フィリピン・セブ島留学は日本人経営より韓国人経営の学校で英語力アップ

フィリピン・セブ島留学

フィリピン・セブ島留学では、韓国人経営の学校と日本人経営の学校があります。

韓国人経営の学校は、日本人が少なかったり、平日は外出できないスパルタ制度があったりするため、英語の勉強に集中しやすく、短期間で英語力をアップすることができます。

一方、日本人経営の学校は、日本人向けの食事や日本人スタッフの多さから留学中も快適に過ごせますが、スタッフや生徒に日本人が多く日本語を話す機会が増えるため、英語学習に集中できず、英語力の伸びが遅くなります。

この記事では、英語力アップしたい人にむけて、日本人経営より韓国人経営の学校をおすすめする理由を紹介します。

韓国人経営の学校は、日本人がすくない

韓国人経営の学校は、日本人生徒の比率が30%程度の学校が多く、韓国や日本以外の国の生徒もいるため、授業時間外でも英語で会話をするチャンスが多くなります。

以下の表は、フィリピン・セブ島にある主な韓国人経営の学校に通う国籍別生徒の比率です。

韓国人経営の学校名 生徒の国籍比率
CPILS

(シピルス)

日本20%、韓国60%、中国10%、ロシア5%、その他5%
CG English Academy

(シージー イングリッシュ アカデミー)

日本20%、韓国60%、台湾10%、その他10%
CIA

(シーアイエー)

日本30%、韓国40%、台湾20%、ベトナム10%
Philinter

(フィリンター)

日本30%、韓国20%、台湾40%、ベトナム4%、タイ3%、モンゴル3%
English Fella 1

(イングリッシュ フェッラ 1)

日本30%、韓国60%、台湾10%

一方、以下の表は、フィリピン・セブ島にある主な日本人経営の学校に通う国籍別生徒の比率です。

日本人経営の学校名 生徒の国籍比率
TARGET

(ターゲット)

日本70%、台湾15%、ベトナム15%
IDEA CEBU

(イデア セブ)

日本80%、台湾10%、韓国5%、ベトナム5%
CROSS×ROAD

(クロスロード)

日本100%
3D Academy

(スリーディー アカデミー)

日本70%、台湾20%、その他10%(韓国、中国、モンゴル、ロシアなど)
QQ English ITパーク校

(キューキュー イングリッシュ)

日本60%、台湾10%、韓国10%、その他20%

日本人経営の学校では、日本人比率が70%以上の学校が多いため、授業時間以外には日本人同士で固まってしまい、日本語を話してしまうことが多くなります。

そのため、英語力を上げたい人は、授業時間外にも他国の生徒と英語で交流できて、英語漬けに慣れる韓国人経営の学校がおすすめです。

韓国人経営の学校は、歴史(信頼や実績)がある

韓国人経営の学校は日本人経営の学校よりも9年早くフィリピンに語学学校を設立したため、実績がある学校が多いです。

たとえば、「CPILS(シピルス)」という学校は、フィリピン・セブ島に初めてできた韓国人経営の語学学校で、フィリピン政府観光省の正式なESLパートナー校として認定されています。そのため、2001年に設立されたため建物は古いですが、開校以来6万人以上が入学した実績があり、講師の質の良さも理由で人気の学校です。

ちなみに、CPILSでは、質の良い講師の質を高めるために、採用試験を5段階(英語力・コミュニケーション力・異文化理解力・指導力を測るテスト)に分けて行い、採用後も2ヶ月のトレーニングを行います。

またフィリピン・セブ島では、ネイティブ講師は1~3名の学校が多いですが、CPILSには、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスのネイティブ講師が10名在籍しています。

そのため韓国人経営の老舗校CPILSでは、生徒は英語圏のリアルな発音や情報を知ったり、安定して質の良い授業を受けたりすることができます。

韓国人経営の学校は、スパルタ制度で校則が厳しい

韓国人経営の学校には、平日外出禁止、校内で母国語禁止のEOP(イングリッシュオンリーポリシー)などが定められているスパルタ制の学校があります。

韓国人経営の学校にスパルタ校が多いのは、もともと、韓国人留学生の親を安心させるためでした。

韓国は厳しい学歴社会で、親が費用を出して、子供を留学させるため、フィリピン・セブ島の学校は、平日外出禁止、早朝学習や義務自習の徹底、授業時間を長くする、などで生徒が勉強せざるを得ない環境を作り、親を安心させました。

しかしスパルタ制度は、自己管理が苦手な人や自分を変えたい人にも効果的なため、本気で英語力を上げたい日本人にも人気があります。

フィリピン・セブ島にある、スパルタ制(平日外出禁止・EOP)で人気の韓国人経営学校には以下のような学校があります。

  • CG Academy
  • CPI(Cebu Pelis Institute)
  • EV Academy(韓国とフランスの共同資本)
  • SMEAG スパルタ校(韓国と日本の共同資本)
  • English Fella 2(日本人の学生は水曜日と金曜日22時まで外出ができるJ-スパルタも選択可)

ちなみに、日本人経営の学校には、スパルタ制度の学校はなく、セミスパルタ制度の学校「TARGET(TARGET Global English Academy)」「CEA(Cebu English Academy)」「IDEA(IDEA English Academy)」などがあります。

セミスパルタの学校は、ミニテストや義務自習時間がなく、平日は外出が可能なため、自己管理が苦手な人は、スパルタの学校で英語漬けになった方が英語力はあがります。

韓国人経営の学校のデメリット

英語力を上げたい人は、英語漬けに慣れる韓国人経営の学校がおすすめですが、韓国人経営の学校にはデメリットもあるので紹介します。

英語力アップが第一優先で、以下のデメリットが克服できる方には、迷わず韓国人経営の学校をおすすめします。

韓国人経営の学校は、日本人経営の学校より食事が美味しくない

韓国人経営の学校では、スタッフも生徒も韓国人が多いため、韓国料理がメインです。

韓国料理は、日本料理に比べて味が濃く辛いため、日本人は体調を崩すこともあります。

ただし、2018年現在は、韓国人経営の学校でも、韓国以外の国の生徒が約50%以上に増えているため、韓国料理が出る日は辛くないものが一緒に出たり、味噌汁などの日本料理が出るようになったりしています。

辛い物が苦手な方や、留学中も食べなれた日本食が食べたい方は、日本人経営の学校行くか、平日も外出や外食ができる韓国人経営の学校に行くのがおすすめですが、英語力アップを第一に考えて、食事を妥協できる方は韓国人経営の学校がおすすめです。

韓国人経営の学校には、日本人スタッフが少ない

韓国人経営の学校は、日本人スタッフが1人しかいない、夕方には帰ってしまうなど、日本人生徒に対するサポートが不十分な学校もあります。

病気になった時やコース変更の相談をしたい時など、状況を正確に伝える必要があるときは、日本語で説明をできるほうが安心です。

そのため、英語がまったく話せない状態でフィリピン・セブ島留学をする方は、日本人スタッフが多くいる韓国人経営の学校を選ぶか、日本人経営の学校を選ぶようにしましょう。