ワーホリ前の準備期間!英語力向上には「フィリピン留学」が最適

フィリピン・セブ島留学

留学の動機は人により様々ですが、その中でも近年多いのが、ワーホリ前にフィリピン留学を希望するケースです。ちなみに、フィリピンはワーホリ加盟国ではないため、フィリピン自体でワーホリ制度を利用して留学はできません。

フィリピン留学を経験していない人は、なぜこれから英語圏の国にワーホリ行くのに、その前にフィリピン留学する必要があるのか?と疑問に思う方もいるでしょう。

基礎英語力の向上や、海外で今後長期滞在するうえでの耐性も養えることから、ワーホリ前の「準備期間」という認識でフィリピン留学を選ぶ方もいます。

そこでフィリピン留学は、なぜ、ワーホリ前に支持されるのかという特徴や、ワーホリを行うに辺り意識しておくべきポイントなどを説明していきます。

ワーホリを検討しているが、英語力が心配で決断できない、などの悩みを抱えている方にも、フィリピン留学はおすすめできるため、気になっている方はぜひ参考にしましょう。

フィリピン留学は「英語インプット」に最適な学習環境

フィリピン留学は英語の基礎的な能力が養えるため、英語初心者の方から、中級者の方まで幅広くおすすめできます。

特に、英語学習が不慣れで、ワーホリ前に自身の英語力に自信が無く、英語力を養いという初心者の方には、充分な英語力をインプットできる最適な学習環境が整っていると言えるでしょう。

フィリピン留学は英語圏の学校より授業時間が長い

フィリピン留学は、英語圏の学校に比べて、格段に安い費用で、長時間の授業を受けることが可能です。

ワーホリ国のカナダやオーストラリアにも語学学校はあります。しかし、英語圏の国の語学学校は長い時間授業が無く、基本的に学校の授業時間は午前中から午後1時程度のカリキュラムがほとんどです。

また、英語圏の国に留学した場合、フィリピン留学と比べて2.5倍程度の費用がかかります。高い費用を払っても、授業時間が短ければあまり効率の良い学習とはいえません。

その上、自主学習が多いため意識の高い生徒でなければ誘惑に負けてしまい、学校の授業時間以外は勉強しないという恐れがあります。

その反面、フィリピンの語学学校では平均的な授業時間が7時間~8時間と非常に長時間です。学校によっては「スパルタ方式」を採用しているため、授業時間は11時間程度にも及びます。

フィリピン留学では、生徒が一日中英語と触れ合う機会が多くあり、そのため短期間でも効率よく英語力の向上につながるというメカニズムが組まれています。

特に初心者の方は英語の基礎力に欠けているため、継続的で根気よくまずは英語学習に取り組む必要性があります。フィリピンの英語教育は厳しいですが英語が着実に身につくということが言えるのです。

「マンツーマン指導」に特化した授業

フィリピン語学学校の大きな特徴として、「マンツーマン形式」の授業内容が挙げられます。

マンツーマン形式授業の利点は、担当講師を独占できる点にあります。講師を独占できるということは、生徒は英語に対する理解度を充分に確認したうえで授業を進められます。

また、不明・疑問な箇所は、その場ですぐに担当講師に聞くことが出来ます。また、対面的な授業のため英語で会話することへの抵抗感も薄まっていきます。

それにより、英語で会話することに慣れるだけではなく、授業で生まれる疑問を解消でき、しっかりと基礎英語力が身についた状態でワーホリに挑めるのです。

ワーホリ国などの、英語圏の語学学校の授業はグループ形式がメインです。そのため、充分な英語力がないと授業についていけなくなるという恐れがあります。また、学校だけではなく、実際にワーホリで就労する際にも英語の基礎力がないと採用してもらうことは厳しくなってきます。

英語力に自信のない方は、フィリピン留学で基礎的な英語力を養い、ワーホリの際には問題なく意思疎通が行えるように備えておくといいですね。

ワーホリには中級程度の英語力があれば望ましい

一般的に、英語圏の国にワーホリで渡航する際に必要望ましい英語力は中級以上と言われています。ここで言う中級以上の語学力とは、高校卒業程度の英語力です。

四技能(聞く・読む・書く・話す)が、最低限バランスよく行え、最も生活で必要な「話す」という面では、英語で自分の意思が最低限程度伝えられ、文法や単語を利用して多少の応用的な文章構成で会話が可能なレベルを指します。

また、TOEICで600点以上保持した経験のある方は、中級程度の英語力保持者と定められています。

英語力が中級程度あれば、英語圏でのコミュニケーションもある程度問題なく行えます。生活レベルで必要な英語の単語や文章も読解できるでしょう。

また、ワーホリで就労するうえで、重要なポイントは英語力にあります。英語力が高いほど、行える仕事の幅が広がり、希望の仕事や、高給な仕事も挑戦しやすくなります。

ワーホリ前に自主学習で中級程度にまで英語力を上げるのが難しいという方は、フィリピン留学を利用しましょう。フィリピンでは英語初心者の方が、1から英語の基礎力が培える学習環境が整っています。

もちろん、フィリピン留学せずとも英語力を上げる方法もあります。近年日本では、オンライン英会話などが非常に普及しており充実しています。ワーホリ前に英語力の基礎習得や、英語のブラッシュアップをしたい方には最適なため、積極的に利用することをおすすめします。

ワーホリを検討している方は、フィリピン留学や、日本での自主学習で英語レベルを中級程度に上げられるように意識して勉強に取り組みましょう。

既に英語力がある人にはフィリピン留学は必要ない

ワーホリ前のフィリピン留学は、すでに英語力が中級以上ある方にはおすすめできません。

 理由としては、フィリピン留学は基本的にはどの学校も初心者~中上級者の方をメインとして授業内容を構成しています。そのため、すでに中級以上の方がワーホリ前に英語力を鍛えようと思った場合に、学校で学べる伸びしろが少なく、不必要に感じるおそれがあります。

自身の英語レベルが中級以上だと自覚されている方は、いち早くワーホリで渡航し、より応用的な英語を学ぶことをおすすめします。

また、費用や時間に余裕のある方は、現地の語学学校で改めて英語圏のネイティブな英語に慣れることをおすすめします。

現地の語学学校では、就労するうえでの実践的な応用英語力を養えます。レジュメやエントリーシートの書き方、また面接対策などを授業でも教えてくれるため、よりワーホリでいち早く仕事に就きやすくなるため最適ですね。

 英語力が無い段階でワーホリすると招くケース

ワーホリを検討している方の中には、とにかく現地で早く働いて、スキルアップや実践的な英語スキルを身に着けたいと思っている方も多いでしょう。

しかし、自身に充分な英語力がないにも関わらず、「現地に行くだけで自然と英語を話せるようになる」や「何とかなるだろう」などと言った甘い考えで留学すると痛い目を見ます。

英語力が無い段階でのワーホリが招くケースで最も多いケースが「現地で英語を使って働く仕事につけない」という問題です。

これは日本でも同様ですが、その国の母国語が話せなければ仕事にはなりません。雇用者からすれば賃金のことや仕事のルールも理解してもらえず不安です。

また、同僚や上司、また接客業であればお客さんと意思疎通をすることすら難しいため、雇用側としては英語が喋れない外国人を雇うメリットがありません。

 そのため、英語を使用せずに、ただ黙々と肉体労働のみの仕事を選択しなければならなくなり、わざわざ異国の地で働く意味合いが無くなってくるのです。

また、現地の語学学校で授業についていけないという問題もあります。英語圏の学校はグループ授業が主体のため、最低限の英語力がないと授業中に何を言っているのかわかりません。

こうした上手く英語に適応出来ない状況が嫌で、ワーホリを途中放棄して日本に帰国する方も近年では多くいるようです。

このような事態を招く最たる原因はワーホリ前段階での、事前学習の有無が大きく関わってきます。そのため、自身の英語力が未熟だと感じる方は、フィリピン留学を経験してからワーホリに挑むことをおすすめします。

ワーホリの目的は人それぞれですが、本質的には英語学習です。お金稼ぎが主体となり、肝心の英語力が培われずに帰るような結果にならないように充分に意識して準備していきましょう。

 ワーホリ先でも語学学校に入った方が良い理由

フィリピン留学を終え、ようやくワーホリ生活が始まると早く仕事を見つけて就労したいと思っている方が殆どだと思います。

しかし、可能であればワーホリ先の国でも、再度の語学学校に入ることをおすすめします。現地で語学学校に入るのは、英語力の面だけではなく今後生活する面でも様々なメリットがあります。以下はその理由をまとめたものです。

【ワーホリ先でも語学学校に入った方が良い理由】

  • 友人が作りやすい
  • 現地の情報を得やすい
  • 英語圏の英語に慣れる

学校に入ることにより現地での友人が作りやすいです。学校というコミュニティは、目的が同じ人間が集まるため、関係性を築きやすく、様々な友人との接点が生まれます。

友人ができると生活が充実します。慣れない異国の土地で、話し相手や悩みを相談できる人間がいないと、余計にホームシックなどにも陥りやすいです。

学校に入ることで、現地の情報を得やすくなるという良さもあります。これは生活面の情報だけでなく、その国の文化や習慣など、就業する上でも関わってくるため、有益な情報が得やすいです。

さらに、現地の語学学校では、ワーホリで来ている生徒のために、学校の掲示板などで仕事募集の情報を紹介しているところも多いです。学校経由の仕事は、健全でしっかりと法的な基準をクリアした案内しかないため、安心できる職場で働くこともできますね。

また、学校に入ることにより、ネイティブの英語に慣れることが出来ます。フィリピン人講師も限りなくネイティブに近いため、英語圏でも変わらないと感じるかもしれませんが、やはり発音や言い回しなど英語圏の国とは異なるため、フィリピン留学を終えた方でも、再度現地で学ぶことをおすすめします。

長期滞在の場合は海外転出届を出した方が良い

ワーホリで長期間日本を留守にするという方は、日本で海外転出届を事前に申請することをおすすめします。

特に、海外転出届を申請した方が良い方は、2か国語留学などで、日本に帰らずに長期間の海外滞在を行う予定の方です。

特に社会人の方で、ワーホリや留学をきっかけに仕事を退職した方などは、会社の社会保険に加入していないため、自身で保険料や年金、住民税を負担している方が殆どでしょう。

しかし、海外転出届を申請すると、国民年金や国民保険、住民税などが免除されます。これは転出届を出すことによって、一時的に日本国内から住民登録がなくなるため、こうした税金を払う必要が無くなるのです。

海外転出届はお住まいの区役所や、市役所などで申請が行えます。不明な方は、自身の住まいの地域で検索してみましょう。

申請方法は、パスポートを持参したうえで、住民登録窓口にその旨を伝え、専用の用紙に必要事項を記入するだけですので簡単です。

なお、海外転出届の申請は、一般的には1年以上の海外滞在者が該当とありますが、現在細かな法的取り決めは定められていません。自身の留学期間が1年以下の場合でも、一度申請してみることをおすすめします。

留学やワーホリを終えて、日本に帰国した際には、海外転出届を申請した公的機関で再度住民票の登録が行えます。帰国した際には忘れずに手続きしましょう。

ワーホリ圧倒的人気を誇る「オーストラリア」と「カナダ」

現在、日本人でフィリピン留学を希望する留学生の大半は、「オーストラリア」・「カナダ」への、ワーホリや2か国留学での渡航を目的とした方が殆どです。

以下に、それぞれの国のワーホリ渡航での条件や、特色を簡単にまとめてみました。どちらの国に行こうか迷っている方は参考にしてください。

【オーストラリア・カナダのワーホリでの特色】

オーストラリア カナダ
年齢制限 18~30歳まで 18~30歳まで
滞在期間 1年間(セカンドビザ取得可能) 1年間
学校に通える期間 4ヶ月以内 6ヶ月以内
就労条件 同一雇用主の元で6ヶ月以内 制限なし
その他の特色 ・最低賃金が高い
・ビザが取りやすい
・気候が温暖で温かい
・英語に訛りが少ない
・移民に優しい
・治安が良い

オーストラリア・カナダ共に、ワーホリビザの取得年齢制限は30歳までと定められています。これはつまり、31歳の誕生日を迎える前にビザを申請し、取得しておけば31歳を迎えても1年間はビザの有効期限で渡航可能です。

滞在期間はオーストラリア・カナダ共に1年間ですが、オーストラリアの場合は、政府が定めたファームなどで3か月以上の労働をすれば、もう1年間のセカンドビザが取得できます。

また、ワーホリビザは就労を目的としたビザのため、オーストラリア・カナダでは就労を含む滞在でないと認められません。そのため、現地で語学学校に通える期間は国によって異なります。上記を確認しておきましょう。

なお、就労条件に関しては、オーストラリアでは同じ雇用主のもとで長期労働は認められていません。そのため、6か月以内に次の職場を探さなければいけないため注意が必要です。

オーストラリアのワーホリ特色

オーストラリアは、最低賃金が日本よりも高く、時間単位18ドルが設けられています。そのため、資金調達や貯金などが動機で訪れる留学生も多い国です。

特にファームなどの農園では、高い時給で、住み込みでの滞在となるためお金が貯まりやすく人気があります。ただし、ファームでの労働では英語を使用する機会が少ないため英語力の向上を目的としている人にはあまりおすめできません。

また、オーストラリアは「ワーホリビザ」が取りやすいという利点があります。カナダやイギリスのような抽選制や先着順などを設けていないため、申請すれば基本的には受理されやすく、年間定員に達することはまずないでしょう。

生活するうえでも、オーストラリアは年間を通して温暖な気候の国です。国土が広いため一概には言えませんが、年間を通じて20度と温かいです。寒いのが苦手な方にはうってつけの環境とも言えますね。

カナダのワーホリ特色

カナダは、英語学習面で人気のあるワーホリ国です。大きな特徴として、カナダの英語は訛りが少なく、国民は流暢なアメリカ英語を話します。また、発音がきれいなため英語圏が初めての方でも英語が聞き取りやすいというメリットがあります。

また、カナダは移民が多いことでも知られている国です。そのため、国民が移民慣れしており、日本人に対しても非常に優しく接してきてくれます。

仕事の面でも、国籍を問わず能力に応じて役職をくれるため、スキルアップしたいという方にはおすすめです。

治安の面で、カナダは非常に安全な良い国として知られています。特にバンクーバーは世界の住みたい街ランキングなどで常に上位に上がるほど、治安面や生活面で充実している地です。女性が夜に独り歩きしていても問題ないため、女性の方でも安心して滞在できますね。