TARGET(ターゲット セブ)初心者教育に特化した充実のマンツーマン語学学校

フィリピン語学学校

TARGET Global English Academy(以下TARGET)はセブ島に2013年に開校された日本資本による語学学校です。

TARGETでは、徹底したマンツーマン授業を中心としたカリキュラムで構成されており、1日の内、最大では10時間にも及ぶ長時間のマンツーマン授業が受けられます。

特に、英語初心者の方に焦点を当てた教育方針で、スピーキングに重点を置きながら、生徒1人ひとりのニーズに合った留学目的に合わせたカリキュラムを構成し学ぶことが可能です。

またTARGETでは、「石原」代表を中心に日本人スタッフによる徹底した「指導レベル」の向上に日々励んでいます。

TARGETでは、生徒を第一に考えた熱い情熱と、工夫を凝らした授業アイディアで質の向上に励んでいます。また、講師と生徒が共に学ぶことを理念にしているため、高いモチベーションで学ぶことができるでしょう。本気で英語学習をしたい初心者の方には必見の学校と言えます。

「初心者指導に強い学校」をモットーにした教育理念

TARGETの英語教育の最大の特徴は、「英語初心者への指導力の強さ」と言えるでしょう。

実際にフィリピン留学では、6~7割程度の方は英語初級者の方が多い傾向となっています。特に、日系の学校を希望される方はその傾向が強いです。

そのためTARGETでは、最もニーズの多い初級者に特化した学習プランや、様々なサポートを取り入れることで、学習の基礎の段階で苦手や抵抗感を持たないようにする工夫が施されています。

たとえば、毎週月曜日の午後には、新入生を対象とした、TARGETでの勉強方法を説明する「日本語ガイダンス」をオリエンテーションとは別で開催しています。

日本語ガイダンスを行うことにより、授業中の講師とのやり取りのコツや、勉強初心者であるが故の、学習方法のずれなどを防ぐためのガイドラインを提供することができ、留学初心者の方にも非常に安心できます。

また、TARGETでは生徒が講師変更を希望する際にも、日本人スタッフが日本語で相談に乗ってくれます。講師面を管理する日本人マネージャーは、全ての講師のティーチングスタイル、バックグランド、性格、長所・短所、最近のパフォーマンスまで把握しており、日本語でカウンセリングの後に生徒の希望に叶う最適な講師を手配することができるのです。

そのうえ、TARGETでは生徒全員から定期的なアンケートを取っており、講師の評価を全てデータベース化しています。生の声をもとにした講師の特徴を捉える事ができているので、学生視点での評価ができ、講師の手配ができるのも大きな特徴と言えるでしょう。

最大10時間にも及ぶ圧倒的マンツーマンコマ数

TARGETでは、最大で 1 日 8コマにも及ぶ、マンツーマン授業を受けることができます。マンツーマン授業だけで8コマ受けられるのは、現在セブに多く点在する語学学校の中でもTARGETだけです。

授業カリキュラムは、生徒が好みのコマ数を選択し、その後目的に応じたマンツーマン授業内容を自由に組み合わせるというオーダーメイド感覚で設けられています。

授業時間が異なる、4つのプランから選択できるため、生徒は自分の学習ペースに合った時間割での学習が可能となっています。なお、マンツーマン授業の内容は、「一般英語、」「Speaking Master」、「TOEIC」などから選択が可能です。

特に「Speaking Master」と呼ばれるプランは人気が高く、授業はスピーキングに特化した専門講師が担当します。「スピード・トークメソッド」というTARGET独自のメソッドを使い授業が進められます。

メソッドでは、初級レベルの方には、限られたボキャブリーでまずはスタートして、自身の言いたいことを伝えられるようになるように特訓します。中級レベルの方には、よりネイティブに近いスピードで長いセンテンスの会話が出来るようにトレーニングを行います。

Speaking Masterプランは、短期間で徹底的にスピーキング能力を伸ばしたい方におすすめできる内容のプランと言えるでしょう。

さらに、TARGETでは土日や祝日にも最大6時間のマンツーマン授業を追加で受講することができます。短期間での留学でも時間を無駄にすることなく授業を受けられるため、

忙しくなかなか長期間留学する時間が取れない方にも最適です。

授業の無駄を省く徹底したマンツーマン管理制度

TARGETのマンツーマン授業では、授業の無駄を省くために生徒と講師の間である「規則」のようなものを設けています。以下は2つの規則です。

【マンツーマン授業の規則】

  • ・フリーカンバセーションの禁止
  • ・7対3ルールの導入

初心者の方のマンツーマン授業で陥りがちなのが「マンツーマン授業中のフリーカンバセーション」があります。

これは一見問題がなさそうに思えますが、裏を返せば授業内で講師と単におしゃべりをするだけのフリーカンバセーションで授業が終わってしまうという問題点が挙げられます。

確かに、初心者の学生としては、英語で会話しているため、英語の習得をしているという気持ちになれます。しかし、結論から言えばフリーカバセーションだけでは、基礎的な英語の能力が身につかないため、初心者の方は特に英語力が伸びません。

そのため、TARGETの授業では、学生から強い要望があった場合以外のフリーカンバセーションは原則的に禁止しています。これにより、授業時間中の学習密度が高まり、同じ1時間でも学べる量を最大限増やす事ができるのです。

また、TARGETでは、「7対3ルール」という制度を導入しています。

フィリピン留学では、初心者とのマンツーマン授業中に、つい先生が一方的に話をする講義スタイルが問題になっています。マンツーマン授業においては生徒のペースで授業を進める事ができるのが最大の魅力の点だからです。

TARGETの授業では、先生の話す時間は3割、学生さんが話す時間を7割と設定しており、「7対3ルール」と呼んでいます。それにより、講師にしっかりと生徒が理解をしているのかどうかを実際に会話させてみて確認し、理解度をしっかりチェックさせるようにしています。

講師間の切磋琢磨により維持される高いレベルの授業

TARGET では、指導講師の水準を高く維持するための工夫が設けられています。そのため生徒はどの講師からも、常に一定の高いレベルのもと学ぶことが可能です。

TARGETの講師採用については、他校では珍しい採用方針を取り入れています。それは、英語教育に関する業界以外からも、優秀な人材であれば採用するという方針です。

一例として、TARGETで英語講師として働くまでは、教員経験が無く、病院で看護師として働いていた人もいます。指導スキルはありませんでしたが、病院で培った高い英語力を買われて講師として採用になり1から英語指導を学んだ講師の方もいます。

このように、経験を問わず優秀な人材であればTARGET では積極的に採用を行っているのです。

また、採用までのフローとしては、書類選考後に厳正な審査を行います。その際に日本人マネージャー陣も講師採用に携わることで、講師の性格や傾向を熟知することができ、生徒と講師のマッチングに非常に役立てています。

採用となった講師陣は、複数のチームに分けられ、チームリーダーを筆頭にフィリピン人講師同士で教育の質を保てるよう工夫が凝らされています。

チームのリーダーは、日々の授業の様子をチェックし、講師目線から指導法について指摘します。さらに、学生からのフィードバックやリーダー講師からの評価を数値化し、

毎月のベストチームは表彰し、ボーナスを与えることで、講師のモチベーションアップを図っています。

また、TARGETでは初心者指導を中心にしているため、講師の指導法は発音や語学の知識のみならず、ジェスチャーを交えて授業をする様子も見受けられるなど多岐に渡っていると言えるでしょう。

生徒と講師との関係性を重視した交流環境

TARGET では、他校では珍しく授業以外の場での、講師との交流の機会が豊富に用意されています。

その1つが、 「English Encourage Zone」 です。このエリアには、主に夕方以降フィリピン人講師が常に待機しており、エリアに行けば学生は自由に講師との英会話を楽しむことができるというものです。

English Encouraged Zone 以外にも、食事の際に講師と同席できる「English Table」と呼ばれるものが設けられており、希望する生徒は、食事中にも講師との会話を楽しむことができるようになっています。

さらには、夜 11 時まで授業とは異なるカジュアルな環境で講師との会話を楽しめる「Happy Circle」と呼ばれる時間もあります。

このように、TARGET では、EOP(English Only Policy)などの「厳しい」制度 は設けられていない代わりに、楽しく学生が自主的に英語を話せるようになる環境や、きっかけ作りに重点を置いているので、英語学習に関しての強制感を感じることがなく、のびのびと語学力の向上に取り組むことができます。

積極的に行われる卒業後の進路サポート

TARGETでは、希望する生徒には卒業後の進路サポートを積極的に行っています。

代表の石原さんは、「語学学校というのは人生の目標ではなく、あくまでもその目標に到達するための通過点であるという」考えのもと、卒業後の進路が定まっていない生徒には、海外への就職や、進学など様々な相談に乗ってくれます。

以下は具体的にTARGETで行っている進路サポートをまとめたものです。

【TARGETの進路サポート】

  • オーストラリア留学サポート
  • 東南アジアで就職サポート
  • アメリカでのインターンシップサポート

オーストラリア留学サポート

TARGET卒業後に最も多い要望が、オーストラリアへの留学希望の生徒です。

実は代表の石原さんは、オーストラリア在住歴&留学カウンセラー歴8年の経験をお持ちの方で、オーストラリア留学のサポートに関してはベテランです。

そのため、現地生活情報提供はもちろん、学校やホームステイ・学生寮手配、ビザ取得サポート、有給ホテルインターンシップ手配、銀行口座開設サポートを行うことができます。

また、TARGETではメルボルン、シドニー、ブリスベンに日本人スタッフ常駐のサポートデスクがあり、オーストラリア到着後のサポートも可能です。

フィリピン留学後に、2か国留学でオーストラリアを予定している生徒の方にはうってつけの学校の1つであると言えるため、気になる方はぜひ相談してみましょう。

東南アジアでの就職サポート

TARGETでは、「東南アジア」での就職を検討している方には、現地での就職するためのサポートを受けることが出来ます。

TARGETでは、フィリピンでの留学経験がもとになり東南アジアへの興味や関心を持つ生徒の方が多いようです。

そのため、卒業後の進路で東南アジアへの就職を希望する生徒が多くいます。たとえばマレーシアやシンガポール、またフィリピンやベトナムなどの東南アジアで就職したいという学生の方へのサポートを積極的に行っています。

そこで、TARGETでは毎月「東南アジア就職セミナー」を開催しています。セミナーに参加して、仕事紹介を受けて既に実際に東南アジアで就職している卒業生多くいます。

また、TARGETに入学した時は初級程度だった英語レベルも、ビジネスの実践により高いレベルに上達し、卒業後はさらなるグローバル人材へと変貌を遂げることも可能なため、今後の進路やキャリアアップにも大きな期待ができます。

アメリカでのインターンシップサポート

TARGETではアメリカへのインターンシップのサポートも積極的に開始しました。

アメリカという英語の本場の国で、ビジネスの経験を積みキャリアを積みたいという方にはおすすめできるサポートと言えます。

インターンシップに可能な都市は、「ロサンゼルス」、「ニューヨーク」となり、アメリカビジネスの中枢を担うまさに憧れの都市での仕事となります。

仕事内容は、主にオフィスワークとなりますが、自身の経歴などが大きく関係してきますのでカウンセリング可能です。

また、アメリカにはワーキングホリデービザが無いため、37歳程度までであれば、最大1.5年有給でしっかり働ける「J-1ビザ」というビザを利用できます。

J-1ビザは政府から指定された会社のみが手配できる特別なビザですが、TARGETでは指定会社と提携していますのでビザの習得サポートが受けられて、獲得できる率が非常に高いです。

個人でのアメリカでのインターンシップはかなりハードルが高いため、あきらめかける方もいますが、TARGETでは、充分なサポートが受けられるため、興味のある方にはかなり魅力的と言えるでしょう。

TARGETの選べる3種類の滞在プラン

TARGETでは滞在プランを以下の3種類より選択することができます。それぞれの具体的な特徴を確認していきましょう。

【TARGETの滞在プラン】

  • 内部寮
  • 外部コンドミニアム寮
  • 外部ホテル寮

「内部寮」は、勉強する校舎と同じ敷地内にあり通学が不要です。また、食事も洗濯も全て一つの場所で完結できるため利便性は高いです。寝坊や遅刻などが心配な方には特におすすめできるかもしれませんね。

部屋のタイプは1~4、6人部屋まで用意しています。門限は日~木曜日は23時まで。金土日祝は門限なしです。

「外部コンドミニアム寮」は、キャンパスから徒歩5分ほどの距離にあるコンドミニアムでの滞在です。リビングつきで、ワンルームの間取りではないため、快適な滞在を求める方におすすめできます。

部屋のタイプは3~4人部屋を用意しています。門限はありません。20歳以上の方が対象です。

「外部ホテル寮」は、キャンパスから徒歩5分の場所にある一般のホテルに滞在します。他の学生寮に比べて、部屋も広く設備のグレードも高いことから、抜群に快適な生活を送ることができます。さらに年齢制限を設けることにより、静かで落ち着いた環境を実現しています。

部屋のタイプは1~2人部屋を用意しています。門限はありません。25歳以上の方が対象となります。

TARGETの周辺環境

TARGETが位置するのは、セブ市内の高級住宅街の「バラニッド地区」と呼ばれる地域です。

学校自体は、大通りから少し離れた高級住宅エリアに位置しているため、閑静な雰囲気の中で静かで集中して勉強できます。

周辺には、大型ショッピングモールがあり、また多くのIT関連の企業やコールセンターなどが集まる「ITパーク」も点在しています。また飲食店などが立ち並ぶ通りなどがあり、生活面では不自由なく非常に便利な環境と言えます。

また、大通りに出ると、タクシーなども多く点在するため観光面でもアクセスがしやすく、都市部ならではの恩恵が受けられますね。

学校周辺の治安の面でも、比較的フィリピンの富裕層の方々が多く点在する地域でもあると言えるため、物乞いやストリートチルドレンなども少なく特段危険な地域はありません。

なお、万が一に備えて学校には監視カメラや、24 時間体制でセキュリティスタッフが常駐しています。初めての留学やフィリピン生活に不安を感じている方でも、安心して留学生活を送ることができ万全の環境でしょう。

TARGETのプログラム

TARGETでは、複数のプログラムの中からコースを選択し受講できます

以下は、TARGETのプログラムのコマ数や、費用、概要に関してまとめたものです。コース選びの参考にしましょう。

なお、費用は1ヵ月留学で最も安い滞在プランを選択した場合の金額を掲載しています。詳しい詳細は、学校もしくは担当の留学エージェントへお尋ねください。

 

【マンツーマン強化】コース

マンツーマン強化コース コマ数 概要
TARGET5 マンツーマン:5

グループ:2

Night:2

1ヵ月:¥120,900~

マンツーマンで各分野の知識を習得し、グループで実践感覚を養えるバランスの良いコース。
ハード過ぎない時間数なので、自習時間を確保しながら習熟度の高い学習が可能です。
TARGET6 マンツーマン:6

グループ:2

Night:2

1ヵ月:¥129,600~

マンツーマン数がTARGET5より一コマ多くなり、よりスピーキング力を求める方に最適です。
TARGET

ULTIMATE 8

マンツーマン:8

Night:2

1ヵ月:¥151,000~

徹底的にマンツーマン授業に特化したプランです。長い時間の会話によりスピーキング能力の向上を目指します。
TARGET

Lite 4

マンツーマン:4

Night:2

1ヵ月:¥108,000~

マンツーマン強化の中では最も授業数が短く、短期留学者や、自由時間を確保したい方、また体力的に長時間の授業に耐えられない方などにおすすめです。

 

【IELTS】コース

IELTS

コース

コマ数 概要
IELTS

(Regular,

Gurantee)

マンツーマン:5

グループ:2

1ヵ月:¥151,000~

IELTSのスコアを上達させたい方向けのコースです。Regular,では、IELTS学習の基礎を学び土台を培います。Guranteeコースでは、確実なスコアアップを目標にしたより実践的な能力の習得に励みます。また、12週でIELTS5.0、6.0のスコアを目指し目標スコアに達しなかった場合はスコア獲得まで授業料無料で延長できるスコア保証あり。

TARGETの概要

正式名称 Target Global English Academy(略称TARGET)
地域 セブ/フィリピン
住所 #8 St. Michael Banilad Cebu City 6000, Philippines
創立 2013年
学校規模 150人程度
認可 SSP認定学校、TESDA登録
資本 日本
プログラム TARGET 5 ,TARGET 6 ,TARGET Ultimate8,TARGET Lite4,IELTS Regular, IELTS Guarantee
寮タイプ ・内部寮(1/2/3/4/6人部屋)

・外部コンドミニアム寮(3/4人部屋)※徒歩5分

・外部ホテル寮(1/2部屋)※25歳以上 シャトルバスあり

寮内設備 ベッド、デスク、チェア、冷蔵庫、エアコン、ドライヤー、電気スタンド、ホットシャワー、洗面台、トイレ
学内設備 食堂、自習室、ウォーターサーバー、ニパハット休憩所、ジム(徒歩圏内に有料)、高速Wi-Fi、喫煙室
日本人スタッフ 日本人職員4名、日本人学生アシスタント3名
国籍比率 日本60% 台湾20% その他20% ※時期により変動あり