フィリピン・セブ留学に必要な語学力

フィリピン・セブ島留学

フィリピン留学に興味を持った英語初心者の方の中には、「果たして自分の英語力で留学が可能なのか?」と疑問や不安を抱く方も見られます。

留学するにあたって、英語力は無いよりある方がもちろん望ましいです。しかし、だからといってフィリピン留学では、事前に高い語学力が求められるわけではありません。

フィリピン留学で事前に必要なのは、中学生で習う英語基礎力です。基礎英語力があるか、無いかでは、留学中の語学力の向上にも大きく左右してきます。

フィリピン留学を検討しているが、自身の語学力が気になって踏み切れない方は、留学前に必要な語学力の目安を把握しておき、日本滞在時からしっかりと準備しておきましょう。

留学前の理想的な語学力は「中学生レベル」

フィリピンの語学学校で学ぶ上で、理想とされる英語力は「中学生レベル」です。

中学生レベルの英語力が理想の理由としては、フィリピンの語学学校が基本的なカリキュラムで設けている「ESLコース」(基礎英語コース)のスタートレベルが、日本でいう中学生レベルの英語力に同等しているからです。

日本の中学校の英語義務教育は、他のアジア諸国の国と比べても大変進んでおり、英語授業で習う内容には、英語で意思疎通するための最低限の文法や単語力などの基礎が組み込まれています。

そのため、中学校レベルの英語を最低限理解していれば、学校で講師と英語での意思疎通が最低限行えるため、授業でついていけずに困るという心配も無くなり留学前の理想英語力としては充分なレベルに値します。

基本的知識を理解しておくだけでも、留学した際の学校での授業理解度に大きく関わってくるため、自信が無い方は改めて復習しておくことをおすすめします。

中学生レベルの英語力を養うために意識すべきポイント

フィリピン留学の前段階で、理想とする英語力は中学英語レベルですが、中学英語レベルの度合いというのは明確に決められているわけではありません。

確かに、英検やTOEICと言った英語試験では、中学レベルの英語力の目安となるスコアが定められています。しかし、ここで言う留学に必要な中学英語レベルとは、語学学校の授業を英語で受けた時に、上達につながる理解が可能かどうかの度合いとも言えます。

フィリピン留学を通して英語の上達をしたいのであれば、授業の内容が頭に入ってこないと留学の意味は成しません。留学初日から授業をしっかりと理解するには一定のレベルが必要となります。

そのため、語学力向上のための準備を行っておき、留学初日から授業が理解できるくらいの語学力を身に着けておくことが大切となります。

事前に勉強しておくことで、短期留学の場合でも、効果的に授業の内容が理解でき、自己学習する習慣も身に着けることができます。

もちろん、留学を通して本格的に英語の勉強を始める方が事前学習の時点で高いレベルに達している必要性はありません。ただし、基礎的な単語や文法、文章力が理解できるくらいには習得しておいた方がいいでしょう。

以下に、留学前に行うべき事前勉強のポイントをまとめてみました。

【留学前の事前学習で意識するべきポイント】

  • 文法や単語力を養っておく
  • 英文を読むことへの抵抗感を失くす
  • 出来るだけ英会話に慣れておく

これから留学をする上で英語学習を始めたいがどうしたらよいか分からないという方も、少しずつ英語学習に慣れていけば問題ありません。

文法や単語力を養っておく

フィリピン留学前の事前学習として、文法や単語力を最低限身に着けておくことをおすすめします。

フィリピン留学では、マンツーマン授業が中心となるため会話力の上達が期待できます。その反面、文法や単語力に特にフォーカスを当てて授業内容を組んでいる語学学校は少ないです。

また、語学学校で文法や単語の意味をすべて英語で学ぶことは、英語初心者の方には非常に複雑な課題となります。そのため、事前に日本で日本語の参考書を用いて勉強しておく方が効率的です。

単語に関しては、学校の授業中でも頻繁に耳にする文法を表す単語を事前に覚えておくことが重要です。

文法を表す単語とは、たとえば「動詞」(Verb)、「過去形」(Past tense)といったような文法の形態を指す単語のことを指します。

なお、中学レベルの英語力をまず習得するのであれば、初心者向けの参考書を選ぶことが大切です。

初心者の方が文法や単語を学ぶのに、おすすめできる参考書は「一億人の英文法」が挙げられます。

この参考書では、超初心者から初中級者向けに内容が組まれており、難解な文法やややこしい専門用語が省かれています。また、イラストが豊富なので初心者でも抵抗感なく勉強ができ、初心者向けの単語も合わせて網羅されているため単語学習の習得にもおすすめできます。

なお、昔の中学生時代に使っていた教科書を改めて用いることも効果的でしょう。また、最近では、社会人用の中学英語対策の専用参考書も販売されているため活用してみると良いです。

英文を読むことへの抵抗感を失くす

フィリピン現地の語学学校で使用する参考書はすべて英語書かれています。そのため、留学前の段階から英語で書かれた記事や、文章に触れる習慣を身に着けておくことをおすすめします。

英語学習初心者の方は、慣れない英文記事や文章を読もうとすることに、始めはどうしても抵抗感が生まれるものです。留学中に英語に対しての抵抗感があると、中々読む気にならず、上達の妨げになります。

そうならないためにも、留学前の段階から英語で記載された本やニュースなどに触れておき、少しでも英文記事への苦手意識を克服しておくことが大事です。

また、子供向けの英語の絵本を読むことも効果的です。絵本は簡単な単語で内容が簡潔にまとめられているためおすすめできます。

なお、初心者向けの読解教材としては、以下の「小学生のフォニックス」がおすすめできます。フォニックスとは、英語の単語のスペルを体系的に理解し、読む上での能力を向上させる学習法として、欧米諸国では非常にポピュラーです。日本人の初心者の方が英文を読むトレーニングの基礎としても効果的なためおすすめできます。

留学前段階で重要なのは、英語で書かれた物を「読む」という行為への慣れを身に着けることが最も重要なポイントとなるため、理解ができなくても始めは落ち込む必要はありません。

出来るだけ英会話に慣れておく

フィリピン留学では、講師とのマンツーマン授業が中心となるため、授業中は英語での会話が求められます。そのため、留学前段階からできるだけ英語を話す、耳にする機会を増やすことで英会話に少しでも慣れておくことが重要です。

日本で英会話に慣れ親しむためには、インターネットの「オンライン英会話」を留学前に経験しておくことが良いでしょう。

オンライン英会話がおすすめできる理由としては、自宅にいながら自分の好きな時間や曜日に格安でレッスンが受けられる点にあります。

通常の英会話教室と比べて料金が安く、各会社の相場としては月額6000円からとなっており、一回のレッスンでは約30分会話が可能です。また、講師も一般的なフィリピン人講師からネイティブ講師まで幅広く受講できるため、幅広い英語に触れることも可能です。

日本でも知名度の高い「DMM英会話」や、オンライン英会話業界最大手の「レアジョブ」など、会社により多様なサービスを展開しているため、興味を持った方は、留学前の1ヵ月間程度でも試してみることをおすすめします。

留学前に自分の語学力を把握しておく

フィリピン留学前に、語学力の事前学習を行っている方は、可能であれば自身の英語力が現在どれくらいなのかを把握しておくことをおすすめします。

現状の英語レベルを留学前に判断しておくことは、留学した際の自身の苦手箇所を知ることが出来、また今後の強化していきたい目標にもつながります。

また、留学を終えた後にも渡航前の語学力と比べてどれくらい自身が成長したかが体系的にわかりやすくなるため、帰国後の継続する自己学習にも役立ちます。

語学力を測るのに効果的な方法として、公式の語学試験を受けることが挙げられます。

一般的に人気の語学試験は「TOEIC」や「英検」、また英語圏の大学への進学を展望に入れている方は「IELTS」を受けてみることも良いでしょう。

フィリピン留学では、中学生程度の英語力が事前にあると理想的ですが、中学生レベルの英語力とは、一般的に英検3級程度、TOEICで350~500点程度の英語力を指します。

自身で上記のスコアを保持している、または留学前に獲得したという方は、中学レベルの英語力にすでに相当していると言えるでしょう。

語学試験の結果は、自信の英語力が社会的にどの位置にあるかの指針にもなるため、今後英語を活用して目標や予定がある方は参考材料の1つにもなります。

公式な語学試験をまだ受けたことがないという方は、留学の前段階から挑戦してみると、客観的な視点で自身の語学力が明確になるため、一度挑戦してみることをおすすめします。

語学力が”ゼロ”の状態で留学するのはリスクを伴う

留学生の中には、現地に行けば「どうせ嫌でも英語が覚えるだろう」と言った考えや、「留学すれば英語はなんとかなるだろう」という考えを持って留学する方もいます。

しかし、語学力がゼロの状態にもかかわらず、語学力に関して準備をせずにそのままの状態で留学することは大きなリスクを伴う可能性があると言えます。

現地の語学学校の講師はすべての授業を英語で指導します。フィリピン留学は初心者が多いため、講師は留学生の実力に沿って英語レベルを合わせてはくれますが、最低限の基礎英語力がなければ講師の言っている内容が理解できません。

内容が理解できないということは、いくらフィリピンの学校がマンツーマン主体と言え、講師とのコミュニケーションをとることすら不可能です。留学したにも関わらず、日本でも学習できるようなことを、わざわざ語学学校で学ばなければならず、学校で学べる時間や費用を浪費してしまうだけです。

事前に最低限の基礎英語力を身に着けておけば、講師の言っていることが聞き取れるだけの語学力は短期間で身に付けることは可能です。

留学を予定している方は、日本にいる間に怠けずに、早い段階から事前学習を行う習慣を身に着けておくことをおすすめします。