フィリピン・セブ島留学のコンセント事情!変換プラグや変圧器は必要か

フィリピン・セブ島留学

これからフィリピン留学に出発される方の中には、スマートフォンやPCなど日本から持参する電化製品が現地で問題なく充電することができるのだろうかと気になりますよね。

特に女性留学生の方は、ヘアドライヤーを日本から持参したいと検討している方も多く、現地のコンセントで問題なく使用できるのか不安を抱いています。

結論から言えば、フィリピンではコンセントの変換プラグや変圧器がなくても、そのまま使用できる電化製品と、変圧器が必要になる電化製品があります。

まずは、フィリピン留学前に現地のコンセントの形状や、日本とフィリピンの電圧の違いについて確認していきましょう。

フィリピンのコンセントは日本と同じ形状

日本の電化製品は変換プラグなしで、そのままフィリピンのコンセントに挿し込むことが可能です。

理由としては、日本とフィリピンのコンセントの形状は同じ「Aタイプ」と呼ばれる差し込み口が用いられており、同一の形状のためそのまま挿し込むことが可能だからです。

フィリピンでは、以前までは「B3タイプ」と「Cタイプ」という日本とは異なる形状のコンセントも使用していましたが、近年ではフィリピンのほぼすべての地域で日本と同じタイプのコンセントが用いられています。

また、語学学校によっては、各国から生徒が来る都合上、日本ではあまり見慣れない「マルチタイプ」と呼ばれる穴が三つ空いたような形状のコンセントを採用している学校もあります。

マルチタイプ形状は、様々な国の形状のコンセントを差し込めるために用いられている形です。日本では普段見慣れないため、留学生の方は戸惑ってしまいがちですが、日本のコンセントと同じように問題なく挿し込めます。

しかし、電圧はフィリピンの220ボルトのため、電圧に対応していない機器は安易に挿し込まないように注意しましょう。

フィリピンの電圧は日本と異なる

日本とフィリピンでは、コンセントから流れる電流の電圧が異なります。

 フィリピンの電圧は220ボルトで、日本の電圧は100ボルトのため、日本仕様の100ボルトのみ対応の電化製品は、そのままフィリピンでは使う事ができません。

コンセントの形状が同じなため、物理的に挿し込むことはできますが、フィリピンの220ボルトの電圧に対応していない電化製品は、過度な電圧が加わるため壊れてしまいますので覚えておきましょう。

日本から持参した100ボルト対応の電化製品をフィリピンでも使用できるようにするには、電圧を調整しなければいけません。そこで必要になるのが、変圧器(トランスフォーマー)です。

フィリピンのコンセントから変圧器を通して日本の電子機器につなぐと、変圧器で電圧が調整され、日本の100ボルトにしか対応していない電化製品をフィリピンの電圧220ボルトでも使う事ができます。

海外規格の電化製品は変圧器が不要

海外規格に対応している電化製品は、変圧器がなくてもフィリピンで充電できます。

海外規格に対応している代表的な電化製品は以下のような物が挙げられます。

【海外規格対応の電化製品】
・スマートフォン
・PC
・カメラ
・ゲーム機

スマートフォンやPCは、始めから旅行や海外出張を想定して作られている場合が多いため、対応する電圧が100-240ボルトの物が殆どです。また、日本製のカメラやゲーム機も基本的には海外規格の電圧に対応しています。

上記の電化製品のみを持参する留学生の方は、基本的に変圧器は不要ですので覚えておきましょう。

電化製品の対応電圧は製品の本体や裏面などに記載されている

 多くの電化製品は、対応する電圧表記が本体自体に記載されているか、または裏面などの目につきにくい位置に記載されています。

たとえば、PCの充電アダプターを確認してみると、製造番号や取扱記号が多く表記されている中に「INPUT:100-240V~ 50-60Hzなどと表記されている場合があります。

この場合は、電圧が100~240ボルトまで耐えられる製品であるという証明になります。そのため、フィリピンの220ボルトの電圧でも問題なく使用できる製品であるということがわかります。

電化製品によって、記載されている箇所が異なるため、自身の電化製品がフィリピンの電圧に対応しているか不安な方は事前に確認してみましょう。

 変圧器が必要な場合は現地で購入できる

 フィリピン留学中に変圧器が必要になった場合は、フィリピンのショッピングモールなどで変圧器の購入ができます。

 セブへの留学を検討している留学生の方は、巨大ショッピングモールSMの中にある「ACE Hardware」に行くと、変圧器の種類が豊富ですので、購入の際の参考にしましょう。

 変圧器の価格は、上限の電力量(ワット数)などによって差がありますが、目安としては1台1,000ペソ(約2,500円)程度で購入できます。

しかし、変圧器自体はかなり重くて大きく、また、かさばるため短期留学の方や学校寮の大部屋などに滞在する予定の方にはオススメできません。どうしても必要な電化製品を使用したい場合のみ購入を検討しましょう。

ドライヤーは現地での購入がオススメ

留学生の方で、ドライヤーを持参しようと検討している方は、現地でドライヤーを購入することをオススメします。

理由として、日本のドライヤーをフィリピンで使用する場合は、変圧器が必要です。しかし、変圧器自体を購入する手間や費用がかかってしまうため、あまりオススメできません。

その点、ドライヤー自体を現地で購入すれば、変圧器は必要ありません、また、フィリピンで販売しているものは、すべて現地の電圧に対応している商品であり、価格も変圧器を購入するより安く済む場合があります。

機能や性能にこだわりのない方は、留学の荷物を減らすためにも、ドライヤーは現地での購入を検討してみましょう。

 なお、アマゾンなどのネットショッピングでは世界対応基準のドライヤーも購入できるため、フィリピン留学後に英語圏などへの追加留学を検討している方は、フィリピン留学前から購入するのもオススメできます。

フィリピンのコンセントで注意する点

フィリピンのコンセントは日本のコンセントと異なる点があります。以下は注意する点です。

【フィリピンのコンセントで注意する点】
・コンセントの差し込み口がゆるくて抜けやすい
・停電時には充電しているものをすぐに抜く

フィリピンでは、コンセントの穴がゆるすぎて、挿した時に外れてしまうことが多いです。そのため、毎回充電時には、しっかりと入っているか確認してみましょう。

また、フィリピンでは、日本と比べて停電が頻繁に発生します。

語学学校によっては、専用の発電機ですぐに復旧されますが、停電の際には充電している電子機器や電化製品をすぐに外すようにしましょう。

理由としては、電気が復旧し、電流が流れる際に一時的に高圧電流が流れるためです。そのため、電圧表記が海外対応のものであっても壊れる可能性が高くなりますので注意が必要です。

特にカメラやパソコン、スマートフォンなどの高額機器は、外出の際に停電になる可能性もあるので、充電したままで外出しないように注意しましょう。