英語力上達なら日本人にはフィリピン留学が最適!

フィリピン・セブ島留学

フィリピン留学は、今や日本人の英語留学には無くてはならない人気の留学先として認知されるようになりました。

ただ、まだ多くの方の認識では「本当にフィリピンで英語が学べるのか?」「そもそもフィリピン人って英語喋れるの?」と疑問視する声が多いのが現状ですが、実際フィリピン人の英語力は日本人よりも遥かに優れているという事実があります。

 また、フィリピン留学の持つ特色が、日本人の英語初心者が上達する上で最適な環境であるということが言えるため、英語を学びたいけれど躊躇している方は、魅力的な特徴を踏まえた上で「なぜ最適な環境なのか?」という点を確認していきましょう。

フィリピン人の英語力は非英語圏では世界トップレベル

日本人には意外と知られていませんが、フィリピン人の英語力は非英語圏の国の中でも世界トップレベルに高い水準を誇ります。

フィリピンは、かつて1900年代初頭にアメリカの植民地国であったため、英語を習得することが、必要不可欠な事実として存在していました。

また、フィリピンは自国での就職率が非常に低く、若者にとっては外国での就労が求められます。それにより、英語を喋れないと国外での就労が厳しいことから、政府も初等教育の時点で、徹底した英語教育を子供たちに施しています。

その成果は、非英語圏の国を対象とし毎年行われている「英語能力指数(EPI)」の調査結果に表れており、欧州諸国が上位を占める中、フィリピンはアジアでシンガポールに次いで第2位の英語力の高さです。

その高い英語力が認められ、フィリピンは外資企業のBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)を受け入れており、世界一多くの外資系コールセンターが点在しています。ネイティブと変わらない英語力が世界的に買われている充分な証拠と言えるでしょう。

このように、フィリピン人は母語同然のように英語教育を受けているため、その英語力はネイティブスピーカーに匹敵しています。

フィリピンが日本人にとって「最も近くの英語を学べる国」として、信頼できる英語教育の地と言うことが言えるでしょう。

日本人がフィリピン英語の「訛り」を気にする必要はない

日本人の方には、フィリピン人の「英語訛り」を気にし、留学を躊躇する方がいます。確かにフィリピン人の話す英語には多少の訛りがありますが気にする必要はありません。

理由として、上級者でもない限り、日本人は「訛りを気にするレベルに達していない」ということが言えるためです。

とくにフィリピン留学を検討している方はこれから英語を勉強しようという超初心者の方や、初中級者レベルの方が殆どでしょう。

初心者の方は、まずは英語の基礎力を身に着ける段階ですので、訛りに気づくほどのリスニング力はありません。また、意思疎通を図る上で、訛りが障害になる心配も無いと言えます。

語学学校で勤務している講師は、どの学校の採用の際にもフィリピン訛りを矯正する必要があるため、学校で受ける授業で講師による英語の訛りはほぼ無く、またフィリピン訛りが自分にうつるかもという心配もないため、安心して授業を受けることが出来ます。

フィリピン留学最大の魅力はマンツーマン授業にあり

フィリピン留学が、日本人から選ばれる大きな魅力の1つに充実した「マンツーマン授業」が挙げられます。

マンツーマン授業では、生徒は講師と1対1の環境で授業を行うため、自分のペースで、疑問を解消しながら密度の高い授業を受けることが出来るのが特徴です。

また、このマンツーマン授業は、非常に日本人の性格に適した授業方針と言えます。

 その理由として、日本人は多人数のグループレッスンの場で発言することが苦手なためです。フィリピン以外の英語圏の語学学校では、授業はグループレッスン主体で、フィリピン留学のようなマンツーマン授業がメインの授業方針を取っていません。

とくに英語初心者の方は、自身の英語力に自信がないため、グループレッスンで間違えてしまうことを恐れてしまい、積極的な発言が行えないという日本人特有の問題があります。

その結果として、授業を、ただ聞いてしまうだけで終わってしまい、重要な英語で発言するというアウトプットが行えないということになります。

マンツーマン授業では、そういったグループレッスンで陥りがちな心配は少なく、生徒は講師に気軽に質問が行えるため、その結果、疑問箇所や不明点をそのまま放置せず、その場で解決することが出来ます。初心者に大切なインプットとアウトプットのバランスがうまく取れて上達には非常に効果的です。

マンツーマン授業がメインのフィリピン留学は、英語初心者の日本人にとっては、積極的に学習できる最適な学習環境が整っているということが言えますね。

より「英語漬け」になれる環境の「スパルタ式教育」

フィリピン留学では、「スパルタ式教育」と呼ばれる、フィリピン特有の学習環境が有名です。

スパルタ式教育は英語力上達のために、厳しい規則を設けている学校のことを指します。

通常の語学学校(ノンスパルタと呼ばれる)に比べて、スパルタ式の学校は、より長時間の授業時間や、生徒に課している学習規則が多いのが特徴的です。

通常の語学学校では、授業時間の平均は1日7時間ほどです。この時間だけでも英語圏の留学と比べれば充分に長い授業時間ですが、スパルタ校では。さらに長い授業を設けており、多い学校では、授業時間は11~12時間にも及びます。

また、学習規則が厳しく、早朝の義務自習や、放課後の義務自習は当たり前です。また、毎日の単語や文法のテストが存在し、平日は外出禁止制度などが定められているのが一般的です。このように、上達意識の高い生徒でないと弱音を吐いてしまいそうなほど、英語学習に一日のほとんどを費やします。

その分、朝から晩まで「英語漬け」で勉強ができる環境が整っており、圧倒的な学習量に繋がるため短期留学でも英語力が上達できるため効率性に非常に優れています。

自己管理が苦手で怠けてしまいそうな方や、英語力上達の意識が高い方から、スパルタ式の学校は圧倒的に支持されているため、覚悟のある方にはおすすめします。

なお、スパルタ式を用いている語学学校は、セブを中心にいくつか点在しますが、筆者がおすすめする学校はセブの「EV ACADEMY」が挙げられます。学校に関してより詳しく知りたい方は以下の紹介記事を参照してください。

「英語学習メソッド」を用いた体系的な教育

フィリピン留学では、欧米圏留学さながらの体系的な「英語学習メソッド」を積極的に用いた英語教育を行っています。

英語学習メソッドとは、主にネイティブとの対話力向上に焦点を置き開発されている学習法のことを指します。

英語学習メソッドを用いる大きなメリットとして、通常の英語教育に比べてより効率的で短期間での上達が期待できる点にあると言えます。

本来、メソッド式学習は、英語圏への留学かまた、英会話教室などで高い学費を支払ってしか受けられませんでしたが、近年フィリピンの語学学校では英語学習メソッドを導入しだしたため、より高いレベルでの授業がフィリピンで受けられて新たな留学の魅力の1つと言えるでしょう。

以下に、フィリピンでも用いられている、代表的な英語学習メソッドをまとめました。

【フィリピン留学で用いられている英語学習メソッド】

  • カランメソッド
  • DMEメソッド
  • アクティブリスニング・PREP法

カランメソッド

「カランメソッド」とは、英国が発祥の学習メソッドです。

カランメソッドの特徴は、「生徒は講師の質問にひたすら返答する」という、シャドーイング型の会話メソッドであると言えます。

授業内容は、講師が早口で行う質問に、生徒は瞬発的に回答を出さなければいけず、質問に対して単語のみや、「YES」などの返答のみで答えることは禁止されます。

また、講師の文法に沿った質問が投げられるため、必ず相手の質問の文法と同じようにフルセンテンスで返答しなければなりません。この際に、回答に時間をおいたり、テキストを見たりすることは禁止されます。

カランメソッドのメリットは、英語で即座に返答しなければならないため、反射的会話力と、正しい発音の矯正、また相手の質問を瞬時に聞き取る集中したリスニング力が培えます。

初心者の方は、始めの段階では難易度が少々高いですが、早いうちからカランメソッドに慣れておくと、瞬発的で簡潔な英会話のノウハウが身につき、ネイティブスピーカーとの会話にも抵抗感が無くなり自然な返答能力が身に付くためおすすめです。

カランメソッド式を用いている語学学校はフィリピン国内にいくつか点在しますが、筆者がおすすめする学校はセブの「QQ English」が挙げられます。学校に関してより詳しく知りたい方は以下の紹介記事を参照してください。

DMEメソッド

「DMEメソッド(ダイレクトメソッド)」とは、対話法メソッドの1つです。内容は「講師との質問・回答」をひたすら繰り返すというものです。

一見すると、前述の「カランメソッド」と、ほぼ同じと言えますが、違いとしてはDMEメソッドでは、生徒から講師への質問も許可されているため質問力を培うこともできます。

質問される内容によっては、自由な回答が許可されており、カランメソッドと比べてコミュニケーションスキルの要素が高いという点で異なるメソッドです。

また、DMEメソッドはカランメソッドよりも基礎的な文法を会話の中で学べるように構成されており、より初心者向きの基礎学習メソッドということが言えます。

 なお、DMEメソッドを用いている、筆者がおすすめの語学学校には「PICO」が挙げられます。学校に関してより詳しく知りたい方は以下の紹介記事を参照してください。

PREP法・アクティブリスニング

「PREP法」とは、ビジネス英語でも用いられている簡潔に相手に意思疎通を行う対話技法のことを指します。

また、「アクティブリスニング」とは、相手の会話の本質や伝えたい内容や感情を的確に把握するリスニング技法の1つです。

2つのメソッドは、欧米圏ではスタンダードに認知されている学習法として用いられており、PREP法とアクティブリスニングは対で使われることが多いです。

PREP法を学ぶことにより、生徒はロジカルな表現領域が広がり、初心者でもより簡潔でストレートな英語会話能力や会話構成能力の習得が可能になります。

また、アクティブリスニングを通して、相手の話の内容をいち早くコツをつかみ、理解する力を身に着け、集中して聞くだけではなく、相手の発した単語や言い回しなどを、自身でもすぐに真似して会話できるような、リスニング能力の向上が可能になります。

なお、PREP法とアクティブリスニングを用いている、筆者がおすすめの語学学校は、セブの「IDEA ACADEMIA」が挙げられます。学校に関してより詳しく知りたい方は以下の紹介記事を参照してください。