PALETTE SCHOOL(パレットスクール)英語と社会活動が体験できるフィリピン語学学校

フィリピン語学学校

PALETTE SCHOOLは、非営利活動法人「PALETTE」という日本のNPO法人が運営する語学学校です。

PALETTE では「英語で世界を変える」を、コンセプトにし、語学学校の運営や、インターンシップ、スタディ・ツアー、ボランティアなどのいわゆる社会起業活動=「ソーシャルアクティビィティー」に重点を置いています。

そのため、PALETTE SCHOOLでは英語学習だけではなく、ソーシャルアクティビィティーも積極的に体験可能なため、「英語+α」で留学を検討している方からは、圧倒的な支持を得ている学校と言えます。

また、PALETTE SCHOOLの大きな魅力の1つが、様々な国や地域からきている社会起業家やインターン生と触れ合うことができるグローバル環境と言えます。

PALETTE SCHOOLの概要

正式名称 PALETTE SCHOOL
地域 ブラカン/フィリピン
住所 GK Enchanted Farm, California St.Brgy Encanto, Angat, Bulacan, the Philippines
創立 20014年
学校規模 12~20人程度 ※2018年より20人まで増員
認可 SSP認定学校 TESDA登録学校
資本 日本
プログラム ESL (Basic, Super Beginner) Business,インターン
スタディ・ツアー 毎週土日に各地のフィリピンの貧困地区を訪問し、インタビューなどやボランティア支援を通して理解を深めます。
門限  24時
寮タイプ 内部寮(2~3人、6人部屋)
寮内設備 机、冷蔵庫、ベッド、シャワー、トイレ、タンスなど
学校設備 プール、オフィス、ホール、売店、食堂、教室、喫煙所など
日本人職員 11名程度(職員5名,インターン生5名) ※時期により変動あり
国籍比率 日本100%(※留学生徒のみの割合)

フィリピンで最もグローバルな環境の語学学校

PALETTE SCHOOLは、国際NGOの複合施設の「GK Enchanted Farm」内にキャンパスがあるため、様々な国籍の外国人と触れ合うことができ、非常にグローバルな環境と言えます。

主な国籍としては、欧米・欧州圏(フランス、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど)が最も多く、その他にもアジア(台湾・マレーシア・韓国)や南米(ブラジル・アルゼンチン)の地域から参加している社会起業家やインターン生などとの交流ができます。

彼らは同じGK Enchanted Farmの敷地内に生活していることから、生徒は学んだ英語をすぐに外国人に話しかけたりなどの異文化交流の機会が日常的にあります。そのため、授業以外でも生きた英語に触れる機会が圧倒的に多く、自然と英語力が身についたという生徒も中にはいます。

また、PALLETTE SCHOOLの企画では、社会起業家の方や、またそこで働く人たちに、どういった仕事をしているのかというインタビューをするといったものもあります。

GK Enchanted Farmにいる外国人の起業家やインターン生は、事業によって社会の課題を解決しようと日々活動をしている方たちです。彼らが、なぜ社会貢献を志すことになったか、などのディープな質問から、気さくな質問まで、PALLETTE SCHOOLでは直に話しかけ、質問することも可能です。

そのため、授業で培った英語を実際にアウトプットできる絶好の機会と言えます。また、インタビューだけでなく、夜には一緒にお酒を飲んで楽しく話すこともできるため実践的な学習の機会とも言えるでしょう。

またフィリピンだけでなく、今後の2カ国留学やボランティアなどを検討している留学生の方にとっても知見を広める良い環境のためおすすめできます。

英語だけではない「社会起業活動」も学べる

PALETTE SCHOOLでは、実践的な国際協力や社会起業活動を体感することが可能です。他の語学学校のように、英語だけを学ぶ語学学校ではないということを認識しておきましょう。

PALETTE SCHOOLでは英語を勉強しながらも、途上国であるフィリピンならではの貧困に着目し、希望する生徒は社会活動型の独自の教育プログラムに触れることができます。

プログラムの概要としては、学校主催のスラム・貧困地区への「スタディ・ツアー」やフィリピン人貧困層若者向けのキャリア支援事業インターン、また貧しい地域でのボランティア活動などが用意されています。

授業外での、こうした体験型のソーシャルアクティビティが充実している点は、他校ではなかなか体験できない、PALETTE SCHOOLならではの特殊な留学体験と言えるでしょう。

また、併設する国際NGO のGK Enchanted Farmは「ソーシャルビジネスのシリコンバレー」をコンセプトの一つとして掲げているため、様々なソーシャルビジネスを生み出しており、キャンパスが併設しているため、生徒は同時にソーシャルビジネスの最前線を肌で感じることができます。国際協力、貧困問題、社会問題に関心がある方にとっても今後のスキルアップや、自身の見分を広めるうえでもおすすめすることができます。

貧困地域へのスタディ・ツアーが体験できる

PALETTE SCHOOLでは希望者には、「スタディ・ツアー」という貧困地域へのボランティア活動を行う行事が設けられています。

ステディ・ツアーは週末に行われ、様々なフィリピンの貧困地域を訪問します。

一例として、マニラの首都圏「ケソン市」という地域にある「Payatas(パヤタス)」という地区を訪問し、ボランティア活動を行うツアーがあります。

パヤタスという地域は、ゴミ集積場に隣接した地域で、フィリピンでも屈指の劣悪な居住環境の1つです。現地の人々はここでゴミを拾って、それを売ることで生計維持しており、つらい現実を生きている方々ばかりです。

そういった人々の生活を実際に体験し感じることで、貧困問題に関するリアルな理解を深めようというのが大きな目的です。

社会の現状を知り、日本人として本当の意味での「国際活動」を通し、より社会起業活動を知って、多くの生徒に興味や関心を持ってもらいたいという理念は、NPO法人の運営するPALETTE SCHOOLだからこそ、体験できる貴重な経験と言えるでしょう。

他にも、貧困地域へのボランティアや、家庭訪問、貧しい人々との交流や、貧困地域でのホームステイなどができる1泊2日のプランなど、様々なスタディ・ツアーが設けられているので、興味のある方は現地で直接学校に相談してみましょう。

オーダーメイド式の授業カリキュラム

PALETTE SCHOOLの授業カリキュラムは、生徒による完全オーダーメイド制です。

そのため、英語初心者から上級者まで、それぞれのレベル・目的に合わせて、受講する科目や授業で使用する教科書をカスタマイズすることができます。

メインとなるコースは、Super Beginner Course(初心者向け)、Basic  English Course(中級者向け)、Business English Course(上級者向け)の3つです。3つのレベルを基本とし、さらにそこから細かく生徒のニーズに適った、授業選択や教科書選びを自由に決めることができます。

具体的に何を勉強したいかが、まだ明確になっていない方でも、英語学習・海外経験が豊富な日本人スタッフによるサポートがあるので安心できます。

その他にも、生徒の希望を授業に反映するための「授業問診票」や日本人スタッフによる週1回のカウンセリングなどがあります。授業問診票では、問診票を記入することによって、教師に授業中に話す量・宿題の量など、どのように授業を進めて欲しいかリクエストを伝えることができ、定期的な生徒からの要望が、すぐに授業に反映されるような制度が整っています。

少人数でアットホームな学習環境

PALETTE SCHOOLでは、現在定員20名程度という少人数制を維持しており、とてもアットホームな環境で学べる語学学校と言えます。

生徒の人数が少ないため、講師やスタッフが生徒1人ひとりに対してケアやサポートがしやすく、他校に比べて充実していると言えます。また、学習面での相談にも対応しやすく、勉強や生活面で不明点や困ったことがあったりした場合などはすぐに相談できます。

また、PALETTE SCHOOLでは、語学学校では珍しく、講師との休日外出が認められています。多くの留学生が休日には講師たちと遊びに行き、楽しみながら休日も英語でコミュニケーションをとれるため、より、学んだ英語を生かせる機会が多いと言えます。

日本人スタッフによる手厚いサポート

PALETTE SCHOOLは、日本人資本の学校のため、日本人生徒に対する母国語でのサポート体制が非常に手厚い点が挙げられます。

特徴的なのは、日本人スタッフの人数です。正規のスタッフが6人程度、インターン生も常時3~5人程度いるので、留学生活や海外が始めてという方でも心配は要りません。また、男女間のバランスもとれているため、女性の留学生の方でも安心できますね。

PALETTE SCHOOL自体の生徒規模が少人数なので、生活のことから今後の進路のことまで、海外経験豊かな日本人スタッフによる行き届いたサポートが期待できます。

希望者は留学後にインターンシップにも参加可能

PALETTE SCHOOLには、「留学×インターンコース」という他校にはないコースがあり、希望する生徒は在学中にNPO法人のPALETTE にてインターンシップの申請を行うことができます。

インターンの種類には「語学学校の運営サポート」と「NPO団体による若者支援事業」の2つがあります。どちらの業務もPALETTEの預かりとなり、またインターンに申請するうえでの条件は、ソーシャルビジネスに興味があることが前提となり、基礎レベルの英語力は必須となります。

まずは、PALETTE SCHOOL自体で留学を終えたうえで、基礎レベルの英語力があるかどうかを判断されます。その後申請が通過した生徒は、その後のインターンを通してより実践的な英語力や、ソーシャルビジネスに関しての知識や活動力を養うという流れです。

国際協力や、ソーシャルビジネスに元々興味があった方はもちろんのこと、PALETTE SCHOOL入学を通して新たに興味を持った方でも申請は可能となります。

また、PALETTE SCHOOLがキャンパス施設として使っているGK Enchanted Farmにおいても、社会起業のハブ地として、世界中から多くの若者が海外インターンシップに挑戦しています。

同施設には、「農業」を始めとした「食品」「消耗品」「装飾品」などを取り扱う社会企業があります。企業はセクション毎に分かれていますが、自分がどういった形で社会活動を行いたいかが明確になっている人であれば、GK Enchanted Farmで他の多国籍の外国人インターンに交じって、自分自身もインターン生として挑戦することも可能です。

どちらのインターンにおいても、詳しい詳細に関しては現地に留学した際に、日本人スタッフが丁寧に教えてくれるため興味のある方は一度相談してみましょう。

PALETTE SCHOOLがおすすめできない人

PALETTE SCHOOLは、通常の語学学校に比べ、ソーシャルアクティビティや国際ボランティア活動などの英語学習以外の面で特色が強く個性的な学校と言えます。

そのため、一般的な語学学校とは授業カリキュラや生活様式が少々異なり、人によっては向き不向きがあります。

以下は、特にPALETTE SCHOOLが向いていない人の2つの傾向になります。

【PALETTE SCHOOLが向いていない人】

  • アカデミックな授業方針で英語の上達を望む人
  • 社会活動や貧困地域などに抵抗がある人
  • 快適な施設での留学生活を望む人

留学生の方で、たとえば就職や転職のために国際試験(TOEICやIELTSなど)の点数アップなどがマストで求められる方には、PALETTE SCHOOLはあまりおすすめしません。

PALETTE SCHOOLスクールでも、優秀な講師陣がしっかりと指導をしてくれますが、国際試験など専門的なのコースなどは特に設けておらず、またそういったアカデミックな授業を希望する生徒がいたとしても講師の方々は用意がないため対応でき兼ねてしまいます。

PALETTE SCHOOLでは、基本的に留学初心者の方や、英語学習が中上級者までの英語教育をメインに行っているため、よりハイレベルな授業水準を求める上級者の方などは、セブやマニラなどのスパルタ校やセミスパルタ校をおすすめします。

また、PALETTE SCHOOLでは、校風そのものがボランティアや社会起業活動に熱心な気質のため、そういった分野に関しての関心が薄かったり、また、貧困地域や発展途上国の貧しい人たちとの触れ合いなどに、抵抗を感じる方には少し滞在しにくい環境と言えるでしょう。

施設面においても、生徒が滞在する寮は自然の中に建てられている校舎のため、エアコンやWi-Fiなどの設備は基本的にはついておらず、住環境は日本とは少々異なる施設にて滞在してもらうことになります。

フィリピン留学にリゾート地などの期待を込めて留学される方には市内やセブ島などの快適な設備のある学校をおすすめします。

上記になどに当てはまる人は、一度学校選びを再考してみましょう。

自然の中で過ごす田舎留学体験

PALETTE SCHOOLに留学する方は、フィリピンの自然の中での田舎暮らしを体験することとなります。

PALETTE SCHOOLは、フィリピンの「ブラカン州 アンガット市」という首都マニラから車で2時間程度離れた、のどかな郊外に位置しています。

そのため、セブやマニラに点在する他校と比べて、のどかな地域に点在しており、都心の喧騒から逃れて、ゆっくりとした自然の中で留学生活を送りたい方にはおすすめできる環境と言えるでしょう。

なお、田舎暮らしとは言え、滞在先のブラカンから首都のマニラまではバスも定期的に運行しているため、観光や食事、ショッピングなどで都心に出ることもできますのでその点は安心してください。

また、PALETTE SCHOOLは、国際NGOの施設内に立地しているため、24時間体制で複数人の現地スタッフが警備をしています。学校自体が自然豊かな地域にあるので、危険な事件がア起こることもなく、治安面での心配は必要ありません。

ビュッフェスタイルのオーガニックフードの食事

PALETTE SCHOOLでの留学生の食事は、NGO施設のGK Farm内のレストラン「Grass Roots Kitchen」にて提供されます。

Grass Roots Kitchenは、フィリピン国内ではテレビで何度も紹介されるほど、フィリピンでは有名なお店です。食事はすべてビュッフェスタイルで、完全オーガニックなとれたて野菜や卵やお米などを毎食味わうことができるのも大きな魅力の点と言えます。

日本では、オーガニックの食材はどうしても値段が高く、頻繁に口にする機会も少ないですが、PALETTE SCHOOLに滞在する生徒たちは朝昼晩と健康的な食生活を送ることができるため、健康志向が強い留学生の方にもおすすめできる学校と言えます。

PALETTE SCHOOLの授業プログラム

PALETTE SCHOOLでは、3種類の英語授業プログラムを選択し受講できます

以下は、プログラムごとのコマ数の一例や、大まかなコース概要に関してまとめたものです。

【ESL】コース

ESL

コース

コマ数 概要
Basic マンツーマン:5

グループ:1

初心者の方が英語を話すことにより慣れていくためのコースです。英語になれていない方でも安心して授業を受けられるよう、教師陣が生徒一人一人に合わせた学習方法でサポートします。
Super Beginner マンツーマン:5

サポート:1

Basicよりもさらに初心者の、英語超初心者の方を対象としています。英語が全く分からない状態から英語への苦手意識をなくし、英語を使って基本的なコミュニケーションをとれるようにすることを目的としています。

 

【Business】コース

Business

コース

コマ数 概要
Business マンツーマン:5

グループ:1

相手に自分の考えを伝え、交渉・協力し、ビジネスシーンで成果を出すための実践的な英語学習に集中したコースとなっています。1日5時間のマンツーマンクラス、1コマのグループクラスを受講できます。