夏休みにフィリピン・セブ島留学!就活前の大学生へ

フィリピン・セブ島留学

大学生は、就活前に夏休みを利用してフィリピン・セブ島留学をするのがおすすめです。

なぜなら、フィリピン・セブ島留学では、就活で有利になる英語力アップや人脈づくりなどができるからです。

また、フィリピン・セブ島留学にかかる費用、アメリカ留学の約2分の1の費用しかかからないため、親に頼らず自分のお金で留学したい大学生にもおすすめです。

この記事では、就活前の大学生が夏休みにフィリピン・セブ島留学をすることのメリットや、就活前の大学生におすすめの学校を紹介します。

記事内で紹介する学校は、以下のとおりです。

  • SMEAG
  • CIA
  • GENIUS ENGLISH
  • Philinter
  • 3D Academy

大学生が夏休みにフィリピン・セブ島留学するメリット

大学生が夏休みにフィリピン・セブ島留学するメリットは、以下のとおりです。

  • 夏休みの短期間で英語力をあげられる
  • 就活情報や企業情報が得られる
  • 夏を満喫できるアクティビティがある
  • バイト代で留学できる

夏休みの短期間で英語力をあげられる

フィリピン・セブ島留学では、1日約7時間、英語の授業をうけられるため、短期間で集中的に英語の勉強をすることができます。

とくに、フィリピン・セブ島留学では、1日の授業の半分以上がフィリピン人講師とのマンツーマンレッスンなため、短期間で英語の会話に慣れることができます。

マンツーマン授業は、間違えても恥ずかしくないため発言しやすいため、シャイな日本人には適した学習方法です。

また、講師にリクエストをすれば、自分が学びたいことを教えてもらえるなどのメリットもあります。

そして、フィリピン・セブ島留学では、コースの種類が豊富です。

そのため、生徒は、自分が求める英語スキルを集中的に勉強し、短期間で英語力をあげることができます。

以下は、フィリピン・セブ島留学でうけられる主なコースです。

  • ESL(実践英語)コース
  • TOEIC /IELTS/TOEFLコース
  • ビジネスコース
  • 医療英語コース
  • 英語+企業インターンコース
  • 世界一周・ワーキングホリデー英語コース
  • 英語+ゴルフコース
  • 英語+フィットネスコース

新卒入社でも英語力で即戦力になれる

大学生の多くは、ビジネス経験がないため、新卒入社でビジネス上の即戦力になることはできませんが、英語力で即戦力になることができます。

グローバル化を視野にいれていても英語力の低い社員が多い企業などでは、英語力で即戦力になれる新入社員は重宝されます。

そのため、大学在学中に英語力を上げておくと、就活中に内定を貰える企業の幅が広くなります。

ただし、即戦力になるためには、TOEICの点数が高いのみでなく、入社後に必要な英会話力やビジネス英語力を鍛える必要もあります。

フィリピン・セブ島留学では、ビジネスコースを設けている学校が多いため、大学生は、就活に向けて、TOEICコースやビジネスコースで希望する企業に求められる英語力を身につけられるというメリットがあります。

就活情報や企業情報が得られる

フィリピン・セブ島留学では、7~9月の夏休みの期間に、特に大学生が多くなります。

フィリピン・セブ島留学には、内定が決まった大学生なども来るため、就活前の大学生は、就活が終わったばかりの先輩から、就活体験談や内定をもらうコツなどを聞くこともできます。

また、お盆の時期には、仕事の合間をぬって英語の勉強にくる社会人に出会うこともできます。

社会人になってから、フィリピン・セブ島留学で英語を学んでいる人は、向上心があり、仕事に対して真面目に向き合っている人が多いため、社会の先輩として為になる話を聞くことができます。

日本では、OB訪問などをしないと社会人に話を聞く機会は作れませんが、フィリピン・セブ島留学では、役員レベルの優秀な社会人などと、食事の時間や授業後に、同じ生徒という立場を利用して会話をすることができます。

そのため、就活前の大学生は、フィリピン・セブ島留学で就活情報や企業のリアルな情報を聞くことができるというメリットがあります。

夏を満喫できるアクティビティがある

フィリピンは、発展途上国であると同時に、透き通った海や白いビーチがあるリゾート地でもあります。

そのため、フィリピン・セブ島留学では、「就活前に思いっきり遊びたい」という大学生でも、英語の勉強をしながら夏のアクティビティも満喫できるというメリットがあります。

フィリピン・セブ島留学中にできる海のアクティビティには、アイランドホッピング、ジンベイザメと泳ぐツアー、パラセーリング、シーウォーカー、バナナボートなどです。

また、フィリピン・セブ島では、15,000円程度でダイビングライセンスが取得できるため、海好きな人は、フィリピン・セブ島留学中に格安でダイビングの資格をとることができるというメリットもあります。

ちなみに、日本でダイビングの資格をとるには、宿泊代や交通費なども含め約10万円弱かかります。

バイト代で留学できる

フィリピン・セブ島留学の費用は、1カ月25万円程度と安いため、大学生は、親にお金を借りず、アルバイトで貯めたお金で留学することが可能です。

(アメリカやカナダなどへの留学は、フィリピン・セブ島留学の約2倍の費用がかかります。)

フィリピン・セブ島留学の費用が安いのは、日本からの航空券代やフィリピンの物価が安いためです。

日本からフィリピン・セブ島までの航空券は約4万円~、フィリピンの物価は、日本の約3分の1です。

また、フィリピン・セブ島留学では、生徒は基本的に、学校に併設されている寮やコンドミニアムに滞在して、1日3食の食事を寮で食べることができます。

寮は、1人部屋と複数人部屋(相部屋)を選ぶことができるため、相部屋で滞在費を節約することも可能です。

たとえば、フィリピン・セブ島留学の中で、リーズナブルな学校として知られている「3D Academy」では、1人部屋から6人部屋までえらべます。

3d Academyの1人部屋と6人部屋では、1週間で4万円弱もの差があるため、予算によって部屋を選べるのもフィリピン・セブ島留学のメリットです。

3D Academyの実践英語(ESL)コースの部屋別費用

※表に記載の値段には、授業料、宿泊代、食事代のみです。航空券、ビザ代、入学金などで留学トータル費用には、プラス10万円程かかります。

1週間 4週間 8週間
1人部屋 70,000円 195,000円 385,000円
2人部屋 55,000円 160,000円 315,000円
3人部屋 50,000円 139,000円 273,000円
4人部屋 45,000円 129,000円 253,000円
6人部屋 34,000円 114,000円 223,000円
1人部屋と6人部屋の料金差 36,000円 81,000円 162,000円

大学生おすすめフィリピン・セブ島の語学学校

就活前の大学生が、夏休みにフィリピン・セブ島留学するときおすすめの学校を紹介します。

TOEICの点数を上げたい人におすすめの「SMEAGキャピタル」

就活にむけて、フィリピン・セブ島留学でTOEICのスコアを上げたい大学生には、「SMEAG」がおすすめです。

SMEAGキャピタルは、TOEICの公式試験会場になっている学校です。

TOEICコースの生徒は、毎週、本試験と同じ会場でTOEICの模擬試験を受けられるため、本試験も、慣れた場所でリラックスをして受験をすることができます。

セブでは、TOEIC試験の開始時刻が朝8時と早いため、SMEAGキャピタルの生徒は、試験直前まで勉強ができるというメリットもあります。

また、SMEAGは、楽天、LINE、エイベックスなどが、社員の英語力をあげるために利用するなど、日本の大手企業からも信頼されている学校です。

運がよければ、日本の大手企業の社員と知り合うことも可能なため、大学生にはおすすめの学校です。

多国籍の友人がつくれるGenius English

Genius Englishはロシア資本の学校なため、他の学校よりも多国籍の生徒が多くいます。

夏休みはどうしても日本人大学生が多くなりますが、生徒の国際比率としては、日本30%、ロシア30%、台湾10%、韓国10%、中東10%と、生徒の国籍比率に偏りがなく、多国籍の友人をつくり、視野を広げたい大学生などにおすすめの学校です。

Genius Englishは、リゾート地であるマクタン島(セブ州)にあり、セブシティまでは車で1時間程かかるため、平日は学校にとどまる生徒が多く、生徒同士が交流しやすい環境です。

また、Genius Englishには、アメリカ、カナダ、オーストラリアの4人のネイティブ講師がいるため、大学在学中に海外を旅したい大学生にもおすすめです。

Genius English のTOEICコースは、フィリピン人講師とマンツーマン授業と、スピーキングを中心としたネイティブ講師のグループ授業で成り立っています。

そのため、TOEICのスコアと英会話力を同時に上げたい人におすすめのコースです。

ただし、Genius English のTOEICコースは、中学生レベルの英語力がある人を対象にしているため、英語初心者の方はGeneralコースで英語の基礎力をつけてからTOEICコースに移動しましょう。

講師の質が良い CIA

CIAは、講師の質が良いと評判の学校です。

CIAでは、教育学に関する大学や学部の人を講師として採用し、採用後は、講師を専門分野別(コース別)にチーム分けするなどして、定期的に講師のトレーニングを行っています。

講師たちはTOEIC・TOEFL・IELTSなど受け持つ分野の最新傾向を把握しながら授業を行うため、生徒は常に質の高い試験対策をうけることができます。

また、CIAは、毎朝ある単語テストで不合格だと外出禁止、校内はEOP(イングリッシュオンリーポリシー)で母国後禁止です。

校内で英語以外の言葉を使うと罰金5ペソなど校則が厳しいため、自己管理が苦手な方や、怠けやすい人でも強制的に英語力をあげられる環境です。

(罰金で集まったお金はボランティア団体に寄付されます)

そして、CIAには、CNNニュースを見ながら実践的なリスニング力を鍛えられるCNNクラスがあります。

日本以外の国が発信しているニュースを理解できると、物事を多面的にみることができるようになり、視野が広がるため、就活時のグループディスカッションなどでも、客観的に考えることができる人間だとアピールすることができます。

そのため、大学生はCIAのCNNクラスを受講するのもおすすめです。

CNNクラスは、CIAの実践英語コースとビジネスコースでうけることができます。

海外初心者にも安心なPhilinter

大学生の留学には親の心配がつきものですが、Philinterは、BUDDY TEACHER SYSTEM(担任制度)で生徒ひとりひとりに担任がつき、授業面から生活面までケアをしてくれるため、海外に行ったことがない方や親が心配性の大学生にもおすすめです。

Philinterは、クォーター制度で、ある国の生徒数が一定の数に達すると、その国の生徒を受け入れないようにしているため、夏休みでも日本人生徒や韓国人生徒が多くなりすぎるということはなく、多国籍の生徒と交流可能です。

Philinterの生徒の国籍比率は、日本人35%、韓国人20%、その他台湾人、ベトナム人、ロシア人、モンゴル人などが45%です。

Philinterはリゾート地であるマクタン島にある学校ですが、マクタン島の中でもセブ島側に位置しているため、平日は英語学習に集中しながら、休日はセブシティまでも気軽に行ける(車で約30分)便利な場所にあります。

Philinterは、ビジネス英語に定評があるため、外資系企業への就職を視野に入れている人などにもおすすめです。

コスパが最強の3D Academy

3D Academyは、留学費用を安く抑えたい方におすすめの学校です。

フィリピン・セブ島留学では、1週間相部屋のコース料金(授業料+宿泊代+食費)は6万円以上かかるのが普通ですが、3D Academyは、1週間6人部屋が34,000円と、約半額です。

3D Academyのコース費用は、大学で授業を受けながらのアルバイトでも十分稼げる額なので、留学資金が少ない大学生におすすめの学校です。

注:フィリピン・セブ島留学では、航空券代やビザ代、入学金などでプラス約10万円かかります。

さらに、3D Academyは、フィリピン・セブ島留学で度々問題になる、WiFiの速さや食事面、施設の衛生面(水回りの綺麗さ)が快適なため、フィリピン・セブ島留学で、コスパ最強の学校と言われています。

また、3D Academyは、毎日のアクティビティが豊富です。

平日のアクティビティには、ヨガ、ダンス、フィリピン人講師による英語アクティビティ、日本人スタッフによる日本語文法講座などがあり、週末には、何もない島で自給自足をして暮らす島民の生活を体験するカオハガンスタディツアーなどがあります。

そのため、3D Academyは、夏休み中に、フィリピン・セブ島留学で、英語も遊びも生徒同士の交流も満喫したい方におすすめの学校です。

ただし、勉強と同時にアクティビティも楽しみたい生徒が多く来るため、英語力を上げることのみに集中したい方にはおすすめしません。