ワーホリ前の留学!英語力向上には「フィリピン留学」が最適

フィリピン・セブ島留学

留学の動機は人により様々ですが、その中でも近年多いのが、ワーホリ前にフィリピン留学を希望するケースです。

フィリピン留学を経験していない人は、なぜこれから英語圏の国にワーホリ行くのに、その前にフィリピン留学する必要があるのか?と疑問に思う方もいるでしょう。

基礎英語力の向上や、海外で今後長期滞在するうえでの耐性も養えることから、ワーホリ前の「準備期間」という認識でフィリピン留学を選ぶ方もいます。

そこでフィリピン留学は、なぜ、ワーホリ前に支持されるのかという特徴や、ワーホリを行うに辺り意識しておくべきポイントなどを説明していきます。

ワーホリを検討しているが、英語力が心配で決断できない、などの悩みを抱えている方にも、フィリピン留学はおすすめできるため、気になっている方はぜひ参考にしましょう。

なお、フィリピンはワーホリ加盟国ではないため、フィリピン自体でワーホリ制度を利用しての留学はできませんので注意しましょう。

フィリピン留学はワーホリ前の英語力上達に最適!

フィリピン留学では、英語初心者だからこそ必要になってくる「基礎英語力」が養える充分な環境が整っています。

また、初心者だけでなく、ある程度の英語力の土台を身に着けている中級者の方まで幅広くおすすめできる留学先と言えるでしょう。

特に、ワーホリで訪れる英語圏の国では、ある程度の意思疎通が行える英語力が無ければ働くことはおろか、生活していくのも非常に大変です。

ワーホリを検討しているが、現在自分の英語力に自信が無く基礎語学力をまずは養いという方には、努力次第では充分に上達が望める最適な学習環境が整っていると言えるでしょう。

フィリピン留学は英語圏の学校と比べて授業時間が豊富

フィリピン留学は、オーストラリアやカナダなどの英語圏にある語学学校と比べて、格段に安い留学費用で長時間の授業を受けることが可能です。

実際、英語圏の国のどの語学学校でも、長時間の授業レッスンは設けていません。学校の授業時間は、午前中から午後1時までと言った半日程度のカリキュラムがほとんどです。

その上、英語圏の語学学校では生徒の自主学習を多く設けているため、意識の高い生徒でなければ遊びの誘惑に負けてしまい、学校の授業時間以外は勉強せずに留学が終わってしまったというケースも珍しくありません。

その反面、フィリピンの語学学校では、平均的な授業時間が7時間~8時間と非常に長時間の授業を設けています。スパルタ式を採用している学校によっては、さらに長く11時間にも及ぶ学校もあります。

特に、英語学習初心者の方は、勉強のやり方や、基礎力に欠けているため、継続的に長い時間、勉強に取り組む必要性があります。そのため、生徒が一日中英語と触れ合える環境が整っているフィリピン留学は、ワーホリ前の上達には最適な学習環境であると言えるのです。

マンツーマンに特化した授業内容

フィリピンのほぼ全ての語学学校では、「マンツーマン」授業を主体としています。

マンツーマン形式授業の大きな魅力の1つに、授業中に講師を独占できる点にあります。

講師を独占できるということは、生徒は英語に対する理解度を充分に確認した上で、自分の学習ペースで授業を進められる点にあります。

また、マンツーマン授業の利点として、授業内の疑問な箇所や心配な部分は、その場ですぐに担当講師に聞くことが出来、必要とあれば繰り返し行うことが可能です。また、生徒と講師が1:1の状況のため、否応が無しに英語で会話することへの抵抗感も薄まっていきます。

それにより、英語で会話することに慣れるだけではなく、授業の疑問を解消しながら日々着実に基礎英語力が身についていきます。

ワーホリ国で訪れる英語圏の語学学校の授業は、基本的にグループレッスンがメインです。

そのため、充分な英語力が備わっていないと、授業についていけなくなるという恐れがあります。また、学校の授業だけではなく、実際にワーホリで就労する際にも英語の基礎力がないとお店や企業に採用してもらうことは当然難しくなっていきます。

英語力に自信のない方は、フィリピン留学で基礎的な英語力を養い、ワーホリで訪れる段階には、最低限の意思疎通が行えるように準備しておくことが大切です。

ワーホリ前には中級程度の英語力があれば望ましい

一般的に、英語圏の国にワーホリで渡航する際に必要望ましい英語力は中級以上と言われています。ここで言う中級以上の語学力とは、高校卒業程度の英語力です。

四技能(聞く・読む・書く・話す)が、最低限バランスよく行え、最も生活で必要な「話す」という面では、英語で自分の意思が最低限程度伝えられ、文法や単語を利用して多少の応用的な文章構成で会話が可能なレベルを指します。

また、TOEICで600点以上保持した経験のある方は、中級程度の英語力保持者と定められています。

英語力が中級程度あれば、英語圏でのコミュニケーションもある程度問題なく行えます。生活レベルで必要な英語の単語や文章も読解できるでしょう。

また、ワーホリで就労するうえで、重要なポイントは英語力にあります。英語力が高いほど、行える仕事の幅が広がり、希望の仕事や、高給な仕事も挑戦しやすくなります。

ワーホリ前に自主学習で中級程度にまで英語力を上げるのが難しいという方は、フィリピン留学を利用しましょう。フィリピンでは英語初心者の方が、1から英語の基礎力が培える学習環境が整っています。

もちろん、フィリピン留学せずとも英語力を上げる方法もあります。近年日本では、オンライン英会話などが非常に普及しており充実しています。ワーホリ前に英語力の基礎習得や、英語のブラッシュアップをしたい方には最適なため、積極的に利用することをおすすめします。

ワーホリを検討している方は、フィリピン留学や、日本での自主学習で英語レベルを中級程度に上げられるように意識して勉強に取り組みましょう。

英語力が無い状態でワーホリすると招くケース

ワーホリを検討している方の中には、とにかく現地で早く働いて、スキルアップや実践的な英語スキルを身に着けたいと思っている方も多いでしょう。

しかし、自身に充分な英語力がないにも関わらず、「現地に行くだけで自然と英語を話せるようになる」や「何とかなるだろう」などと言った甘い考えで留学すると痛い目を見ます。

英語力が無い段階でのワーホリが招くケースで最も多いケースが「現地で英語を使って働く仕事につけない」という問題です。

これは日本でも同様ですが、その国の母国語が話せなければ仕事にはなりません。雇用者からすれば賃金のことや仕事のルールも理解してもらえず不安です。

また、同僚や上司、また接客業であればお客さんと意思疎通をすることすら難しいため、雇用側としては英語が喋れない外国人を雇うメリットがありません。

そのため、英語を使用せずに、ただ黙々と肉体労働のみの仕事を選択しなければならなくなり、わざわざ異国の地で働く意味合いが無くなってくるのです。

また、現地の語学学校で授業についていけないという問題もあります。英語圏の学校はグループ授業が主体のため、最低限の英語力がないと授業中に何を言っているのかわかりません。

こうした上手く英語に適応出来ない状況が嫌で、ワーホリを途中放棄して日本に帰国する方も近年では多くいるようです。

このような事態を招く最たる原因はワーホリ前段階での、事前学習の有無が大きく関わってきます。そのため、自身の英語力が未熟だと感じる方は、フィリピン留学を経験してからワーホリに挑むことをおすすめします。

ワーホリの目的は人それぞれですが、本質的には英語学習です。お金稼ぎが主体となり、肝心の英語力が培われずに帰るような結果にならないよう、充分に意識して語学力の面も準備していきましょう。

既に英語力が備わっている人にはフィリピン留学は必要ない

ワーホリ渡航前に、フィリピン留学をおすすめするのは、英語力の基礎がまだ備わっていない英語初心者の方が該当します。反対に、既にワーホリ渡航前の段階で英語力が充分ある方には、あまりおすすめできません。

その理由として言えるのが、基本的にフィリピンの語学学校自体が英語初心者の方をメインとして授業内容を構成しているためです。

そのため、英語力が中上級レベルの方がワーホリ前にフィリピンで英語力をさらに強化しようと考えていても、フィリピンの語学学校では学べる伸びしろがあまり多くなく、反対に時間や費用の無駄を感じるおそれがあります。

自身のレベルがどの程度か分からないという方は、例えば一度TOEICなどの国際試験を受けてみることをおすすめします。

その際に、TOEIC 650点以上のスコアを獲得した場合には、既に中級レベルの位置にいると言って良いです。いち早く希望のワーホリ国に渡航して、より応用的で実践に近い英語を学ぶ方が最適です。

また、反対にTOEICが500点未満の場合には、ワーホリするには英語力が充分であるとは言えないため、一度フィリピンで英語力を研鑽してからワーホリに向かうのが良いでしょう。

中上級レベルの生徒の中には、ワーホリ前にTOEICやIELTSと言った試験対策を行いたい方もいるでしょう。そういった場合には、試験対策コースを専門的に扱っているフィリピンの語学学校で、よりスコアアップしてからワーホリに渡航するのも良い考えだと言えます。