルタ制度の規則】

  • 月火木曜日の外出は不可だが、水金曜日は17:00~22:00で外出可
  • 夕食後の自習については、月火木は必須だが、水金日曜日は自由性

なお、J-スパルタから通常のスパルタ制度への途中変更は可能です。申請した翌週から反映となりますので参考にしてください。

短期集中で上達したい方には通常のスパルタ制度がおすすめ

English Fella2に留学する方で、短期的な英語力の上達を求めている方には通常のスパルタ制度をおすすめします。

スパルタ式制度では、朝の8時より授業が始まり、夜の10時までの約12時間もの時間を英語学習に取り組むことができます。そのため、朝から晩までの英語漬けの日々を送ることができ、圧倒的に時間量の差で、効率よく上達を期待することができます。

また、特に時間がとれず短期での留学が多い社会人の方や、二か国語留学などを検討していて、フィリピン留学では短い期間で効率よく、しっかり英語学習に集中したい方などには適しているためおすすめできます。

以下は、スパルタ制度の規則をまとめたものです。

【スパルタ制度の規則】

  • 平日の外出不可。
  • 土曜日の11:00~深夜2:00まで外出可
  • 日曜日は早朝5:00~18:40までの間で外出が可
  • 土曜日を除く曜日全てで夕食後に自習必須

なお、スパルタ制度の方には学校から月に2回「外出クーポン」というものが発行されます。外出クーポンを使用すれば、外出禁止の曜日でも、生徒は校外で自由な時間が過ごせるため、よりリフレッシュして日々の勉強に励むことができます。

また、通常のスパルタ制度からJスパルタへの途中変更は可能ですが、4週間の受講後に、変更可能となりますので、現状スパルタ制度で検討されている方は、本当に自身に合っているのかを再考したうえで選択することをおすすめします。

セブ島では数少ない充実したTOEFL対策が受けられる

English Fella2は、セブ島では数少ない「TOEFL」の専門的な対策コースがある語学学校です。

TOEFLとは、米国非営利教育団体である「ETS」により開発された英語を母国語としない人を対象に実施される英語能力試験もことです。ビジネス寄りとされる「TOEIC」と比較して、大学のキャンパスや、教室といった実生活でのコミュニケーションに必要な,

「読む・書く聞く・話す」といった英語力全般の能力を総合的に測定する試験内容となっています。

また、日本人が北米圏を中心とするアメリカの大学に留学するために、このTOEFLテストのスコアを求められることが多く、出願書類として点数を証明する公的な証明書の提出が義務付けられている大学も多いです。

また、欧米、特に北米の語学学校ではTOEFLの授業/コースが数多く存在しますが、欧米の語学学校では全てグループ授業中心なことから、生徒個々の弱点補強まで目が行きとどきません。

フィリピンでは、TOEFL対策を得意としている学校が、TOEFL授業を提供しており、English Fella2は、その数少ない1校の1つと言えるのです。

TOEFLを知り尽くした専任講師による質の高い対策指導

English Fella2のTOEFLコースでは、より効果的にスコアを上げるべく、専任講師との4コマのマンツーマン授業と、1コマの文法特化のグループクラスから構成されています。

本試験では、スピーキング、リーディング、ライティング、リスニングの4技能が行われますが、スピーキングとライティングでは、合わせて文法の能力も求められるため、English Fella2では、文法の学習漏れがないように合わせて文法のクラスも組み込まれています。

また、TOEFLコースを指導する専任の講師陣は、TOEFL指導のプロフェッショナルです。一般英語コースの講師としての経験を積んだ後、マンスリー試験や生徒、またヘッドティーチャーの評価をもとにしたうえで、TOEFLコースの指導候補生となります。その後、数々の試験と教授法のトレーニングを受け、合格した候補生にのみ、正式な講師になることが出来るのです。

さらに、TOEFL専門の講師になった後にも、定期試験を受け続け、講師としての質を高めなければいけません。そのため全ての講師が本試験の「TOEFL (IBT)」テストで、120点満点中の100点以上のスコアを保持しており、TOEFL試験のノウハウや、実践テクニックなどを知り尽くしているため、生徒は質の高い実践的な授業を受けることが期待できます。

なお、English Fella2のTOEFLコースは、最短1週間から受講ができ、忙しい社会人の方やビジネスパーソンの方からも人気があります。最近ではTOEFLのスコアアップを求めて、社会人の方の短期留学なども増えてきています。また、欧米圏への留学を見据えての中期、長期留学等の方も多く、自身のスケジュールに合わせて幅広く組むことが可能です。

IELTS指導に特化した公式レビューセンターが併設している

English Fella2には、セブで唯一の学校キャンパス内にIELTS公認の「IELTS公式レビューセンター」が併設されています。

このレビューセンターでは、アイルランド出身であるネイティブの専門講師による、IELTS対策の専門的な指導を受けることができ、IELTS対策をしたい生徒にとっては大きな魅力と言えるでしょう。

また、学校とレビューセンターが併設していることで、IELTSの多様な資料やリスニング音源と、またバリエーションに富んだ様々な教材が用意されており、それだけでなく模擬テストも提供されています。

レビューセンターから提供される模擬テストは、実際のIELTS試験本番に近い内容で作られており、その精度の高さから、生徒だけではなく講師陣からの評価も高いです。

また、精巧な本番を模した模擬テストのおかげで、本番のテストとのギャップが少なくなり生徒は常に自分のレベルを知る指標にもなるので、スコアアップやモチベーションアップにもつながります。

また、提供される教材については、レベルごとに分かれており、4レベル対応で各6冊用意されていて、全てがEnglish Fella2のオリジナル教材です。教材の監修は、IELTSの公式試験管でもあった専門の講師と、English Fella2のIELTSトレーナークラスの先生による共同監修したものです。

これからIELTSの勉強を始めたい方や、スコアアップを目標にしている生徒にとっても、

フィリピン人の先生ではなく、ネイティブの講師から直接学べる機会も設けているため、いつもと違う環境の中で学べるのは有意義な時間と言えるでしょう。

なお、レビューセンターは実際の本試験の会場ではないため、IELTSの本試験を受ける生徒は、試験日には指定された試験会場に行く必要があるため、混同しないように注意しましょう。

指導分野に特化した専門性の高い授業

English Fella2の講師陣は、発音に特化した講師や、リーディングを早く理解するコツを熟知している講師など、それぞれの講師が指導分野での高い専門性を持っています。

たとえば、発音に特化した先生がライティングを指導するということはなく、発音の先生は、ずっと発音育成の授業だけを専門に担当します。それにより、より精度の高い指導が可能となります。

また、スキル別だけではなく、各コース別にも専門のチームが存在します。発音に特化したチームや、IELTS, TOEICなどの国際試験に特化したチームなど、それぞれコース別に分かれているため、生徒はより体系化された高い専門分野での指導を受けることができます。

また、English Fella2では講師教育にも力を入れており、スクールの定める厳しい採用基準をクリアしたうえで、講師1人ひとりが1つの専門分野のスペシャリストとして育成されています。

フィリピン人講師陣は英語ネイティブ講師の講習を毎月3回受講し、英語テストを月1回受けます。さらに、全生徒を対象に担任講師を評価するアンケートを実施し、生徒側から見た先生の技量も審査するなど、学校一丸となって授業内容の向上に日々邁進していることが伺えますね。

English Fella2の滞在寮

English Fella2では、生徒は学校併設の内部寮にて滞在することとなります。以下は、内部寮の部屋のタイプです。

【内部寮部屋タイプ】

  • 1人部屋(プレミア)
  • 2人部屋
  • 3人部屋

1人部屋(プレミアム)は、通常の2人部屋を1人で利用できる部屋タイプです。快適さや、プライベートな時間を大切にしたい方におすすめです。

2人部屋は、シェアタイプとして人気がある部屋タイプです。友達連れやカップル留学などに人気があり、比較的すぐに埋まってしまうことが多いため、早めの予約をおすすめします。

3人部屋は、滞在費用を最も抑えることができるお部屋タイプです。費用の節約やコミュニケーションを大切にしたい方におすすめです。

なお、全部屋タイプ共通して、デスク、ベッド、シャワー、トイレ、クローゼット、冷蔵庫、は完備してあります。

また、スパルタ校のため、基本的には全ての部屋でWi-Fiは使用できない環境となっていますので覚えておきましょう。

English Fella2の周辺環境と治安

English Fella2は、セブ市北東部の閑静な住宅街である「タランバン」というエリアにあります。タランバンは、セブの中心部からやや外れた場所あるため、周りは静かな環境が整っており、勉強に集中して励むことができます。

また、キャンパスからタクシーで3分程の場所には、小さなショッピングモールがあり、1階のスーパーでは生活雑貨や食品の購入ができ可能です。2階には外貨の両替所もあるため生活に困ることはありません。

また、周辺には警察署、消防署、病院などの公的機関が徒歩圏内にあるため、利便性の良い立地と言えます。滞在することができますね。

治安面においては、周辺に危険な地域はなく、問題ありません。ただ、周囲が自然の豊富な静かな地域のため野良犬や野良猫などが多くいます。狂犬病の恐れなどもあるため、見かけても自分からは近付いていかないようにしましょう。

またキャンパス内では、万が一を考慮しセキュリティを充分に完備しています。学校内には約100台のCCTVカメラを配置して24時間防犯や不審者対策をしています。

専門のガードマンは24時間定期的にキャンパス内をパトロールしており、生徒の安全や不審者がいないか監視していますので安心してください。

English Fella2のプログラム

English Fella2では、複数のプログラムコースを選択し受講できます

以下は、English Fella2でのプログラムごとの、コマ数の一例や、大まかなコース概要に関してまとめたものです。

なお、「IELTS点数保証コース」、「TOEIC点数保証コース」「IELTSレビューコース」のコマ数、費用に関しましては滞在期間や、カスタマイズする授業内容によって大きく変動があるため、希望する生徒の方は、留学エージェントや語学学校に直接相談してみることをおすすめします。

【PIC】コース

PICコース コマ数 概要
PIC4 マンツーマン:4

グループ:3

OP:1

1か月:162,600~

読み・書き・聞く・話す。4分野をマンツーマン授業でバランス良く学んでいきます。それぞれの科目の専門講師による授業を受けられるので、平均的に実力アップを望んでいる方にお勧めです。通常授業終了後も義務自習時間や単語テストを行いますので充実した1日を送ることが出来ます
PIC5 マンツーマン:5

グループ:2

OP:1

1か月:170,200~

マンツーマンレッスン5コマの内、スピーキングの授業が2コマと設定されていますので会話力を上げたい方にはおすすめです。グループ授業とのバランスも良いのでEnglish Fella2で一番選ばれているコースです。

 

【試験対策】コース

 試験対策

コース

コマ数 概要
・TOEIC

・TOEFL

・IELTS

・IELTS

レビュー

マンツーマン:4

グループ:3

OP:1

1か月:170,200~

(コマ数,費用は全て同じです。)

これからTOEIC,IELTS,TOEFLの学習をスタートする方、短期間でもスコアアップに特化して学習したい初級者~上級者方向けのプログラムです。

 

【Business】コース

Business

コース

コマ数 概要
Business マンツーマン:5

グループ:2

OP:1

1か月:175,600~

大手監査系事務所の企業研修にも利用された実績のあるコース。メールや電話対応、履歴書作成やプレゼンまで幅広くビジネス英語を学ぶことが可能です。初心者~上級者まで