中学生、高校生のフィリピン留学が増加している理由【一歩先へ】

フィリピン・セブ島留学

中学生や高校生の方の中には、早い段階から就職や、大学進学のためといった自身の目的のために英語力を磨いている方も多いです。外国語が吸収しやすい中高生の段階から英語力を短期的に向上させたいためと、学校の長期休暇を利用してフィリピン留学へ行く方も年々増えています。

しかし、実際に留学に行ったことのない中高生の方にとっては、フィリピン留学にかかる実際の費用や、現地での暮らし、またフィリピンという異国の治安の面など、様々な不安要素から、留学を躊躇している方もいます。

結論から言えば、フィリピン留学は中高生にもオススメできます。フィリピン留学は、短期間で大学進学などの際に有利になる英語力の上達や、さらに中高生という早い段階で、国際的な視野や経験を身につけられるからです。

また、フィリピン留学にかかる費用は、他国の英語圏での留学費用に比べて、約2分の1の費用しかかからないため、中高生の方でも親に頼みやすく、またアルバイトをしている高校生の方などは、アルバイトで貯めたお金で留学することも可能です。

この記事では、中高生の方が夏休みなどの長期休暇等を利用して、フィリピン留学をすることのメリットや、また、実際に現地での暮らし方など紹介していきます。

フィリピン留学はアルバイト代でも留学できる

フィリピン留学は、他の英語圏への留学費用に比べて、格段に費用を抑えて留学することができます。高校生の方は、自身で貯めたアルバイト代でも留学できますね。

以下は、フィリピンを含めた中高生にも人気の留学先の国の1か月あたりの費用の概算になります。

【留学渡航先の費用一覧 ※1か月概算】

留学費用
アメリカ 46万円~
イギリス 43万円~
オーストラリア 43万円~
フィリピン 22万円~

上の表に記載されている留学費用に含まれているのは、留学時にかかる大まかな費用(入学金、授業料、テキスト代、寮費、寮デポジット、交通費、保険、航空券、空港送迎料、ビザ申請料、入学許可証国際郵送費用)です。

上の表をみると、フィリピンとアメリカでは、1か月の留学でかかる費用に約24万円の差があることがわかります。

1カ月の留学にかかる費用に約24万円もの差が出る大きな理由は主に、コース料金(学費+寮費)と航空券代によるものです。

 フィリピンは、日本と同じアジアに属するため、航空券代がアメリカに比べると格段に安いです。また物価や人件費も英語圏の国に比べると格段に安いため、1カ月約22~25万円程度の資金で留学をすることが可能です。

そのため、高校生の方でも親に留学費用の負担を頼みやすい点も大きな魅力の点です。

さらに、フィリピン留学は、上記の22~25万円の費用に、食費や現地での住居費用も含まれています。フィリピン留学では、週末を含む1日3食付きの食事と、生徒用の寮を併設している語学学校がほとんどです。そのため、食費を含む寮費は、コース代の中に始めから組み込まれており、外食をしなければ余計な食費がかかりません。

こうした理由から、親御さんからの経済的支援を受けている中高生の方には、フィリピン留学がオススメできます。

フィリピン留学で費用を削減できる方法

フィリピン留学は、他の英語圏の国と比べて格段に安く英語留学が可能ですが、さらに留学にかかる費用を削減することができます。削減の方法は以下の通りです。

【フィリピン留学の費用削減方法】
・授業料の安い地域を選ぶ
・大人数部屋を選ぶ

中高生の方は、留学費用を親御さんから捻出してもらう方が多いでしょう。留学にかかる負担を少しでも下げるためにも確認していきましょう。

授業料の安い地域を選ぶ

フィリピン留学では、留学する地域によって留学費用に差が出ます。

たとえば、都市部留学(セブやマニラ)に比べ地方(バギオ・クラーク・スービック・バコロド・ダバオ)留学では、たとえ英語コースが全く一緒でも1ヶ月の費用で3~5万円ほどの差がでます。

日本でもそうですが、都会は物価と人件費が高いので、留学費用に上乗せされてしまいます。

地方では、物価も人件費も都市部に比べ安いので留学費用も安く設定されている傾向があります。

自身のレベルにあった学校選択や、親御さんが安心できる治安の面もあるので、一概に地方が良いとも言えませんが、たとえばセブ留学を考えていた方が、バギオやダバオなどの地方都市に留学先を変えるだけで月平均3~5万円ほど安くすることが可能となります。

留学費用を抑えることを優先したい方は、留学する地域選びを意識してみましょう。

大人数部屋を選ぶ

中高生の方は、フィリピン留学時の滞在先に学校併設の寮に滞在する方が多いですが、滞在する寮のタイプによっても留学の費用は大きく削減できます。

特に、1か月以上のフィリピン留学を検討している方には大きな削減となるためオススメします。

フィリピンの学校併設の寮では、1人部屋から3人部屋まであるのが通常ですが、学校によっては、4人部屋や6人部屋という大人数タイプの部屋を選択できる学校もあります。

たとえば、1人部屋は、寮の中では一番高額な部屋のタイプになります。たとえばですが、1人部屋から2人部屋との1か月にかかる費用の差額は約3万円程度となります。

フィリピンの学校入学時には、すでに寮の代金が期間に応じてコースに組み込まれているため、そのままにしてしまいがちですが、学校寮では、滞在する部屋の人数が多ければ多いほど、費用が安くなるため、費用を削減して留学したい方は、始めから人数の多い部屋を選択することオススメします。

また、大人数部屋は友人が作りやすく、英語を使用して会話する機会も増えるため、英語力上達にはオススメですので覚えておきましょう。

中学生、高校生のフィリピン留学は1か月がオススメ

中高生の方でフィリピン留学を検討している方には、1か月という期間がオススメできます。理由は以下の通りです。

【高校生のフィリピン留学で1か月をオススメする理由】
・学校の長期休暇の期間を考慮する点
・ビザを申請する必要がない点

中高生の方は、日本で通っている学校の夏休みなどの長期休暇を利用して留学する方がほとんどでしょう。

日本の学校の夏休みなどの休暇期間は、通常1か月程度のため、その期間を利用して効率よく留学することができます。学校の休暇期間以内なら、中学や高校を休む必要もなくなり親御さんにとっても安心して留学に送り出せます。

またフィリピンは、ビザを取っていなくても、30日以内までならノービザで滞在できます。そのため、1か月以内の短期留学であれば、ビザ取得にかかる費用や手間が余計にかかる心配もありません。費用を負担してくれる親御さんにとっても安心ですね。

1か月間のフィリピン留学は中高生の英語学習初心者に最適

1か月のフィリピン留学は、英語学習がまだ初心者の中高生の方に特にオススメできます。

英語学習初心者のレベルとは、一般的に英検4~3級所得者の方、TOEICのスコアが280~400点レベルの方々を指します。中高生で本格的に英語を学習したことのない方々は、おおむねこのレベルに該当します。

フィリピン留学では、授業はマンツーマン形式が主体となります。マンツーマン形式は英語学習が初心者の方には特に最適な学習方式です。理由としては、以下の通りです

【マンツーマン形式が英語学習初心者に最適な理由】
・自分のペースで授業を受けることができるため
・自分が話す割合が多いため

英語学習初心者の方は、英語で会話することに恐怖感を持っている方が多いです。そのため、間違いを恐れてしまい、グループレッスンなど複数人の生徒と一緒の授業の場合は、自分から会話に参加しないといった方も多いです。しかし、それでは英語は上達しません。

その点、フィリピン留学のマンツーマン形式は講師と2人だけのため、間違いを恐れずに発言することができます。その上、担当講師も生徒のレベルにのみ合わせることができるので、自身のペースで授業を進めていけます。

また、圧倒的に会話する量が多くなるため、スピーキング力が上達し、英語での会話に自信がつき、さらなる上達につながります。

英語学習が初心者の方は、単語や文法といった自主学習を留学前から実践し身に着けておきましょう。事前に学習しておくことで、1か月という期間でも、より充実した英語留学につながります。

1か月のフィリピン留学は英語学習上級者の方にはオススメできない

中高生の方々の中で、英語学習がすでに上級者レベルの方には1か月のフィリピン留学はオススメできません。

英語学習が上級者レベルの方は、文法や単語といった英語学習の基本となる部分はすでに習得している方が多いです。そのため、1か月のフィリピン留学では、少し物足りなさを感じるがあります。

また、フィリピンは英語圏の国ではないため、ネイティブスピーカーが少ないです。

そのため、上級者の方が求めるような正しい発音や、ネイティブレベルのような表現が学びにくい土地でもあります。

中高生の方で英語上級者の方は、TOEICやIELTSなどのテスト対策を重点的に行っている学校に入学し、テストスコアを向上させることをオススメします。

中高生のフィリピン留学は寮生活がオススメ

中高生の方がフィリピン留学する際には、学校併設の寮での生活をオススメします。以下はその理由になります。

【寮生活をオススメする理由】
・食事は学校が提供してくれる
・学校附属の寮は安全が保障されている
・寮生活を通じて友人ができやすい

食事は学校が提供してくれる

フィリピンの学校寮では3食の食事を提供してくれる学校がほとんどです。

フィリピンの学校では、他の留学先の国に比べ食事や居住に関してのサポートが厚く、語学学校の授業コースの費用に、始めから食費や住居費が含まれています。現地で居住面での心配事が減るため、親御さんも安心できる点でしょう。

また、基本的にフィリピン料理では肉が中心となってしまいがちですが、学校の寮の食事は、野菜や果物、炭水化物もしっかりと提供されるので栄養のバランスが良いです。そのため、育ち盛りの中高生の方を預ける親御さんにとっても信頼でき、親御さんの不安解消につながりますね。

ただし、韓国が資本になっている学校だと、食事が韓国料理ばかりで合わないという方もいます。フィリピンは、韓国資本の学校が多いため、食事面が心配な方は、始めから日本人に合った食事を提供している日本資本の学校を選択することをオススメします。

学校附属の寮は安全が保障されている

学校の寮に滞在することは、安全の面からしても非常に安心です。

多くの学校は敷地内に生徒が滞在する寮を所有しています。そのため、学校まですぐに移動ができ、現地でのトラブルを最小限にすることができます。

たとえば夜の時間まで、学校で勉強していて部屋に帰るのが遅くなったり、教室に忘れ物をしたりしても安心です。

また、多くの学校では、学校の敷地入口に専門の警備員が待機しています。そのため、外部から不審者が入ってくるという心配もありません。外出時の際にも誰が何時に出て行ったかなども名簿に書くなどして細かくチェックされています。

フィリピンの治安の面で心配されている親御さんにとっても安心できるのではないでしょか。

寮生活を通じて友人ができやすい

寮生活は、同じ寮に滞在している外国の生徒や、同部屋の友人たちとの関係が築きやすい環境と言えます。

フィリピンの学校の授業は、基本的に講師とのマンツーマン形式の授業です。そのため、他の生徒との会話が少なくなりがちで、その結果実際に授業以外の場で英語を使用する機会が少なくなり、会話力が伸びないというおそれがあります。

その点、寮生活では、自分と同じように英語を学びたい生徒が多く滞在しているため、積極的に英語を使用してコミュニケーションが取れるため、アウトプットの場が増え、自身の英語力の上達につながりやすいです。

また、友人ができると学校の授業がない週末などに留学生仲間と外出したり、より充実した留学生活をおくれます。

15歳未満の中学生はWEG申請が必要

中学生で15歳未満の方は、フィリピン留学の際に事前に「WEG申請」が必要となってきます。

WEG申請とはフィリピン政府が外国人に定めた出入国法です。人身売買や誘拐などの犯罪が未だにあるフィリピンでは、15歳未満の子供が保護者の同伴なしで入国することがフィリピンの出入国法で禁止されています。

そのため、原則15歳未満の方は、単独もしくは両親以外の方とのフィリピンへの入国はできませんが、事前にWEG申請をすることで単独もしくは両親以外の方と入国することが可能となります

WEG申請は東京の在フィリピン大使館と、大阪の在フィリピン領事館で申請することができます。自身の住んでいる地域によって申請先や申請方法が異なりますので事前にHP、もしくは電話にて問い合わせの上確認しましょう。

以下は問い合わせ先になります。

【WEG申請 問い合わせ】

在フィリピン共和国大使館(東京) 03-5562-1607
在フィリピン共和国総領事館(大阪) 06-6910-7881

(受付時間 平日午前9:00~午後6:00まで ※日本の土日祝日、フィリピンの祝日は休館)

WEG申請には、留学会社や行政書士に代理でお願いする代理申請と、親御さんが大使館か領事館に出向き直接申請する方法の2通りの申請方法があります。

代理申請は、親御さんが申請する手間や時間を省くことができるというメリットがありますが、元々のWEG申請の費用以外に、代理手数料が別途費用としてかかってくることを覚えておきましょう。

親御さんが大使館や領事館に直接申請する場合は、WEG申請分の料金だけで済み留学費用の削減につながりますが、親御さん自身が手続きを行わなければならないため、手間や時間がかかります。

留学費用に余裕のある親御さんは代理申請。留学にかかる費用を少しでも削減したい方は直接申請を行うなど、自身の家庭を考慮し、適した方法を選択しましょう。