ジーニアスイングリッシュ(Genius English)

フィリピン語学学校

「ジーニアスイングリッシュ」(以下、ジーニアス)は、セブ島のリゾートエリアである「マクタン島」に位置する語学学校です。

ジーニアスは「ロシア資本」という、フィリピン留学では唯一とも言える経営背景があるため、他校に比べて非常に多くの多国籍な留学生が集まることでも知られています。

また、ジーニアスの大きな魅力の1つに、セブの語学学校では最多クラスの4名のネイティブ講師が在籍している点が挙げられます。生徒は日々の授業で必然的にネイティブ講師とのレッスンを受けることが可能となります。

立地の面でも、フィリピン屈指のリゾートエリアの三ツ星ホテル内に位置しているため、他校とは一線を画す、まさにイメージ通りの「リゾート留学」を体験できるのも人気のポイントです。

様々な国から生徒が集う「グローバル」な学習環境

ジーニアスには、フィリピンの語学学校とは思えないほどに様々な国の外国人留学生が集まることで評判が知れ渡っています。

ジーニアスは、フィリピンで唯一のロシア資本の語学学校、という点から、日本や韓国といったアジア資本の学校にはない独自のコネクションや宣伝方法が生徒集客に関わっています。

そのため、在籍する生徒の国籍比率は、アジア諸国の日本や韓国はもちろんですが、フィリピンでは珍しくEU諸国のスペインやドイツ・フランスといった非アジア圏の生徒が在籍しているのが特徴的です。

また、近年増えているのが、サウジアラビアを主としたアラブ系の国の生徒や、ロシアやモンゴルからの極東よりの国の生徒、そして時には、南米のブラジル人やコロンビア人に至るまで、非常にバラエティに富んだ国籍の生徒が集まる、まさに「グローバルな環境」と言えるでしょう。

もちろん、それぞれの国の生徒の留学する時期や、繁忙期などのタイミングで在籍比率は変動しますが、これほどまでに多種多様な生徒が集まる学校は、フィリピン留学ではジーニアスイングリッシュを除いて他にはありません。

フィリピンの語学学校では、「多国籍環境」を謳っている学校は非常に多いですが、実際蓋を開けてみると、韓国や台湾といったアジア諸国からの生徒が多く、本当に求めている意味での様々な地域の外国人生徒との異文化交流は望みにくいのが現状です。

その反面、ジーニアスでは、本当にグローバルな環境下で様々な国の友人が作れたり、彼らと英語が学べることが期待できるでしょう。

また、今後、海外への移住や就職などを検討している方にとっても、様々な国の友人が作れることも期待でき、可能性が広がることでしょう。フィリピン留学をきっかけに、グローバルな視点で行動したいという方にはうってつけの語学学校と言えますね。

セブ留学では貴重な4名ものネイティブ講師が在籍

ジーニアスでは、セブ島留学では珍しい4名のネイティブ講師が教鞭をふるっています。

4名ものネイティブ講師がいる学校は、セブ島の語学学校では珍しく大変貴重と言えます

複数のネイティブ講師を有するジーニアスでは、その利点として、全ての生徒が1日1コマのネイティブ講師とのグループレッスンが組み込まれています。

グループレッスンは最大で8名の生徒と行いますが、時期やタイミングによっては、ネイティブ講師とのマンツーマン授業や、さらに少人数制でのグループレッスンを受けることも実現可能なため、より密度の濃いレッスンを受けることも望めます。

ネイティブ講師が少ない語学学校では、どうしてもスケジュールの都合上で受講できる定員数が定まっていたり、また授業を希望する場合には別途でいくらかの費用が掛かるのが現状です。

しかし、ジーニアスでは、常時複数のネイティブ講師がいることからネイティブレッスンを導入するのがスタンダードため、別途で余計な受講費用を徴収する必要はありません。

そのため、全ての生徒が均等にコスパよく、ネイティブスピーカーによる生きた英語力を身に着けることができ、より実践的な意識で学習に励むことが出来るのです。

まさに、リゾート留学兼英語学習をしっかりと体現しているモデル校ということが言えるため、学習意識の高い生徒でも満足いく環境があると言えますね。

パート講師は雇わない!在籍講師は正規のベテラン講師陣

ジーニアスでは、勤務する講師陣はすべて正規雇用職員に限っており、アルバイトやパートの講師はいません。

セブの語学学校では、繁忙期になると日本人や韓国人の留学生が集中するため、どうしても講師の数が不足してしまいます。そのために臨時のパートタイム講師を雇って、繁忙期のシーズンをやりこなす学校も少なくないのが現状です。

パートタイムの講師の質が一概に悪いとは言えませんが、正規の講師では無いために、モチベーションがあまり高くなく、また指導のレベルにムラが出てしまいます。

ターゲットでは、全ての生徒に均等に高いレベルの指導の基学習してもらいたいという理念から、臨時講師は採用していません。

そのため、在籍するすべての講師は、大卒以上の学歴保有者に限り、2年以上の実務経験のある講師以外は採用試験すら受けられません。

また、独自の厳しい試験や、面接を通過した講師陣のみがジーニアスの正規職員として雇用されるため、生徒はどの講師に当たっても日々高い水準の指導を体験することが出来るのです。

コンドミニアムを利用したシーサイドビューな滞在寮

ジーニアスでは、学校宿舎と滞在するコンドミニアムは、「EGIホテル」という三ツ星リゾートホテルの敷地内に併設しています。

コンドミニアムは、元々はリゾートホテルとして使用されていた施設のため、内装が非常に綺麗なことでも評判が高く、施設面を気にする女性の方からも大変人気があります。

コンドミニアムは、4人部屋から1人部屋のタイプが用意されています。どの部屋もクリーンで南国風な内装に整えられており、語学学校の寮とは思えないほどこだわり尽くした空間に仕上がっています。

また、いつでも勉強できるようにと、机や椅子、スタンドなど完備されており、最低限の自習できる環境が整っています。

寮の全室でWi-Fiに対応しているため、部屋の中でもネットが可能なため、社会人の方でも仕事が行えるため便利です。さらには、EGIホテルに併設しているプールを使用することも可能ですので、息抜きに利用してみるのも良いでしょう。

なお、人気の高い海側に面した部屋からは、窓を開けると壮大なフィリピン海がいつでも一望できるのも大きな魅力の点でしょう。

普段日本では味わえないような、「まさにリゾート留学!」という非日常的な環境でフィリピン留学を楽しむことが出来ます。

海側に面したお部屋はすぐに予約が埋まってしまうため、希望する生徒の方は早めの申し込みをすることをおすすめします。

フィリピン屈指のリゾート地に位置する周辺環

ジーニアスの位置しているエリアは、マクタン島の中でもメインハイウェイに面しているため、多くの観光客が訪れるストリートまで簡単にアクセスができます。

ストリートには大型の複合型施設があり、スーパーやマッサージ店、スパ、日本食レストラン外食大手のチェーン店などが入っています。いずれも徒歩圏内に必要な施設が点在しているため、生活面で不自由することはないエリアと言えます。

また、宿舎目の前の桟橋からは、マクタン島に訪れる観光客がマリンアクティビティに出かけるための船着き場になっています。

そのため、たくさんのフェリーや船が停泊しており、生徒も申し込めさえすれば、いつでも気軽にダイビングやアイランドホッピングを楽しむことができる島まで向かえます。

フィリピン留学にリゾートを求めて留学する生徒には、まさにうってつけの学習環境と言えるでしょう。是非アクティビティなども満喫して帰ることをおすすめします。

ジーニアスイングリッシュの概要

正式名称 GENIUS ENGLISH PROFICIENCY ACADEMY
地域 マクタン島/セブ・フィリピン
住所 EGI Hotel Bldg. 1, Looc, Maribago, Lapu-lapu City 6015 Cebu Philippines
創立 2013年創立
学校規模 80人程度
認可 SSP認定学校 TESDA登録学校
資本 ロシア資本
門限 日~木:23時、金土日祝:無し
コース GENERAL, TOEIC, TOEFL, IELTS, BUSINESS
寮タイプ 4~1人部屋
寮内設備 ベッド、クローゼット、机、椅子、エアコン、冷蔵庫、シャワー、セキュリティボックス、Wi-Fi
学内設備 自習室、カフェ、トイレ、エアコン、Wi-Fi 、売店、ウォーターサーバー、プール・ビーチ(併設ホテル)、ジム、ビリヤード・卓球台
洗濯・掃除 週2回のランドリーサービス有、清掃サービス有
日本人スタッフ 3名 ※時期により変動あり
ネイティブ講師 4人(アメリカ2人、カナダ1人、オーストラリア1人)
国籍比率 日本20~40%, 韓国20%, アラブ20%, EU25% その他15%(ロシア、モンゴル、ブラジル、コロンビアなど)