フィリピン・セブ島留学で期間別に得られる英語力

フィリピン・セブ島留学

フィリピン・セブ島留学は授業量が多く格安なのがメリットですが、「英語ネイティブじゃないフィリピン人講師から英語を教わって効果があるのだろうか?」「どれくらいの期間でどんな効果が得られるのか知りたい」と思う方もいるのではないでしょうか。

選ぶ学校や、個人の勉強具合にもよりますが、フィリピン・セブ島留学では、約3カ月で、英語初心者が日常英会話をできるようになります。

この記事では、フィリピン・セブ島留学の期間別効果、3カ月で日常英会話ができるようになる理由、おすすめの留学期間などを紹介します。

フィリピン・セブ島留学の期間別効果

フィリピン・セブ島留学の体験談や語学学校のデータをもとにした、期間別に得られる英語学習の効果は、以下のとおりです。

留学期間 得られる効果
1カ月未満 海外に滞在することや、英語を勉強することに慣れる
1カ月 相手(フィリピン人講師)の言っていることがわかる
2カ月 自分の意見を英語で言える
3カ月 日常生活では困らないレベルの英語力が身に付く
6カ月~1年 英語圏の大学の授業が受けられる、専門的な分野の会話ができる、英語でのプレゼンが流暢にできる

1カ月未満

フィリピン・セブ島留学では、1日の授業が約8時間と長かったり、学校によっては早朝から単語テストが始まったりするため、1カ月未満の留学で得られる効果は、英語づけ環境や海外での生活に慣れることです。

1カ月

1カ月のフィリピン・セブ島留学では、講師と1日4時間以上のマンツーマンレッスンがあることや、最初の1カ月で英語の発音練習をすることによって、英語に慣れ、講師の言っていることが大体わかるようになります。

2か月

2か月目までには、基本的な文法(過去形、現在形、未来形など)の勉強を終えらることができ、リスニング力もついて授業の理解度が増すことなどから、フィリピン・セブ島留学で2カ月経つと、自分の言いたいことを英語で言えるようになります。

3カ月

フィリピン・セブ島留学で3カ月経つと、講師の言っていっていることがわかるうえ、英語で自分の意見を言うこともできるため、英語で会話を続けることが可能になります。

知っている単語を駆使して日常英会話としては問題ない程度の英語力を身に付けることができます。

(例:病院に行ったとき、専門用語などを調べたうえで、自分の症状を伝えることができるなど)

そのため、英語力ゼロの人が日常英会話力を求めてフィリピン・セブ島留学をするときは、3カ月を目安に予定を立てるのがおすすめです。

6カ月~1年

6カ月や1年間フィリピン・セブ島留学で英語学習を続けると、英語圏の大学の授業が受けられたり、英語のプレゼンが流暢にできたり、専門的な分野の会話ができるようになるなど、高い効果を感じる方が多いです。

ただし、3~4カ月以上のフィリピン・セブ島留学では、同じ学校、同じ教室、同じ講師の授業にマンネリを感じ、英語学習に対するモチベーションを維持するのが難しくなります。

そのため、3カ月以上フィリピン・セブ島留学をしたい方でも、3カ月を目安に学校を変えたり、英語圏に移動したりして、環境を変えるのがおすすめです。

はじめは語学学校2~3カ月分の申込みをして、学習状況や学校との相性にあわせて滞在を延長したり、コースや学校を変えたりするのが良いでしょう。

英語初心者が3カ月のフィリピン・セブ島留学で日常英会話ができるようになる理由

TOEICのテストを開発・制作したETS(Educational Testing Service)の資料「TOEICスコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表」によると、日常生活の中で困らないレベルの英語力があるのは、TOEICスコア470点以上です。

では、英語力ゼロの人が、TOEICスコア470点をとるには、どのくらいの期間が必要なのでしょうか。

TOEICテスト特急シリーズの著者であり、3年間に26回のTOEIC受験すべてで990点(満点)をとったことがあるTOEIC講師のTEX加藤氏は、TOEICスコアを100点上げるのに必要な勉強時間は200~300時間だと言っています。

“私の指導経験では、毎日3時間勉強すると、3カ月間で約100点スコアがアップするという結果がでました。つまり、200~300時間勉強で100点もアップすることができるのです。”

英語力初心者がとれるTOEICスコアが200点前後程度だとすると、プラス300点で、日常生活に困らない英語力あるとされる470点を超えます。

(TOEICはマークシート式の問題で、全問、勘で答えても200点程度のスコアがとれます)

TEX加藤氏の説によると、TOEICのスコアを300点あげるのに必要な時間は、600~900時間です。

セブ島留学では1日約7~8時間の授業+約2時間の自習を行うため、英語初心者でも2~3カ月セブ島留学をすれば、TOEIC500点程度をとることができ、日常生活で困らないレベルの英語力をつけることができることになります。

そのため、英語初心者の方が、日常英会話ができるようになりたい場合は、3カ月のフィリピン・セブ島留学をするのがおすすめです。

注:選んだ学校やコース、学習能力によって得られる効果に個人差があります。

英語上級者に効果的なフィリピン・セブ島留学の期間は1~2カ月

TOEICスコアが700点や800点あるけど英会話ができない、という英語上級者は、日常英会話をするのに必要な単語や文法の知識はすでにあるので、発音強制やアウトプットを集中的に行えば、1~2か月で日常英会話ができるようになります。

また、フィリピン・セブ島留学では、講師採用の基準をTOEIC800点以上としている学校が多いです。

そのため、TOEICスコアが800点以上ある英語上級者の方は、英語を使う(話す)ことに抵抗がなくなったら、英語圏に移動し、ネイティブのリアルな英語のスピードに慣れたり、英語で生活をしたりして、実践的な英語学習をするのがおすすめです。

TOEICのスコアを上げたい方は目標点数をもとに期間をきめる

TOEICのスコアを上げるためにフィリピン・セブ島留学をする方は、冒頭で紹介した「200~300時間の英語学習でTOEICスコアは100点アップ」をもとに、自分が取得したい目標点数に必要な時間を計算し、留学期間を決めましょう。

またTOEICや、IELTS、TOEFLなどの資格試験のコースには、点数保障コースがあります。

点数保障コースとは、TOEICなどのスコアが期間内(主に12週間以内)に目標点数に到達しなかった場合、目標点数を達成するまでの授業料が無料になるコースです。

そのためTOEICのスコアを確実に上げたい方は、3カ月以上のフィリピン・セブ島留学で点数保障コースを選択するのもおすすめです。