フィリピン・セブ島留学で目的に合わせた語学学校の選び方

フィリピン・セブ島留学

フィリピン留学を決意し、留学を進めるにあたって一番初めに取り掛からなければならないのが語学学校選びです。

現在、フィリピン国内には100校余りの語学学校が点在しています。その中から自分に適した一校を選ぶことは難しい作業です。

学校選びは、英語習得に大きく左右することはもちろんのこと、留学中の充実度や、帰国後の自己学習にも大きく影響することとなりますので慎重に情報を集め行う必要があります。

この記事では、語学学校選びの重要なポイントを留学タイプ別に説明していきます。

学校選びの決め手がなかなか見つからずに悩んでいる方も参考にし、自分が留学に求める希望や条件を一度整理してみましょう。

留学する「目的」を明確にすることが重要

フィリピン留学での学校選びで、まず真っ先に行うべきことは、留学する「目的」を明確にすることです。

目的を明確にするために、フィリピン留学を通して具体的に「何を得たいか」を考えてみてください。

例えばですが、短期間で集中して英語学習に取り組みたい、試験対策でスコアを上げたいというのも目的です。もしくは自分はバカンスと勉強の両方を兼ねた留学をしたいというのも立派な目的と言えます。

英語習得をメインにしたいという方には、質の高い教育環境を売りにしている学校を候補にすれば良いでしょう。リゾート留学を兼ねて望んでいる方には、周辺にビーチや観光施設があるエリアの学校を候補にすると良いです。

このように、自身の目的を最低減明確にしておくことで、優先的に学校に求める条件が明白になってきます。まずは、自分の留学する上での目的を明確にすることから留学のステップを踏み出しましょう。

「英語力重視」の留学をしたい方の学校の選び方

フィリピン留学で勉強中心の生活を行うことを目的としている方は、「英語力重視」が可能かどうかの観点から学校選びを行いましょう。

以下に、英語力重視で学校を選ぶ際に、特に抑えておいた方が良いポイントをまとめてみましたので、確認していきましょう。

【英語力重視の学校選びのポイント】

  • スパルタ・セミスパルタ制の学校から選ぶ
  • 会話力重視の学校から選ぶ
  • ビジネス英語を学べる学校から選ぶ
  • 講師の質が特に高い学校から選ぶ
  • ネイティブ講師の多い学校から選ぶ

なお、上記の学校選びの主要なポイントを総合的に抑え、当サイトがおすすめする語学学校は【EV Academy】です。

「EV Academy」は、セブで2番目に創立された老舗の語学学校です。創立以来その高い「スパルタ方式」の授業スタイルが学習意識の高い留学生に絶大な人気を誇っており、今なお人気校の1つです。

以降からそれぞれの選び方のポイントごとに沿った細かな説明と、それを踏まえた上でのおすすめの語学学校を紹介していきます。

「スパルタ・セミスパルタ制」の学校で選ぶ

フィリピンの語学学校で集中して英語学習に取り組みたい方には、「スパルタ制」、もしくは「セミスパルタ制」の2つのタイプの学校を選ぶことをおすすめします。

「スパルタ制」の学校は規則が非常に厳格で、義務テストや義務自習が毎日存在し、平日は基本的に外出が禁止です。また、授業時間が長時間に及び、半ば強制的に勉強をしなければならない環境のため、短期間でも英語漬けの環境で勉強ができ効率的に上達が期待できます。

「セミスパルタ制」は、スパルタ制ほどの厳しい規則はありませんが、放課後の自習勉強の義務化や、限られた平日は外出制限などが存在します。ある程度の自由が認められるため、適度に厳しい環境で学習したい方から選ばれており、日本人向きの学習ペースと言えるでしょう。

選び方としては自身の学習ペースを考慮して選ぶことが大切です。留学中にとにかく英語漬けになって勉強したい方はスパルタ制を、適度に厳しい環境である程度の自由が欲しい場合にはセミスパルタ制の学校を選ぶことをおすすめします。

【当サイトがおすすめするスパルタ制とセミスパルタ制の学校】

EV Academy
セブの老舗語学学校として、以前はスパルタの名門校として有名でしたが、近年の校舎新築に伴い新たにセミスパルタ制が導入され生徒は入学時に希望のペースから選択できるようになりました。

English Fella2
フィリピン留学のパイオニア校として、スパルタ制をいち早く導入した老舗語学学校です。創校依頼評判の高いスパルタ教育に加え、近年新たに日本人向けの、「Jスパルタ」という独自のスパルタ規則に人気が高まっています。

国際比率の多彩な学校から選ぶ

フィリピン留学で英語漬けの環境に身を置きたい方は、学校の国籍比率を意識したうえで選びましょう。

フィリピンの語学学校では日本資本の日系語学学校と、韓国資本の学校とに分かれますが、多国籍な環境を好む方は韓国資本の語学学校を選ぶことをおすすめします。

韓国人はもちろんのこと、他のアジアの生徒や時には欧州や南米エリアの学生と言った多種多様な人種との交流が期待できます。

外国人が多いため、友人ができるとおのずと英語で意思疎通を図ることとなり。日常から英語に触れる機会が多くなります。また、卒業後に海外進出を視野に入れている方ならば、友人や人脈作りにもつながるためうってつけですね。

【当サイトがおすすめする外国人の多い国際色豊かなの学校】

EV Academy
フランス資本の学校のため他校と比べて多国籍生徒の率が30%以上と高いです。また、フランス人校長先生のこだわりぬいた新設の校舎と高いスパルタ制の虚行く方針にも人気があります。

試験対策コースのある学校から選ぶ

フィリピン留学にTOEICやIELTSなどの試験スコアの上達を期待している生徒は、試験対策コースに力を入れている学校を選びましょう。

フィリピン留学では、多くの学校がTOEICやIELTSを中心とした試験スコアの向上を目的としたコースを用意しています。日本で自己学習するよりも、専門の講師が指導してくれるため、より短期間でのスコアアップが期待できます。

【当サイトがおすすめする試験対策コースで評判の高い学校】

English Fella2
試験対策分野に特化した専門コースが留学生に評判の学校です。IELTSの指導に特化した公式なレビューセンターが併設しているため、高い指導が期待できるでしょう。

CIA
セブのスパルタ式の名門校です。試験対策に力を入れており、TOEIC,IELTSを対象とした「点数保証対策コース」と呼ばれるコースに人気が集まっています。

「会話力重視」の学校から選ぶ

フィリピン留学を通して、外国人とのコミュニケーション能力を強化したい、英語で話せるようになりたいという方は、「会話力重視」の学校を選びましょう。

学校によっては、「Intensiveコース」と呼ばれる発音や、聞き取りといったコミュニケーションを取るにはかかせない基礎技法を中心的に指導している学校もあるためこれからワーホリを控えている方などにも最適なカリキュラムと言えますね。

【当サイトがおすすめする会話力アップに定評のある学校】

CNE1
「会話力と言えばCNE1」の異名を持つ留学業界でも評判の学校です。独自のスキルアップコースを設けており、他校にはないメソッドに人気があります。

IDEA ACADEMIA
欧米式の授業方針を積極的に取り入れており、中でも「PREP法」と呼ばれる相手に必要な意思を簡潔に伝える会話技法の指導に定評があります。

ビジネス英語の学べる学校から選ぶ

フィリピン留学で本格的にビジネス英語を学びたい方には、専門的なビジネス英語のコースを有する学校から選びましょう。

ビジネス英語は一般英語とは異なり高い専門性が求められます。フィリピンの語学学校では、大抵ビジネス英語のコースを設けている学校が多いですが、指導のできるメソッドが整っていなかったり、講師不足だったりする学校も存在します。

そのため、ただビジネスコースを設けている学校ではなく、社会人からも選ばれる高い指導レベルやカリキュラムに定評のある学校から選択することをおすすめします。

【当サイトがおすすめするビジネス英語力アップに定評のある学校】

Me RISE Academy
「オトナ留学」をコンセプトにした社会人専用の語学学校です。社会人専用ということもあり、人気のビジネスコースでは、生徒に合わせた専門性の高いオーダーメイド感覚のビジネス英語指導を行っており、絶大な評価を得ています。

PICO
マニラに位置している日本資本の「語学研修センター」です。徹底したビジネス英語専門の教育方針を貫いており、その評価は日本の大手企業からも「法人語学研修先」として指定されるほどです。独自のメソッドにより行われる授業は社会人から絶大な人気を獲得しています。

講師の質が高い学校から選ぶ

フィリピン留学で高いレベルのカリキュラムを求めて留学する方は、学校選びの際に在籍する講師の質にも意識を向けてみることをおすすめします。

フィリピンの語学学校では、在籍する講師の質や教育環境を踏まえて、フィリピン政府が学校に対して公式認定資格を与えています。どの学校にも資格が与えられるわけではないため、各学校は講師の指導レベルを保つために、指導教育を定期的に実施しているのです。

そのため、講師のレベルを重視して語学学校選びを行う方は、希望したい学校が公式認定資格を保有しているかどうかで判断すると、高いレベルの授業が受けられるという証拠になるため、学校の候補がしぼりやすくなるでしょう。

【当サイトがおすすめするビジネス指導力に高い定評のある学校】

IDEA ACADEMIA
セブで唯一のケンブリッジ大学の公式教授法である「CELTA資格」を持った講師が10%以上在籍していることで有名です。英国政府お墨付きの高い指導力が日本のみならず諸国の学生からも評判を集めています。

CNE1
在籍している講師は、採用率僅か3%という厳しい講師採用基準を通過したエリート講師たちです。その高い指導レベルが評判を呼び、フィリピンの日系学校では唯一となる政府公認の高い指導力の学校に送られる「CHED」の認定校です。

ネイティブ講師の多い学校から選ぶ

フィリピン留学で、欧米留学さながらのネイティブの授業を希望する方には、ネイティブ講師の多く在籍する学校を選びましょう。

特に、フィリピン地方エリアの「クラーク」はかつて米軍基地があった地域で、その名残からか数多くの欧米人が滞在しており、そのことからクラークの語学学校にはネイティブの講師が他の地域と比べて多く在籍しています。

フィリピン留学後にワーホリや海外就職を検討している方は、特にネイティブスピーカーの話す英語を経験でき、学校によっては希望次第で、ネイティブ講師とのマンツーマンレッスンをメインで組める学校も存在します。

【当サイトがおすすめするネイティブ講師の多いクラーク地区の学校】

CIP
ネイティブ講師が中心の授業構成が組まれており、生徒はグループ授業の際には必ずネイティブ講師からの指導が受けることが出来ます。また、フィリピンの語学学校の中では唯一の「IALCアメリカ国際言語協会」から認定を受けた正式校で欧米大学への斡旋も積極的に行っています。

「バカンス重視」の留学をしたい方の学校の選び方

フィリピン留学にバカンスの要素を求めた目的の方は、滞在する寮や学校の生活環境面が充実している学校で選ぶようにしましょう。

特に女性の留学希望の方は、フィリピン留学にリゾート感を求めており、快適な寮やホテルなどの施設で留学を楽しみたいという方が大勢います。そういった条件には、例えば新設校舎の学校や、リゾートホテルを改装して造られた学校などを選ぶと希望に沿いやすくなります。

また、同じセブ島でも「マクタン島」のエリアと都市部の「セブシティ」の方とでは周辺環境や雰囲気が異なります。リゾート留学を求める方にはマクタン島のエリアから探すのがおすすめです。

【当サイトがおすすめする生活環境面が充実している学校】

セブ・ブルーオーシャン アカデミー
フィリピンでも有数のリゾート地マクタン島のメインエリアに位置しています。生徒が滞在する寮は一般の観光客が利用するホテルの上層階に用意されており、留学生活とは思えないグレードの滞在環境が人気です。

「バカンス兼勉強」の両方からおすすめできる学校は?

リゾート留学を満喫しながらも、しっかりと勉強もできる学校に留学したい、という両方の良いところを取った語学学校はセブにはいくつか存在します。

その中でも、評判の高い充実した生活環境と、高いレベルの教育カリキュラムに定評のある学校をまとめました。生活面学習面のどちらも妥協したくないという方は、学校選びの参考にしてください。

セブ・ブルーオーシャン・アカデミー
外国人観光客からも人気のあるセブのマクタン島に位置する高級リゾート語学学校です。リゾートホテルの上層階を貸し切った学生寮だけではなく、高い採用水準で選ばれた講師陣の評判が高く、特に近年試験対策コースにも力を入れている学校です。

QQ English
目の前がビーチのリゾートホテルを改装し造られた「シーフロント校」と、フィリピン有数のビジネス街に位置している「セブシティ」校の2タイプから生徒は自身の留学スタイルに合った方を選ぶことが可能です。また、学習面では、英国発祥の「カランメソッド式」を取り入れたアカデミックな教育にも人気があります。