【サウスピーク プレミアム校】落ち着いた環境の社会人向け学校

フィリピン語学学校

「サウスピーク プレミアム校」(以下、プレミアム校)は、2015年にセブ島に設立された、サウスピークグループの社会人を対象とした語学学校です。

プレミアム校は、サウスピークの別校舎である「オリジナル校」や「日本語禁止校」と比べ、主に学校設備や施設面で、より大人を対象としたコンセプトで運営されています。

そのため社会人向けの静かで落ち着いた環境に定評があり、短期間で集中できる学習環境を求めて留学する社会人の方から高い支持を得ています。

また、在籍している生徒の年齢層が高いため、シニア留学を検討している方にもおすすめできる学習環境であると言えます。

開放的な校舎と静かで落ち着いた「大人の学習環境」

プレミアム校は、社会人を対象としたワンランク上の学校づくりをコンセプトに設立されており、落ち着いた大人の語学学校の印象を受けます。

また、サウスピークのプレミアム校は高いモチベーションを持った生徒が集まっており、仕事や再就職などのキャリアアップを目的する生徒が主体となって学校の雰囲気を作り上げています。

授業時間はもちろんのこと、自習時間中にも常に勉強しているのが当たり前のため、徹底的に英語学習を行いたい方には、誘惑が少なく最適な学校であると言えます。

また、校舎自体は他の2校(オリジナル校・日本語禁止校)と比べて敷地面積が広く、プールも完備されています。また校舎が平屋づくりのため、視覚的にも開放感があり、さながら欧米のカレッジのようなオープンスタイルの空間にも人気があります。

本気で英語を学びたい「シニア世代」にも適応する雰囲気

プレミアム校の強みの一つに、シニア世代の方でも充分英語を学べる学校環境が整っていることが挙げられます。

セブ島の語学学校は、数は多いですがシニアに向けた学校と言うのはかなり少ないと言えます。

セブ島留学は比較的年齢層の若い大学生などを対象とした学校が必然的に多いため、そういった環境では年齢の高い世代の方は、「自分だけが浮いてしまうのではないか」と心配してしまいます。

また、中には若い大学生や20代の生徒と混じって同じ学校で英語を勉強することに抵抗感や恥じらいを感じる方も少なくありません。

その反面、プレミアム校では、本気で勉強したいモチベーションの高い社会人の生徒が多く在籍しており、年齢や世代の隔たりはありません。生徒の中には、定年後の英語学習や、キャリア世代の40~50代と言ったビジネスパーソンの方も多く勉強しています。

また、若い世代の学校では話の合うような友人が中々作りづらいかもしれませんが、自分と同世代の方や、経験豊富な社会人の方が多い環境では、英語以外の面でも話が合いやすく、孤立することなく同じ目標を持った友人ができることも期待できます。

これから英語を習得したいと考えているシニア世代の方や、年齢を気にして留学をためらっている社会人の方などが満足して学べる学校づくりがプレミアム校には為されているため、躊躇せずに一度挑戦し、検討をしてみることも良いでしょう。

生徒1人ひとりに与えられる専用の「個別自習室」

プレミアム校の大きな特色として、挙げられるのが、入学する生徒は滞在中の自分専用の「個別自習室」が与えられます。

なお、サウスピークの学校で、1人にひとつの個別自習室が設けられているのは、プレミアム校のみです。分校の「オリジナル校」や「日本語禁止校」には個別自習室はありません。

個別自習室は、広さ約3畳の空間で決して広くはありませんが、机と椅子が完備されていて、また夜でも自習が行えるようにと電気スタンドも用意されています。勉強に集中する上では十分な環境と言えるでしょう。

個別自習室は、基本的には夜の23時まで開放しており、それ以降の時間での使用は原則的に禁止となっています。ただしその間でしたら生徒は自由に個別自習室の使用が許可されており、また勉強に必要な参考書やテキストをそのまま置いておくことが認められています。

自習する度に毎回重いテキストを持ち運ぶ必要もなく、また壁に必要とあらば授業中のメモ書きや付箋、モチベーション維持のための目標や意気込みなどを貼っている生徒も多く見られます。

せっかくの自分専用の自習室なので、集中しやすいような空間を作ってみるのも良いでしょう。プレミアム校ではそういった勉強できる空間づくりが行えるため、より自習学習に身が入ると言えます。

プレミアム校の滞在寮

プレミアム校では、生徒は3人部屋・2人部屋・1人部屋のいずれかの部屋タイプから選択することができます。なお、3人部屋の入居は24歳までの方が限定となっているため、24歳以上の方は2人部屋から検討しましょう。

プレミアム校のでは、どの部屋タイプを選択しても、生活する上での最低限の設備や家財はすべて揃っており、違いはありません。

また、プレミアム校では、社会人が多いため他の施設に比べて施設のグレードを高く保つことに注力しているため、衛生面が気になるシャワーやトイレと言った水回りの環境にも気を使っています。

さらには、留学生から評判が高いのがプレミアム校のベッドです。3人部屋や2人部屋の複数人の部屋でも、2段ベッドのようなドミトリー式を用いておらず、1人ひとり独立したタイプのベッドが完備されているため、寝心地の良さにも定評があります。

なお、サウスピークでは、英語学習が初心者の方で24最未満の方である場合には、3人部屋や2人部屋の複数人での滞在を推奨しています。

理由としては、初心者の方は英語の勉強に費やす時間配分がまだつかみきれない方が多いため、同室のルームメイトからの影響を良い意味で受けてもらい、学習する習慣を身に着け、英語力の上達につなげてもらいたいという目的からです。

また、部屋タイプの変更は可能なため、初心者の方でペースをつかむまでは3人部屋で、後半からは1人部屋に移るといった使い分けをする方も多いようです。

ただし、あくまでも推奨なため、もちろん始めから1人部屋で滞在したい方は自由に選択できる権利はあるため、あくまでも参考程度に意識しておくと良いでしょう。

プレミアム校の周辺環境と治安

プレミアム校のあるエリアは「As Fortuna Street」と呼ばれるセブ市内でも比較的にぎわった通りに位置しています。

学校の周辺には、飲食店や施設が多く点在しており、生活面で不自由を感じることはないでしょう。特に、日本食や韓国料理屋さんなのアジアンフードのレストランが多いので、たまの息抜きに外食に出るのも良いですし、マッサージやスパと言った息抜きできる施設もあります。

また、周辺地域は人通りも多く、特段気を付けるべき危険なエリアはありませんが、外国であるという認識を忘れずに過ごせば、治安の面で問題はないでしょう。

なお、プレミアム校では万が一の事態に備えて、24時間体制で専任のガードマンが入口で警備しており、生徒や教員以外の部外者は立ち入れないようになっています。夜間でも安心して滞在ができるため、治安の面を心配する女性の方でも安心できる学校と言えるでしょう。

プレミアム校の概要

正式名称 サウスピーク プレミアム校
地域 セブ・フィリピン
住所 Philippines, Lalawigan ng Cebu, Mandaue, Sacris Road Extention, A.S.
創立 2015年設立 ※サウスピークグループ自体は2013年創立
学校規模 40~50人程度
認可 SSP認定学校 TESDA登録学校
資本 日本
寮タイプ 3人部屋・2人部屋・1人部屋
寮内設備 ベッド、クローゼット、机、椅子、エアコン、冷蔵庫、シャワー、セキュリティボックス
学内設備 事務室、学習相談室、レストラン、トイレ、エアコン、WiFi ウォーターサーバー、プール、
洗濯・掃除 週3回のランドリーサービス有、清掃サービス有
スタッフ 日本人スタッフ有
国籍比率 日本100%