フィリピン・セブ島留学費を働きながら無料(タダ)にする5つの方法

フィリピン・セブ島留学

お金はないけど一刻も早く留学したい人には、フィリピン・セブ島留学の「0円留学」や「無料留学」がおすすめです。

フィリピン・セブ島留学の「0円留学」「無料留学」では、現地でコールセンター業務や学校運営業務の仕事をすることで、授業料や滞在費が相殺され、実質無料になります。

ただし、渡航費やテキスト代などは自己負担で支払うため、留学費用がすべてタダになるわけではありません。

1カ月10万円程かかる授業料や宿泊代が無料になるため、今すぐ安い費用で留学したい人には嬉しいサポート制度です。

また、「0円留学」や「無料留学」は仕事に時間がとられてしまい、通常1日約8時間受けられる英語授業が、半分の4時間になるため、本気の留学者にはおすすめできません。

コールセンター業務にノルマがあるため英語の勉強に集中できなかったり、繁忙期には学校の問い合わせ対応や生徒のピックアップ業務などで忙しく、授業時間が削られたりすることもあります。

そのため、英語力の向上を本気で臨む方は、勉強のみに集中できるよう留学に必要な資金を準備してから、自分が得たい英語スキルを学べる語学学校に一般生徒として入学しましょう。

「0円留学」や「無料留学」は、英語圏へのワーホリや留学前の限られた期間に英語に慣れておきたい方や、ビジネススキルなどを上げながら英語の勉強をしたい方に適しています。

この記事では、フィリピン・セブ島留学の授業料や滞在費を無料にする方法として、以下の5つの学校を紹介します。

フィリピン留学で授業料や滞在費を無料としている学校
  1. AHGS(アーグス)の「0円留学」
  2. NILS(ニルス)の「0円留学」
  3. 学生インターンの無料留学
  4. Global Diveの「ZEROから留学」
  5. 3D Academyの一芸留学

※Global Diveの「ZEROから留学」に限っては、現地で仕事をせずに、一般生徒として留学できる0円留学です。そのため現地で英語の学習のみに集中できる0円留学の方法を知りたい方は、Global Diveの「ZEROから留学」まで読み飛ばしてください。

国外で労働するためにはフィリピンの労働雇用省(DOLE)から就労の許可を得る必要があり法律で定められています。
6カ月未満の場合は、SWP(Special Work Permit)という特別就労許可を得る必要があります。
6カ月以上の場合は、AEP(Alien Employment Permit)という雇用許可証を得る必要があります。

エージェントを利用して国外で働く場合は、必ず就労許可について確認しましょう。

AHGS(アーグス)の「0円留学」は営業力と英語力

AHGSの0円留学では、フィリピン・セブ島のコールセンターで働くかわりに、授業料と滞在費が無料になります。

1日のスケジュールは、英語マンツーマン授業(4時間)+コールセンター業務(4時間)です。

AHGSで行うコールセンター業務の内容は、インターネット通信のご案内や、スマートフォン・アプリの提案ソリューションなどです。

日本語を使用して行われるため、英語が全くできない人でも心配なく、就職前に英語力だけでなく、営業力やビジネススキルを身につけたい方などにおすすめです。

「AHGS(アーグス)」の0円留学は、1カ月約8.5万円~

AHGSの0円留学を3カ月(12週間)する場合、授業料と滞在費以外に約257,000円かかります。そのため、AHGSの0円留学1カ月にかかる費用は約8.5万円(約257,000円÷3カ月)です。

下の表は、AHGSで12週間の0円留学をしたときにかかるトータル費用の内訳です。

※AHGSの0円留学は3カ月以上留学できる方が対象なので、12週間分の費用で計算しています。
※表に記載の値段は、Php1(1ペソ)=2.5円で計算しています。

AHGSの0円留学12週間にかかる留学トータル費用

授業料 約30万円 → 0円
宿泊費 6~15万円 → 0円
往復航空券 約50,000円
初回登録料 20,000円
空港送迎費 約3,000円
SSP代(就労許可証)+SWP代(労働ビザ)+ACR I-Card代(滞在許可証) 約40,000円
ID代 約500円
水道・光熱費 約27,000円
テキスト代 約4,000円
デポジット 約7,500円
管理費 約15,000円
食費 1日1,000円×90日=約90,000円
合計 約257,000円

AHGSで1日4時間の英語授業を12週間受講すると、授業料に294,999万円、ホテル滞在費に6~15万円(部屋人数による)かかります。そのため、0円留学でAHGSに12週間滞在すると、約35万円~(1カ月約12万円~)が無料になります。

AHGS「0円留学」では食費がかかる

フィリピン・セブ島留学の多くの学校では、1日3食の食事が提供されますが、AHGSでは食事の提供がないため、食費がかかります。

フィリピン・セブ島では、地元のフィリピン料理店などを利用すれば1食200円前後で定食が食べられますが、日本料理店などに行くと、1食約1,000~1,500円します。

そのため、1日にかかる食費の平均を1,000円として計算しても、3カ月に90,000円の食費が必要です。

ただし、AHGSから徒歩5分ほどのところには、20店舗以上の飲食店が入っているアヤラモールがあります。

アヤラモールには、1品Php200(約500円)の中華料理店や、日本でもおなじみのFridays、和民などもあるため、留学中も自由に食事を楽しむことができます。

3カ月未満のAHGS「0円留学」には教育費用がかかる

AHGSでは、0円留学の期間が3カ月以内だと、教育費用がかかります。

なぜなら、コールセンター業務を短期間で習得し成果を出すのは難しいからです。

そのため、AHGSの0円留学は3カ月以上の留学できる人におすすめです。

AHGSの0円留学にかかる教育費用

留学期間 教育費用
4週間以内 約5,000円/週
5週間~11週間 約3,750円/週
12週間以上 無料

「NILS(ニルス)」の0円留学は会社運営を学び英語力も付けられる

NILSの0円留学では、フィリピン・セブ島でコールセンター業務またはNILSの運営業務をする代わりに、授業料、滞在費、食費(朝夕)が無料になります。

1日のスケジュールは2パターンあります。

  • 英語授業(4時間)+コールセンター(6時間)
  • 英語授業(4時間)+NILSの学校業務(6時間)

NILSの学校業務内容とは、電話やメールでのお客様対応、一般事務、翻訳業務、ホームページの作成、ブログ更新などです。

一方、NILSのコールセンター業務は、日本の企業にネット回線の提案をするような内容で、ノルマなどがありストレスも感じる人も多いようです。

英語の勉強にも集中したい方は、NILSの学校業務を選びましょう。

NILSの0円留学は、1カ月約4万円~

NILSの0円留学を6カ月(24週間)する場合、授業料と滞在費以外に約250,200円かかります。そのため、NILSの0円留学1カ月にかかる費用は約4万円(約250,200円÷6カ月)です。

下の表は、NILSで6カ月の0円留学をしたときにかかるトータル費用の内訳です。

※NILSの0円留学は6カ月以上留学できる方が対象なので、24週間分の費用で計算しています。
NILSの0円留学24週間にかかる留学トータル費用

授業料+宿泊費 約57万円 → 0円
食費 84,000円→ 0円
光熱費 28,800円→ 0円
往復航空券 約50,000円
空港ピックアップ 4,000円
入学金 15,000円
SSP代(就労許可証)+SWP代(労働VISA)+ACR I-Card代(滞在許可証) 約40,000円
テキスト代 1冊約300円×4=1,200円
昼食代(朝夕は無料提供) 500円×180日=90,000円
往復航空券 約50,000円
合計 250,200円

※表に記載の値段は、php1(1ペソ)=2.5円で計算しています。

NILSで1日4時間の英語授業を24週間受講すると、授業料と宿泊費に571,000円、高熱日に28,800円、食費に84,000円かかります。そのため、0円留学で、NILSに24週間滞在すると、約68万円(1カ月で約12万円)が無料になります。

NILSでは、0円留学を6か月未満でやめるとペナルティがある

NILSでは、0円留学を6か月未満でやめると、滞在月1カ月につき5万円請求されます。

たとえば、4カ月でNILSの0円留学を辞めると、5万円×4カ月=20万円支払わなければいけません。

そのため、NILSの0円留学は、安い費用で6か月以上滞在できる方におすすめです。

ただし、NILSのジェネラルESL(4時間)コースは、一般生徒として受講すると、4カ月(4人部屋)で302,500円かかるため、0円留学を4カ月でやめて20万円請求されても約10万円はお得です。

学生インターンの無料留学は、海外で働いて英語力を鍛える

フィリピン・セブ島留学では、学生インターンとして学校運営業務に携わることで、授業料や滞在費などを無料にすることができます。

学生インターンの業務内容は、主に学校や学生のサポートです。

学校や学生サポートとは、生徒のピックアップ、資料作成、一般事務、施設点検、学校のブログやSNSの更新、英語が話せない日本人生徒の要望をオーナーに伝えることなどです。

韓国人経営の学校などでは、日本人スタッフが少なく、オーナーや講師と英語で会話をしたり、英語のミーティングに参加したりするため、実践的な英語力をのばすことができます。

そのため、学生インターンの無料留学は、多少の英語力があり、海外で働いてみたい方におすすめです。

ただし、学生インターンは、インターン業務が最優先なため、学校や学生に問題があったときに、授業を中断して業務に戻らなければいけません。

学生インターンの主なスケジュールは、1日の仕事5~6時間+英語授業2~4時間ですが、繁忙期や学校によっては、授業が全く受けられない日が続くこともあります。

そのため、学生インターンをしたいときは、職場の忙しさや雰囲気などを、実際に学生インターンをしたOBに聞くのがおすすめです。

学生インターンの無料留学を見つける方法

ネット上で「学校名 セブ島 インターン」などと検索すると、学生インターンを募集している学校がみつかります。

以下は、2018年11月に日本でインターネット検索をした結果の例です。

  • CPI……授業3時間+インターン業務
  • Philinter……授業4時間+インターン業務
  • TARGET……授業4時間+インターン業務
  • EV Academy……授業4時間+インターン業務
  • サウスピーク……授業2時間+インターン業務
  • QQ English……授業週20時間+インターン業務
  • Howdy English Academy……授業3~4時間+インターン業務

学生インターンは、常に人が入れ替わるため、現在学生インターンの募集をしていない学校でも、直接学校に問い合わせると、次回の学生インターンの募集時期を教えてくれることがあります。

学生インターンで無料留学をしたい学校が決まっている場合は、日本で留学費用を貯めながら渡航時期を見計らうのもおすすめです。

学生インターンはビザ代も無料

学生インターン業務は、授業料、宿泊料、食費などに加えて、ビザ代を学校がサポートしてくれることが多いです。

6カ月フィリピンでインターンをするときにかかる約4万円のビザ代などを学校がサポートしてくれるため、自己負担費用が軽減されます。

下の表は、6カ月フィリピン・セブ島に滞在する場合に必要な資格の費用です。
※表に記載の値段は、php1(1ペソ)=2.5円で計算しています。

滞在許可証ACR-I card Php3,000(約6,700円)
就学許可証 SSP Php6,500(約14,500円)
労働ビザ SWP(3カ月更新) Php3,500(約8,750円)×2=17,500円
合計 38,700円

 Global Diveの「ZEROから留学」は、英語勉強に集中

Global Diveの「ZEROから留学」は、日本にいる間にリゾートバイトで留学費用を貯めて、フィリピン・セブ島で自分が行きたい学校に無料留学する方法です。

現地で働く必要はなく、留学中は英語の学習に集中できるため、本気で英語を習得したい方におすすめです。

Global Diveのリゾートバイトが普通のバイトと違うところは、給与20万円のうち10万円を会社が自動的につみたててくれことです。

そのため、貯金が苦手な方でも、3カ月働けば、フィリピン・セブ島に1カ月留学することができます。(フィリピン・セブ島留学は最低25万円~留学可能です)

また、Global Diveでは、白馬や河口湖周辺など、外国人観光客が多い土地のリゾートバイトを紹介してくれたり、DMMオンラインの英会話が1日25分無料で受講できたりするため、日本で留学費用を貯めながら英語学習を始めることができます。

そのため、Global Diveの「ZEROから留学」は、留学前の勉強方法がわからない英語初心者にもおすすめです。

ただし、日本での準備期間が長くなるため、今すぐ留学したい人には向いていません。

3D ACADEMYの一芸留学は英語を学んで仕事活動の幅を広げる

3D ACADEMYには、ブロガー、漫画家、写真家、デザイナー、起業家などに向けて、4週間(1カ月)の授業料や滞在費を無料にする「一芸留学」があります。

3D ACADEMYの一芸留学では、1日7時間(マンツーマン授業4時間+グループ授業3時間)のESLコース料金が1カ月間無料になります。

3D AcademyのESLコースは、通常4週間4人部屋で129,000円です。

一芸留学では、入学金15,000円も無料なため、合計144,000円分もお得になります。

3D ACADEMYの一芸留学は、無料留学期間が1カ月と短いですが、スキルの提供により仕事面の実績も増えるため、英語力を身に着けて活動の幅を広げたい人におすすめです。

3D ACADEMYの一芸留学(1カ月)にかかる費用は約8万円

以下の表は、3D ACADEMYの一芸留学(1カ月)にかかる費用約8円の内訳です。

お小遣いにかかる費用は含めていません。

授業料+宿泊費 129,000円 → 0円
入学金 15,000円 → 0円
往復航空券 約5万円
電気代 約4,000円(使用状況による)
管理費 約1,500円
SSP 約14,500円
テキスト代 約2,500円
デポジット 約6250円
合計 約78,750円

※表に記載の値段は、php1(1ペソ)=2.5円で計算しています。