フィリピン・セブ島留学のメリットとデメリット

フィリピン・セブ島留学

フィリピン・セブ島留学は、英語の基礎ができているけど英会話は苦手で、安く、早く英会話に慣れたい人にはメリットが多いです。

しかし、現地の人と交流しながら見聞や視野を広げることを留学に求める人にはメリットが少ないです。

なぜなら、セブ島留学の一番のメリットは、「格安でマンツーマンレッスンがたくさん受けられること」であり、最大のデメリットは、「授業以外で英語に囲まれた生活をするチャンスに乏しいこと」だからです。

フィリピンは世界でも3番目に、英語を話す人口が多い国ですが、フィリピン人の母国語はフィリピン語(タガログ語)であり、英語ネイティブではありません。

そのため、街中では、ブロークンイングリッシュを話す人が多く、実生活から英語を学べるチャンスは英語圏に留学した時よりも少ないです。

本当に英語ができるようになりたい人は、日本で英語の文法や単語の基礎固めをし、マンツーマンレッスンが多いフィリピン・セブ島留学で英会話能力を上げ、アメリカやオーストラリアなど英語圏での留学や、ワーホリで、英語に囲まれた生活をしながら実用的な英語のスキルアップをするのが得策です。

この記事では、フィリピン・セブ島留学のメリットとデメリットを6個ずつ、他国への留学と比較しながら紹介します。

フィリピン・セブ島留学のメリット①留学費用が安い

フィリピン・セブ島留学のメリット1つ目は、留学費用が格安なことです。

フィリピンは、日本や英語圏に比べ、物価や人件費、航空券代が安いため、1カ月25万円程度の資金で留学をすることが可能です。

アメリカやオーストラリアへの留学は、フィリピン・セブ島留学の2倍程度の費用がかかるため、親にお金を借りたり、留学貯金をしたりしなければいけない人もいるかと思います。

しかし、フィリピン・セブ島留学は、1カ月3万円の貯金でも、1年後には1カ月分の留学資金を貯めることができるため、アルバイト収入の方でも手軽に留学できるのがメリットです。

※フィリピン・セブ島留学の費用が安い理由は、「格安で行けるフィリピン・セブ島留学は1カ月25万円」(https://ryugaku.woshiru.com/cebutouryugaku_hiyou/)で詳しく紹介しています。

フィリピン・セブ島留学のメリット②マンツーマン授業が多い

フィリピン・セブ島留学の語学学校では、1日の授業の半分以上がマンツーマンレッスンです。

一法、アメリカなど英語圏の語学学校は、グループ授業がメインで、マンツーマンレッスンがある学校は稀です。

グループ授業では、人前で英語を話すことに慣れていないと、授業中に発言をすることは難しく、授業についていけなくなる可能性があるため、英語初心者にはストレスが多くなります。

とくに日本人は間違った発言をすることを恐れたり、声が小さかったりするため、声が大きく間違った発言も気にしない欧米人が多いグループ授業中に、英語で発言をすることは困難です。

フィリピン・セブ島留学のマンツーマン授業では、思う存分自分のペースで授業を進めていけるだけでなく、グループ授業で分からなかったことも、マンツーマン授業で確認することができます。

また、マンツーマン授業では、生徒は自分しかおらず、逃げ場がないため、なんとなく授業をやりすごすこともできません。

そのため、フィリピン人講師との授業を成り立たせるために、留学生は、復習や自習をしなければならず、必然的に英語学習の時間が長くなるというメリットもあります。

留学費用を抑えたい人の留学先の候補で上がりやすい場所には、フィジーやマルタがありますが、フィジーやマルタ留学でも、授業形態は、グループレッスンがメインなため、マンツーマン授業を沢山うけたい人には、フィリピン・セブ島留学がおすすめです。

フィリピン・セブ島留学のメリット③日本に一時帰国しやすい

フィリピン・セブ島は、渡航時間や航空券代の面から、留学中も日本に一時帰国しやすいです。

以下は、フィリピン・セブ島と、アメリカ、カナダ、オーストラリア、フィジー、マルタへの渡航時間や往復航空券代を比べた表です。

スカイスキャナーで検索した2019年6/2~6/30(留学期間4週間)の最適渡航プラン

渡航時間 往復航空券代
フィリピン・セブ島 平均5時間03分(直行便) 47,981円
アメリカ・ロサンゼルス 平均10時間33分(直行便) 134,833円
カナダ・バンクーバー 平均9時間45分(直行便) 132,181円
オーストラリア・シドニー 平均11時間23分

(往路:乗継1回、復路:直行便)

81,770円
フィジー・ナンディ 平均17時間10分(乗継1回) 116,251円
マルタ 平均21時間08分(乗継2回) 96,196円

上の表でわかるように、日本からフィリピン・セブ島へは、渡航時間も航空券代も、他国の2分の1から3分の1程度です。

そのため、フィリピン・セブ島留学は、仕事や友人の結婚式の関係で日本に一時帰国したい人でも、負担なく留学できるというメリットがあります。

フィリピン・セブ島留学のメリット④留学前の準備が簡単

フィリピン・セブ島留学では、エージェントの手数料が無料だったり、渡航前にビザの準備をしなくてよかったりするため、他国への留学よりも準備が簡単です。

例えば、アメリカでは、1カ月などの短期留学でも週に18時間以上の授業があるフルタイムの留学生の場合、日本でアメリカの学生ビザを取得しておかなければいけません。

一方、フィリピン・セブ島留学では、フィリピンには観光ビザで入国をし、現地に到着後、ビザや就学許可証、外国人登録証の申請をするため、日本にいる間にしなければいけない準備が少ないです。

また、ほとんどのフィリピン留学エージェントは、手数料無料で学校の紹介や手続きの代行をしてくれるため、仕事で忙しい人や海外初心者でも安心して留学準備をすすめることができます。

留学に向けてビザの申請を行うことは、勉強にはなりますが、書類を揃えたり、大使館に出向いたりと、休みが取りづらい社会人には負担になることがあります。

フィリピン・セブ島留学では、現地でのビザの申請も、語学学校が代行してくれるため、留学生は英語学習に集中できるというメリットがあります。

フィリピン・セブ島留学のメリット⑤日本人スタッフがいるから安心

フィリピン・セブ島のほとんどの語学学校には、日本人スタッフか日本語が話せるスタッフがいるため、海外に行ったことがない人や、英語超初心者でも安心して留学できます。

アメリカやオーストラリアなど英語圏の語学学校では、通常、日本人スタッフはいないため、学校生活のオリエンテーションはすべて英語で説明されます。

一方、フィリピン・セブ島留学では、留学開始時のオリエンテーションは日本人スタッフにより日本語で行われ、留学中もわからないことは日本人スタッフに日本語で質問をすることができるため、英語超初心者でも安心して留学生活を始めることができます。

ただし、留学中は生活のすべてを英語にしてしまった方が英語での思考力がつき、英語力が上がりやすいため、フィリピン・セブ島留学でも、留学生活に慣れてきたら、日本人スタッフには頼りすぎないようにすることが大切です。

フィリピン・セブ島留学のメリット⑥海が近くリゾート感覚を味わうことができる

フィリピン・セブ島はリゾート地なため、英語学習をしながら、リゾート気分を味わうことができます。

そのため、海をみたり、スクーバダイビングをしたりするのが好きな人には、フィリピン・セブ島はおすすめの留学地です。

フィリピン・セブ島留学では、ボートに乗って近隣の島を渡りながらスクーバダイビングをするアイランドホッピングや、ジンベイザメと泳ぐツアーなどが人気です。

語学学校が、海でのアクティビティを開催していることもあるので、現地のツアー会社とのやりとりが不安な方でも安心して、リゾート地を楽しむことができます。

※フィリピン・セブ島留学でのアクティビティについては、「フィリピン・セブ島でおすすめのリゾート留学とアクティビティ」(https://ryugaku.woshiru.com/sebu_rizo-to/)で詳しく紹介しています。

フィリピン・セブ州のマクタン島には、海が見える語学学校が多いため、海の近くで留学したい人は、マクタン島にある語学学校がおすすめです。

フィリピン・セブ島留学のデメリット①治安が悪い

フィリピン・セブ島は、途上国で、銃社会でもあるため、日本に比べると、治安が悪いです。

ただし、アメリカやカナダなどの先進国でも、フィリピンと同じような犯罪率が出ているため、フィリピンに限らず留学を検討している方は、日本が特別に安全だという意識をもつことが大切です。

世界各地の治安や安全性は、世界中の様々なデータベースを記録しているNUMBEOで確認することができますが、NUMBEOで日本人に人気の留学国の治安を調べた結果は、以下の通りです。

場所 Crime Index(犯罪指数) Safety Score(安全指数)
フィリピン・セブ島 45.75 54.25
アメリカ・ロサンゼルス 36.14 63.86
カナダ・バンクーバー 35.80 64.20
オーストラリア・シドニー 38.05 61.95
フィジー・ナディ 46.32 53.68
マルタ・ヴァレッタ 30.00 70.00
日本・東京 16.69 83.31

上の表をみるとわかる通り、日本の安全度は、他国と比べると別格です。

そのため、留学をしたい人は、留学先に関わらず、気を引き締めて海外生活を送るようにしてください。

※フィリピン・セブ島での治安情報は、「フィリピン・セブ島留学の治安と注意点」(https://ryugaku.woshiru.com/philippines_cebu_chian/)で詳しく紹介しています。

フィリピン・セブ島留学のデメリット②日本人が多い

フィリピン・セブ島の語学学校には日本人が多いため、留学中も日本語が話せてしまう環境だというデメリットがあります。

ただし、欧米やマルタの語学学校でも、レベルが高いクラスに入らないと、日本人が一人もいないクラスに入れることは滅多にありません。

また、日本人が少ない場所に留学したとしても、日本人がいれば、日本人同士で仲良くなりがちです。

そのため、留学中は、「英語学習に集中する」「日本人とは最小限しかつるまない」などのルールを自分で作り、英語学習を妨げる要素を省くようして、英語力をあげることが重要です。

フィリピン・セブ島の語学学校には、母国語を話してはいけないEOP制度を設けている学校があるため、留学中に日本語を遠ざけたい人は、EOP実施の学校を選びましょう。

フィリピン・セブ島留学のデメリット③Wi-Fiが遅い

フィリピン・セブ島は、日本に比べ、Wi-Fi速度が2倍以上遅いです。

世界各国のインターネット速度を調査しているSPEEDTESTという会社の調査結果では、フィリピンのインターネット速度が多国に比べて、格段に遅いことがわかります。

2019年3月時点の世界各国のインターネット速度ランキング

モバイル 固定
フィリピン 103位 101位
アメリカ・ロサンゼルス 38位 8位
カナダ 2位 12位
オーストラリア・シドニー 5位 62位
フィジー・ナディ 77位 107位
マルタ・ヴァレッタ 13位 24位
日本・東京 46位 20位

参考:SPEEDTEST社による2019年3月の世界各国のネット速度ランキング(https://www.speedtest.net/global-index)

フィリピンでは、空港をはじめ、カフェやホテル、学校と至る所にFree-Wi-Fiがありますが、速度が遅いため、仕事でネットを使う必要がある人にとっては不便です。

また、FacebookやインスタグラムなどのSNSサイトに画像を投稿するのが日課な人も、ネット回線の遅さにストレスを感じることがあるかもしれません。

そのため、フィリピン・セブ島留学中も快適なインターネット接続が必要だという人は、ポケットWi-Fiや、現地で購入できるSimカードの利用で、インターネット対策をする必要があります。

ただし、仕事でインターネットが必要ではない方の場合は、寮の部屋でもインターネットを快適に使えることで、YouTube動画を見続けたり、日本の友人とチャットをしすぎたりと英語の勉強がおろそかになってしまうこともあります。

フィリピン留学に向けてどんなWi-Fi対策をするかは、留学中の生活スタイルや優先順位を考えてから、適切なものを選びましょう。

フィリピン・セブ島留学のデメリット④食事が美味しくない

フィリピン・セブ島の語学学校の食事は、日本の食事ほど美味しくはないです。

また、フィリピンの食事は、揚げ物など脂っこいものが多く、野菜が取りづらいため、日本人は体調を崩しやすいというデメリットもあります。

そのため、フィリピン・セブ島留学をする人は、野菜にかわる栄養をとれるサプリメントや青汁を持参するのがおすすめです。

生活の中で食事の重要度が高い方は、食事の美味しさで有名なHowdyという語学学校や、ホテル内に併設されている日本食レストランの食事が食べられるCAEAもあるので、検討してみてください。

フィリピン・セブ島留学のデメリット⑤フィリピン訛りの英語を話す講師がいる

フィリピン人講師の中には、フィリピン訛りの英語を話す人がいるため、英語上級者でネイティブの英語に慣れている人は、フィリピン訛りの英語を話す講師から授業をうけることに違和感をもつことがあります。

ただし、多くのフィリピン人講師は、英語ネイティブの発音とほぼ変わりない、アメリカンイングリッシュを話します。

フィリピンは、欧米の企業がコールセンターを置くほど、世界に通じる英語を話せる人が多い国です。

英語初心者や英語中級者にとっては、フィリピン訛りの講師に英語を習っても、英語学習の弊害になることはほとんどありません。

また、世界中で英語を使ってビジネスを行っている人は、きれいなアメリカ英語やイギリス英語を話す英語ネイティブだけではありません。

英語でコミュニケーションをとるときには、フィリピン訛り、インド訛り、サウジアラビア訛り、オーストラリア訛り、韓国訛り、日本訛りなど、世界各地の訛りがある英語に慣れておくことも大切です。

訛りがある英語になれておくことは、世界中の人と英語を話すときの強みになるというメリットでもあります。

ちなみに、フィリピン・セブ島には、ネイティブ講師の授業が受けられる、CPILS(シピルス)、Philinter(フィリンター)、ETHOS(エトス)、Genius English、CIAなどの語学学校もあります。

英語圏でネイティブ講師の授業をうけたいけど、費用的にフィリピン・セブ島留学を検討しているという方は、上で紹介したような、ネイティブ講師の授業がうけられる学校がおすすめです。

フィリピン・セブ島留学のデメリット⑥フィリピン留学後、欧米に行っても英語が聞き取れず自信喪失する

フィリピン・セブ島留学では、フィリピン人講師が遅いスピードで話してくれたり、生徒のレベルに合わせた単語や表現を使ってくれたりするため、欧米に行った時にネイティブで話す英語の速度や表現についていけず、自信喪失することがあります。

そのため、フィリピン留学後に、アメリカやオーストラリア、カナダなど英語ネイティブが多い国に行く予定がある人は、上の章で紹介した、ネイティブ講師がいる学校に留学して、英語ネイティブの話すスピードや表現に慣れておくのがおすすめです。

また、フィリピン・セブ島では、街中でブロークンイングリッシュを話す人が多いため、英語初心者でも、怖気づかずに英語を使う練習をすることができます。

長期的に英語力を上げていきたいと考えている人は、フィリピン・セブ島留学で英語の発言力を高める事に比重を置き、英語圏に行ってから、実生活の中で、英語ネイティブとコミュニケーションをして、英語圏での生きた英語を学ぶのがおすすめです。